ダヨリン(ヨダエリ)

イマヒトココロがテーマのコラムニスト/恋愛アナリスト。日経新聞、FRaU WEB、マイナビウーマン等で執筆中。著書『その恋、今のままではもったいない!』他。思春期ドイツ在住。夜は電話相談も。cakes連載コラム「初デートの待ち合わせは20時」全記事を再掲&新規記事も書く予定です!

ダヨリン(ヨダエリ)

イマヒトココロがテーマのコラムニスト/恋愛アナリスト。日経新聞、FRaU WEB、マイナビウーマン等で執筆中。著書『その恋、今のままではもったいない!』他。思春期ドイツ在住。夜は電話相談も。cakes連載コラム「初デートの待ち合わせは20時」全記事を再掲&新規記事も書く予定です!

    マガジン

    • 【ロジカルにモテ考察】初デートの待ち合わせは20時

      複雑かつ曖昧な女性心理を男性でも分かるよう、ロジカル&エモーショナルに解説するコラムです。2018年4月〜2022年6月までcakesにて連載。男性のみならず女税にもご好評いただきました。当時、編集者さんが書いてくれた紹介文は「数々の男女の出会いから結婚、さらにその先までをみてきた恋愛アナリストのヨダエリさんが、30〜40代の男性に向けて“自然とモテる男になるための考え方と行動”をレクチャーします」でした。 その中から、ここでは多くの人に読まれた記事や、おすすめの記事を無料公開していきます。「女性心理が分からない」と感じている方はもちろん、「女性心理を分かってほしい」と思っている方にもぜひ読んでほしいです!

    最近の記事

    婚活リアルドキュメント・2人がすれ違った、なるほどな理由とビックリな理由

    こんばんは! 今回も、cakes連載時に多くの人に読まれた記事をお届けします(タイトルは変えました)。Aさんどうしてるかな……趣味の美味しい店めぐりを極めてるかな。 * こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。気がつけば10月も半ば。2018年も3ヶ月をきりました。早いっ・・・! でも、今年中に◯◯をする!という目標を立てるにはいいタイミングかもしれません。デートを重ねている相手がいるなら「今年中に想いを伝える」とか、気になりつつも声をかけられずにいる相手がいるなら「

    スキ
    2
      • きれいな女性にきれいと褒めるのは逆効果

        なんとなくアンニュイな気分のとき、誰かに優しくしてもらったり、嬉しい言葉をかけてもらったすることで、いきなり元気になることってありますよね。 つまり、あなたの一言で、誰かが元気になることもあり得るということ。それがあなたにとって気になる女性なら、あなたもハッピーになれますよね。 というわけで、今回は、気になる女性を喜ばせたいときに、ぜひとも覚えておいていただきたい重要トピックについて、お話ししたいと思います。 ほめて喜ばせるはずが逆効果?皆さんは、気になる女性をほめると

        スキ
        3
        • 意中の女性には定期的に告白しないと危険なワケ

          こんばんは。恋愛アナリストのヨダエリです。すっかり秋めいてきましたね。月見バーガー食べたいですね……という誘い文句で気になる女性とマックでデートもアリですよね。「月が綺麗ですね」ならぬ「月見バーガーおいしいですね」が愛の言葉になる。そんな2022年、秋。(いや、真面目に、きっかけとしてアリだと思います・笑) さて本日も、以前cakesで掲載したコラムを公開します。「女ゴコロ、サッパリ分かんねー!」という男性の皆さん、「なぜ男性は女心を分かってくれないのか」と憤慨している女性

          スキ
          5
          • 「素っ気なくされると気になってしまう」心理は、男性と女性で少し違う

            こんにちは。本日も、cakes掲載時に多くの人に読まれた記事をお届けします。今回のテーマは(も)、多くの男性が誤解しがち、もったいないことになりがち、な話です。これを知っていると知らないとでは展開が大きく変わってくるので、意中の女性がいる男性やパートナー募集中の男性には、ぜひぜひ読んでほしいです!!! (以下、掲載時のヨーロッパの天候の話からスタートしますが、飛ばしたい人は太字部分からどうぞ・笑) * こんにちは。夏らしくない肌寒さが続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょ

            スキ
            12

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 【ロジカルにモテ考察】初デートの待ち合わせは20時
            ダヨリン(ヨダエリ)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            女性が、歳を重ねた30代・40代男性に求める2つのこと

            今回は、前に公開した記事「女が初対面の男性に抱く『あの人はちょっと…』の真相」で触れた、“ファッショニスタ非モテの法則”から語っていきたいと思います。 * ファッショニスタとは、ファッションに敏感な人のこと。ファッションに多くの時間やエネルギーやお金を注ぐ人を指します。 衣食住の中でダントツに「衣」を重視し、パリコレの動向を毎シーズンチェックし、好きなブランドの服の受注会にでかける。そういう人たち。要はファッションマニアです。 …ということは、服装にズボラな人とは対極

            スキ
            8

            意中の女性に好感を与える、良い下心の示しかた

            こんにちは。もしくはこんばんは。今日から9月ですね。今年の夏、なんだかあっという間に終わった感じがします。暑がりで虫に刺されやすい自分(数人いても自分だけ真っ先に刺されるタイプ)にとって得意な季節ではないものの、終わってしまうと寂しくもあり……人間ないものねだりです(笑)。 というわけで、本日は2018年の夏にcakesで公開した、こちらの記事を掲載します。気になる女性がいる男性にぜひとも実践してほしい、というか実践しないと損!くらいにワタシが思っている、「ある行動」につい

            スキ
            8

            山里亮太と蒼井優に見る、進展する男女が必ずしていること

            ※本記事は2018年4月〜2022年6月までcakesに掲載していた記事を加筆修正したものです。 こんにちは。先日、女優の蒼井優さんとお笑い芸人の山里亮太さんが結婚されましたね。 それを受けて、FRaU WEBさんで「蒼井優と山里亮太の結婚に見る、モテる女性が結婚を決めるとき」というコラムを書かせていただいたところ、嬉しいことに、めちゃめちゃ読まれました。Facebookでは4500以上のいいね!がつきました(こんなことはそうそうないと思います……)。 そこで! 今回の

            スキ
            28

            ヨダエリ(恋愛アナリスト)のプロフィール

            ヨダエリ トレンドコラムニスト/恋愛アナリスト。東京都出身。思春期はドイツ在住。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社勤務を経てフリーに。 デジタルライフ、カルチャー、男女の心理や生き方など、「イマ・ヒト・ココロ」にまつわる記事を数多く手がける。パソコン通信時代からネットに親しみ、日経新聞や日経系雑誌を中心にIT関連記事を多数執筆。同時に、「ネット→メール→対面」という形で一生分の“初デート”を経験。出会いにおける男女のオキテを否が応にも学ぶこととなる。 その後、メトロセクシャル

            スキ
            1

            ゆっくりしゃべる男性はイケメンじゃなくてもモテる

            こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。今回は「しゃべり方」をテーマにお話ししたいと思います。 いきなりですが、ゆっくりしゃべる男性はモテます。ゆっくりしゃべる男性は自信があるように見えるから。そして、自信のある男性はモテるからです。 自信のあるしゃべり方というと、上から目線の偉そうな口調をイメージする人がいるかもしれませんが、そうではありません。 安定感があって、焦りを感じさせず、ゆとりを感じさせる。そんなしゃべり方のことです。 分かりやすい例で言うと、政治学者の

            スキ
            3

            香りの威力はあなどれない。またはレディオヘッド事件

            こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。先日、3年ぶりに開催されたサマーソニック2022に参戦してきました。やっぱりフェスはいい!! 1日中音楽漬けでいられる幸せ、久々に堪能しました。 さて、サマソニに行くと思い出す出来事があります。それについて書いたこの記事も思い出しました。ワタシの中での通称、レディオヘッド事件(笑)。その話の前に、まずはワタシの友人の声からお届けします。よかったら読んでみてください! * 30代や40代で婚活中の皆さんにお伝えしたいエピソードから

            スキ
            4

            別れ際の「握手」が生む思いがけない恋愛効果

            こんにちは、もしくはこんばんは。恋愛アナリストのヨダエリです。 男性の皆さんに質問です。デートをするときに「次はこれを言おう」「次はあれをしよう」などの目標を立てていますか? そんなの考える必要ないでしょ、という恋愛上手な人は、そのままでいいと思います。 が、「正直、恋愛は苦手」とか「好きな人ができてもなかなかうまくいかない」と思っている男性は、目標を立てた方がいいです! といっても、やみくもに目標を立てればいいというものではありません。3回目のデートまでにぜひ実践し

            スキ
            12

            やーーーっとcakes連載コラムの掲載を始めました。

            遅い。遅すぎる。と感じている方、いらっしゃると思います……。ホントにすみません……。 先日、ついに読者さんから「cakesの『初デートの待ち合わせは20時』の記事はいつ移管されますか?」との問い合わせをいただいてしまいました。 申し訳なさと、楽しみにしてくださっていると言っていただけた嬉しさで、重い腰を上げました(ホントにすみません。そしてありがとうございます……)。 なぜそんなに時間がかかったかと言われると、仕事が忙しかったというのもあるのですが、全90記事を販売する

            スキ
            6

            電話相談、やってます。

            実は(?)ワタシ、執筆仕事のかたわら、電話相談の仕事もしております。 ●エキサイトお悩み相談室(ヨダエリのページ) ●愛カツ電話相談 (「先生一覧」からヨダエリを探してください) きっかけは、ワタシがライターになる前に通っていた「編集の学校」の講義に卒業生ゲストとして登壇したこと。その講義に受講生として参加されていたエキサイトの女性ディレクターMさんが「ダヨリンさん、電話相談やりませんか?」と声をかけてくださったのです。 当時、携帯サイトで読者からの恋愛相談に答えるコ

            スキ
            2

            女性が初対面の男性に抱く「あの人はちょっと……」の真相

            こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。 この連載、いろいろキビシイことも書いているかもしれませんが、基本的には「自分には無理」とパートナー探しを諦めている男性に自信を持ってもらうための連載です(念のため・笑)。 でも自信を持ってもらうためには、あなた自身が変わる必要があります。これは男性であれ女性であれ、そうです。 変わることを恐れていたら恋愛なんてできません! でも、ほんのちょっと何かを変えれば、あなたと、あなたを取り巻く異性との関係が、劇的に変化していきます。

            スキ
            10

            初デートの待ち合わせは20時がベスト

            はじめまして。ヨダエリと申します。日経新聞をはじめとする紙媒体やウェブ媒体でトレンドやビジネス、コミュニケーションなどにまつわる記事を執筆するかたわら、恋愛コラムの執筆や電話相談を通じて多種多様な悩みに向き合う日々を送っています。自分の中で日々アップデートされている男女の本音を咀嚼し、皆さんのハッピーな未来に繋げていけたら嬉しいです。どうぞよろしく! さて今回は、初デートの待ち合わせは20時がベストという話と、男性はちょっとの努力でイケメンになれる、という2つのトピックにつ

            スキ
            7

            FRaU WEBにて、衝撃の最終回を迎えた「バチェロレッテ2」の考察記事を書きました。

            Amazon primeで配信されている「バチェロレッテ・ジャパン2」。皆さん観てましたか? 観ていた方は、先日の最終回、どう思いましたか? ワタシはですね……あまりに予想外すぎて、メモアプリに「ええええええええええええええええええ」の文字しか打てませんでした。 いやもちろん人それぞれ好みも価値観を違うわけで、誰を選ぼうが全然自由なんです、自由なんですが、そういうことではなく!! どうにもこうにもしっくりこないというか、腑に落ちなかったんですよね……余計なお世話なんです

            スキ
            4