見出し画像

クラフトビールづくりから、アルコールのないドリンクづくりへ大幅変更します。

ちょうど去年の今ごろ、クラフトビールの醸造所を作るために準備をはじめました。

「廃園になった保育園」という最高の激レア物件が見つかって、そこでビールを醸造し、レストランを併設してできたてのビールと地元の食材を使った料理を楽しみ、晴れた日には広い園庭で外飲み、夜は教室に宿泊。これを書いている今もワクワクするようなそんな計画でした。

今ごろには醸造所の工事もはじまっているはずだったのですが、コロナの感染拡大を受けこの状況下でオープンするのは難しいと判断しました。

長い時間をかけて準備をしていただけにとても悔しいのですが、悔しがっていても楽しくはないので、別な可能性を考えはじめました。たしか緊急事態宣言が出た4月はじめぐらいことです。

美味しければ、アルコールがあってもなくても、どっちでもいいんじゃない?

ふと、「ビールは好きだけど、それ以上にホップが大好きなのかも」と思いました。

ホップの香りは柑橘系だったり、トロピカル系だったり、爽やかな青い香りだったりホップの品種、組み合わせ次第で果てしなく多様でとてもいい香りです。

でも、ビール以外にホップを使ったドリンクが売っているのを見たことがありません。

ホップはこんなに魅力的な素材なのに、なぜビール以外の選択肢がないの?
酔わずに、ホップの香りと味を楽しみたい!

じゃあ、売っていないならホップを楽しめるドリンクを自分でつくろと思い、自粛生活期間中に作り始めました。ホップを煮たり混ぜたり…

思いつきで始めたものの、これが想像以上に美味しいものができちゃいまいた。

ホップが効いているけどIPAのようなアルコールがあるビールでもなく、ノンアルコールだからといってキリンフリーのような既存のノンアルコールビール特有の薄い味わいでもなく、ホップを楽しめる新しい飲み物!!

画像1

(写真では味や香りが伝わらないのがもどかしい…)

素材の可能性、ドリンクの可能性

ホップに限らず、果物、お茶、ハーブやスパイスなど身の回りにある素材でも、まだまだ活かしきれていない可能性があるのではないかと考えています。火の入れ方、分量、組み合わせ方次第で、新しくてハッとする美味しいドリンクを作り出せると確信しています。アイディアが止まりません。

お酒でもなく、ジュースでもなく、“美味しい飲み物”をもっと探求していきたくなりました。そして、それはお酒が飲める人、飲めない人に関わらず多くの人に楽しんでもらえるはず。

そこで、素材が秘めた味や香りの可能性を引き出すノンアルコールドリンクブランドを立ち上げます

第一弾として、「IPAにインスパイアされたノンアルコールホップドリンク(Suiu)」と、「ボタニカルクラフトコーラ(Jiu)」を8月にリリースします。

HPや公式SNSなどはまだ準備中なので、興味のある方はnoteやtwitterをフォローしておいていただけると嬉しいです。


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
参考資料:STAND ALONE COMPLEX
175
ノンアルドリンクブランドを2020年8月にリリースします。美味しい液体の探求。飲んだり、作ったり。味の複雑さと品の良さが偏愛ポイント。1杯で酔うけどお酒が好き。でも、他の選択肢をつくりたい。ノンアルIPAやクラフトコーラなどを試作中。

こちらでもピックアップされています

#フード 記事まとめ
#フード 記事まとめ
  • 1864本

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。

コメント (6)
とある飲食店経営者の嫁さん
アルコール以外も充実しているお店が増えているものの、ほとんどのお店は選択肢が少なくておまけ程度ですよね...。アルコールあるかないか関係なく楽しめる飲み物を作っていきたいと思っています!
大西正紀さん
ありがとうございます!これまでクラフトビールカルチャーを楽しんできたのでその影響もあるのですが、ノンアルの領域もいろんなスタイルの飲み物がどんどん生まれていくような状況を作っていきたいなと思っています!
コメント嬉しい&同意です!
ウーロン茶かジュース何種類か…というところが多いですよね。
アルコール有無関係なく楽しめる場になったらもっともっと酒場が盛り上がると思います!応援してますー!
お茶以外にももっとノンアルコールドリンクの幅が広がっていってほしいですね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。