Locus

いろんな人で書いてます https://twitter.com/dalocus123

Locus

いろんな人で書いてます https://twitter.com/dalocus123

    最近の記事

    L'Arc〜en〜CielのLOVE FLIESは「融け合う意識」がテーマ 歌詞解釈・意味・考察

    「LOVE FLIES」の概要 1999年リリースのシングル。作曲はken。kenらしいハードなリフと、気だるい雰囲気を伴って曲が進行していきます。Stone Temple PilotsやAlice In Chains、Dinosaur Jr.みたいなオルタナ/グランジ感プンプンのリフ嫌いじゃない。 そんな気だるさもラストサビで大爆発。まさに「LOVE FLIES(愛が飛ぶ)」ように、全てが天に向かって浄化されていく情景が浮かびます。 シングルの中でもかなり好きな曲で、

      • mid90sのテーマは「自己解放」-レビューと考察

        自分らしくさえあればいいということを教えてくれたんだと思う 『mid90s』の概要と鑑賞ポイント『ウルフオブウォールストリート』や『21ジャンプストリート』などに出演し、一躍人気のコメディ俳優になったジョナ・ヒル。 私がジョナ・ヒルを好むようになったのは、ガス・ヴァン・サント監督の『ドント・ウォーリー』を観てからである。 主演であるホアキン・フェニックスや、そのパートナー役を演じたルーニー・マーラを軽く凌駕するジョナ・ヒルの演技に目を奪われ、涙した。 「ジョナ・ヒルはコメデ

        • Cult Of Luna - The Raging River レビュー

          Cult Of Luna - The Raging River ★★★★★ オススメトラック 1. "THREE BRIDGES" ☆ 2. "WHAT I LEAVE BEHIND" スウェーデンのポストメタルバンド、Cult Of Lunaの新作EPが2021年2月にリリースされました。 内容は相変わらずCult Of Lunaらしいアルバムで、重苦しくズシっとしたリフに、Johannesのがなるシャウトが絡むサウンドに仕上がっています。 テンポの早いトラ

          • the quiet room - You レビュー

            大丈夫だよ どうか 心の向く方へ 春になると、くわるーを聴きたくなる女の子って、多いんじゃないか。 あたしは、くわるーが好きだ。とくに、春に聴くくわるーが。 「くわるー」の愛称で親しまれるthe quiet roomは、2021年にニューアルバム『You e.p.』をリリースした。 先行シングルとして一足に配信されたのが、タイトルトラックである「You」。 配信が開始された頃は、北陸では雪が積もるほど、春は立っていなかった。 でも、春は来てないのに、「You」は、

            鬼束ちひろ 『HYSTERIA』 レビュー

            鬼束ちひろ 『HYSTERIA』 ★★★☆☆ オススメトラック 1. 「憂鬱な太陽 退屈な月」 3. 「焼ける川」☆ 4. 「Dawn of my faith」 『HYSTERIA』 概要 ”このアルバムはショッキングピンクだな” 2020年、鬼束ちひろはデビュー20周年を迎えた。そして11月25日、記念のアルバムとなる『HYSTERIA』がリリースされた。前作『シンドローム』から約3年空いてのリリースだった。 「HYSTERIA」とは病的な極度の興奮のこと

            Caspian - On Circles レビュー

            Caspian - On Circles ★★★★★ オススメトラック 1. "Wildblood" 2. "Flowers of Light" 6. "Collapser"    ”On Circles” 概要 アメリカはマサチューセッツ州のポストロックバンド、Caspian。 そんなCaspianの5枚目のアルバムとなる"On Circles"が2020年1月に Triple Crown Recordsからリリースされました。  前作”Dust and

            L'Arc〜en〜Cielの瞳の住人のテーマは「ジレンマ」 歌詞の意味・解釈・分析

            見上げれば 輝きは色褪せず 溢れていた どんな時も照らしてる あの太陽のように なれたなら 「瞳の住人」概要 「瞳の住人」は2004年にリリースされた23作目のシングルです。 「READY STEADY GO」に続く、活動再開後2枚目のシングルで、前作のような疾走感溢れる曲風ではなく、しっとりとしたバラードになっています。  オーケストラなどのストリングスやピアノなど、ギター・ベース・ドラム以外の楽器がふんだんに使われており、荘厳な雰囲気を纏った曲です。 特に、2回目

            Phoebe Bridgers - Kyoto レビュー

            スローなバラードになる予定だったKyoto。レコーディングでスローな曲にうんざりしてしまったPhoebeが、無理やりこのテンポにしたそう。 Phoebeの優しい声に金管楽器とか、シンセサイザーが絡み合って心地の良い。すべての楽器の音量が抑えられていて、Phoebeの声が一番に聞こえるようにミックスされてる。耳へ触る強さがちょうどいいっていうか、耳へ届くスピードがちょうどいいっていうか。 とにかく、Phoebeの声は、柔らかくて神懸かってる。力強い歌い方をするときもあるけど