吉本ばなな

吉本ばななです。主に小説を書いています😊noteは私の最前線です!

吉本ばなな

吉本ばななです。主に小説を書いています😊noteは私の最前線です!

    マガジン

    • どくだみちゃん と ふしばな

      吉本ばななです。やがて書籍になるときにはカットされる記事も含めています。どくだみちゃんは散文、ふしばなはブログ風です。コメントはオフですがTwitterに遊びに来て感想聞かせてくださいね。

    • ばな子とまみ子のよなよなの集い

      よなよな、人生について意味なく語り合うばな子とまみ子。 全然違うタイプだからこそ、野生児まみ子の言うことを聞くとばな子こと小説家吉本ばななは、いつもはっとするのです。 それからまみ子はあるとき、彼女の書いていたすばらしいブログを全部削除してしまったので、あのすばらしい考え方をなんとしてもまだまだ読みたい私、ついにまみ子を再びひっぱりだしました。 私がなにかに気づくように、みなさんもばな子とまみ子の全然違うのに「自由」についてだけは一致している考え方や様子を見て、ヒントを得ることがあるかもしれません。 コメントもお受けします。みんなでそれを眺めながら意見をのんびり書き込んで、じんわりとイメージがふくらんだりするのもいいですね! ゆるゆるの不定期更新ですが、月に1回くらい、ゆっくりと自由についてみんなで考えてみるくらいがちょうどいいと思っています。

    • よしばな書くもん

      限りなく小説に近いエッセイと、短編〜中編小説のマガジンです。 全く規制はなく長さもまちまちですし、校正がかかってないので誤字脱字もあります(だからここでしか発表できない)。ライブな感じをお楽しみください。 コメントは受けつけていませんが(読む人それぞれの静かな時間を大切にしたいので)、Twitterにはいつでも遊びにきて感想を書いてくださいね。 曲のように一編ずつ買い切り。そしてそういうわけでひとり文芸誌。 そのうち本にまとまりますが、そのために書いているのではなく、単に自由にやりたくてやっています。 小さなお茶うけに、人生の謎をとくちょっとしたヒントに。 ほんとうに読みたいなと思ったタイミングで、気が向いたときに、好きな場所で。

    • よしばなちょっと置き

      既出のエッセイなどを仮置きするところ。

    ウィジェット

    • 商品画像

      すべての始まり どくだみちゃんとふしばな1 (幻冬舎単行本)

      吉本ばなな
    • 商品画像

      吹上奇譚 第一話 ミミとこだち (幻冬舎単行本)

      吉本ばなな
    • 商品画像

      毎日っていいな

      吉本 ばなな
    • 商品画像

      イヤシノウタ

      吉本 ばなな
      • どくだみちゃん と ふしばな

      • ばな子とまみ子のよなよなの集い

      • よしばな書くもん

      • よしばなちょっと置き

    • 商品画像

      すべての始まり どくだみちゃんとふしばな1 (幻冬舎単行本)

      吉本ばなな
    • 商品画像

      吹上奇譚 第一話 ミミとこだち (幻冬舎単行本)

      吉本ばなな
    • 商品画像

      毎日っていいな

      吉本 ばなな
    • 商品画像

      イヤシノウタ

      吉本 ばなな

    最近の記事

    人生を彩る光の粒

    ✳︎今日のひとこと 私はほんとうに料理ができない(ただし味つけはうまい)。不器用すぎて、同じ大きさに野菜を切ることさえできないです。同じようなものを単に切って盛りつける、炒める、煮る、蒸す。揚げ物は家でしない、それだけの毎日です。 でも、さすがにわかってきたことがあります。料理にはいくつかのポイントがあり(思い切りだとか、絶対に水を切るべき場面とか、準備が大切とか)、そこをクリアしているとできあがりがしっかりするのです。 そこには情緒とか愛とかいらない。むしろ化学的な態度が

    スキ
    542
      • よなよな59 よなよな悟空

        ばな子心を殺す呪文 今の苗は1年しか保たないように遺伝子を組み替えてあるから、苗をそのへんで買ったパクチーの種から来年芽は出ない、という話をよく聞くのですが、チャイブはそのへんで買った苗なのに種が風で飛んで、全ての植木鉢がチャイブ畑になりつつある今、なにがどこまでそうなのかよくわからないです。 かといって、そういうことに反対していつまでも種が取れる品種の種を売ってるところから取り寄せるまで厳密になれなくて(いくつかは買ったけど、そしてまだ生きてるから育ててるけど)、同じく種が

        スキ
        242
        • 3年ぶり

          ✳︎今日のひとこと メタトロンで「吉本さんは、なにか悲しいことがあると、首から上に出るんですね」と先生に言われた。 ほんとうにそう。 親が死んだとき、離婚の危機があったとき(夫が仕事で海外に住むかもとなった。その先には彼のことを好きな女がいた)もそうだった。
今回は中島さんとたかちゃんが死んだから、首から上が炎症を起こしたのだろう。

          スキ
          561
          • 君らの時代

            ✳︎今日のひとこと とても信じられないと思うのですが、私くらいの年齢の人が20代のときってほんとうにバブルで、仕事なんてなくなってもいくつでもあったし、メルカリなどで売り買いするなんてめんどうくさい、買っちゃえ買っちゃえ、集めちゃえ!そして一生シャンパンを飲んでパーティを行ったり来たりして暮らせるんだと本気で思っていたんですよね。そんなことあるはずないのに。 400字100万円の仕事とか普通にありましたしね。税制は今よりもゆるかったけど(特に経費が)、結局税金が高かったので

            スキ
            652

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • どくだみちゃん と ふしばな

            • ¥400 / 月

            吉本ばななです。やがて書籍になるときにはカットされる記事も含めています。どくだみちゃんは散文、ふしばなはブログ風です。コメントはオフですがTwitterに遊びに来て感想聞かせてくださいね。

          • ばな子とまみ子のよなよなの集い

            • ¥200 / 月

            よなよな、人生について意味なく語り合うばな子とまみ子。 全然違うタイプだからこそ、野生児まみ子の言うことを聞くとばな子こと小説家吉本ばななは、いつもはっとするのです。 それからまみ子はあるとき、彼女の書いていたすばらしいブログを全部削除してしまったので、あのすばらしい考え方をなんとしてもまだまだ読みたい私、ついにまみ子を再びひっぱりだしました。 私がなにかに気づくように、みなさんもばな子とまみ子の全然違うのに「自由」についてだけは一致している考え方や様子を見て、ヒントを得ることがあるかもしれません。 コメントもお受けします。みんなでそれを眺めながら意見をのんびり書き込んで、じんわりとイメージがふくらんだりするのもいいですね! ゆるゆるの不定期更新ですが、月に1回くらい、ゆっくりと自由についてみんなで考えてみるくらいがちょうどいいと思っています。

          • よしばな書くもん

            • 8本

            限りなく小説に近いエッセイと、短編〜中編小説のマガジンです。 全く規制はなく長さもまちまちですし、校正がかかってないので誤字脱字もあります(だからここでしか発表できない)。ライブな感じをお楽しみください。 コメントは受けつけていませんが(読む人それぞれの静かな時間を大切にしたいので)、Twitterにはいつでも遊びにきて感想を書いてくださいね。 曲のように一編ずつ買い切り。そしてそういうわけでひとり文芸誌。 そのうち本にまとまりますが、そのために書いているのではなく、単に自由にやりたくてやっています。 小さなお茶うけに、人生の謎をとくちょっとしたヒントに。 ほんとうに読みたいなと思ったタイミングで、気が向いたときに、好きな場所で。

          • よしばなちょっと置き

            • 0本

            既出のエッセイなどを仮置きするところ。

          • どくだみちゃん と ふしばな

            • ¥400 / 月

            吉本ばななです。やがて書籍になるときにはカットされる記事も含めています。どくだみちゃんは散文、ふしばなはブログ風です。コメントはオフですがTwitterに遊びに来て感想聞かせてくださいね。

          • ばな子とまみ子のよなよなの集い

            • ¥200 / 月

            よなよな、人生について意味なく語り合うばな子とまみ子。 全然違うタイプだからこそ、野生児まみ子の言うことを聞くとばな子こと小説家吉本ばななは、いつもはっとするのです。 それからまみ子はあるとき、彼女の書いていたすばらしいブログを全部削除してしまったので、あのすばらしい考え方をなんとしてもまだまだ読みたい私、ついにまみ子を再びひっぱりだしました。 私がなにかに気づくように、みなさんもばな子とまみ子の全然違うのに「自由」についてだけは一致している考え方や様子を見て、ヒントを得ることがあるかもしれません。 コメントもお受けします。みんなでそれを眺めながら意見をのんびり書き込んで、じんわりとイメージがふくらんだりするのもいいですね! ゆるゆるの不定期更新ですが、月に1回くらい、ゆっくりと自由についてみんなで考えてみるくらいがちょうどいいと思っています。

          • よしばな書くもん

            • 8本

            限りなく小説に近いエッセイと、短編〜中編小説のマガジンです。 全く規制はなく長さもまちまちですし、校正がかかってないので誤字脱字もあります(だからここでしか発表できない)。ライブな感じをお楽しみください。 コメントは受けつけていませんが(読む人それぞれの静かな時間を大切にしたいので)、Twitterにはいつでも遊びにきて感想を書いてくださいね。 曲のように一編ずつ買い切り。そしてそういうわけでひとり文芸誌。 そのうち本にまとまりますが、そのために書いているのではなく、単に自由にやりたくてやっています。 小さなお茶うけに、人生の謎をとくちょっとしたヒントに。 ほんとうに読みたいなと思ったタイミングで、気が向いたときに、好きな場所で。

          • よしばなちょっと置き

            • 0本

            既出のエッセイなどを仮置きするところ。

          記事

          記事をすべて見る
            • ムダではない

              ✳︎今日のひとこと 深夜にドキュメンタリーを見ていたら、もうおじいさんと言える人たちが6人で部隊を結成し、福島の避難地域にある自分の家に通って手入れしたり、街を少しずつ整えたり、それはもうこつこつと地道に作業して、少しずつ街に人が帰ってこれるようになったときに解散したのですが、解散のシーンでは私も泣けました。 中のおひとかたが、誰もいない庭の木を手入れしながら、「虚しいことだと思うけれど、自分の目の黒いうちは枯らしたくないからねえ」とおっしゃっていて、その気持ちがわかりすぎ

              スキ
              697
              • なまけもの天国

                ✳︎今日のひとこと 腰が痛くなるので、椅子に長く座らないようにしています。 なので、機械のほうを変えています。机に向かっているときはややこしい作業が多い仕事のときだけにして。 たまには寝ころんでiPadで音声入力で書いたり。 TVを観ながら、それをちびちびiPhoneで直したり。 なんてすばらしい!こんなすごい時代が来るなんて思ってもみなかったです。原稿用紙にこつこつ書いてホワイトで修正したりしなくてもいいのです。ゴミも減るし。 でも電力がいるよね、というのがこれからの

                スキ
                690
                • よなよな58 よなよな講話

                  ばな子 ギンギラギンにさりげなく ちょっと見たこと、聞いたこと、そうしたほうがいいと言われたことに、人はどれだけ縛られているんだろうとたまにゾッとします。 作った野菜はみんな大切にいただく系の話もそのひとつです。 うちの屋上の陽当たりが異常で、サボテン以外はなかなか育たないんだけれど、とにかくチャイブとパクチーがもう食べられないほどに硬く育って、結局使わないで鑑賞してるだけ。わさわさ来いよ!と思っていた明日葉はまだおひたしになるほどにも育たず。 うちには実がなるにはオスと

                  スキ
                  316
                  • デザイン

                    ✳︎今日のひとこと あまりに偉大な人を亡くしたことにまだショックを受けているので、デザイナー中島英樹さんについての記事が続くことをお許し下さい。 とても個人的な内容のように思えますが、自分の才能そしてそれを保つ方法として、いろいろな人に役立つと感じています。

                    スキ
                    657
                    • 魔法

                      ✳︎今日のひとこと 「僕は、借金をしてでも、頭の中にだけあるデザインを、この目で見たいという欲求ばかりです。デザインだけが、神々しく頭の中に見えます。僕は、デザインを通して人の幸福を願うばかりですが、足を引っ張る人ばかりで。僕が、間違っていると思ってしまいます」 亡くなった中島英樹さんが晩年におっしゃっていた言葉です。多分、この頃もうかなり体調が悪く、肺水腫や視界の乱れ、脳の血管の詰まり、発作を抑える薬の副作用などで、生きているのがやっとだったんだろうなあ、と思います。きっ

                      スキ
                      745
                      • 備える

                        コメントとか、短い原稿とか、昔の本の増刷とかの分だろうな、と思われる、不思議な額の入金があったときは、きちんと調べます。 正確には、自分も見るけどザルなので、スタッフに毎月なるべく細かくチェックしてもらいます。 というのも、踏み倒しがあまりに多いからです。特にコメント。私は踏み倒しをしたところとはもう仕事しないので、その基準にもなってとてもいいです。

                        スキ
                        686
                        • 謎も意味もない

                          ✳︎今日のひとこと デザイナー、アートディレクターの中島英樹さん(私の、「Bananadiary」や「吹上奇譚」シリーズや「ひな菊の人生」や、あらゆる本の装丁を手がけてくださっていた)が脳梗塞で急に亡くなりました。 世界は、彼を失ってますます悪くなっていくのだろうと思いました。 逆に、世界は彼をもういたくないと思わせるところまで悪くなっていたのだろうとも。

                          スキ
                          875
                          • よなよな57 よなよなGO NOW

                            ばな子速さと軽さまみちゃんが字をさっと読めないとは決して思えない!ような文章とかやりとりをさせてもらっていて、その新鮮さに対して「偏りよありがとう」とは決して思わず、思うわけもなく。感謝する先はまみちゃんがこの世にいることです。
私も、私に偏りがあるからあんな変わった小説が書けるんだということを、ご先祖さまや親に感謝とかしたりはせず(別のことではもちろんしていると思うが)、自分の普通を突き詰めただけなんですよね。 その匂いというのか、まみちゃんから吹いてくる自由の風を感じるこ

                            スキ
                            283
                            • 生きかた

                              ✳︎今日のひとこと だんだん生き方が定まってくると、これはしたくないとか、ここに行くとこうなるなとか、どんどんわかってきます。それはたいてい予想通りに展開します。 だから、こうなるんだろうな、なんだか違うな、と思うことには近づかないのは正しいのです。 それでは人生に変化や刺激がなくなってしまうのでは?と思ったら大間違いで、未知のものはその決まった動きや生き方の中からこそ、現れいでて来るのです。 新鮮さを伴って、いやおうなしに、微調整のチャンスはやってきます。それには粛々と対

                              スキ
                              871
                              • 未来の幸福観

                                ✳︎今日のひとこと メタトロンというものを受けて、自分の体にあまり肉が合ってないこととか、やはり膵臓が弱点だとか、こういうものを食べると炎症が多くなるからよそうね、とかいろんなことを知って参考にしつつ、さらにボディートークというものを受けて、自分の心身の成り立ちの根底を少しずつひもときながら、ナッツだのグルテンだの、合わないものをこれまた多少減らしつつ、まあ年末だったりお正月だったりして、わりと思う存分飲み食いして、後から調整しようっと、と思ってストレスフリーに毎日やってい

                                スキ
                                769
                                • これでいいのだ

                                  ✳︎今日のひとこと その人がその人であることって、何ものにも替えがたい大切なことだな、と最近よく考えるようになりました。 私はほっといても言葉が多いタイプの頭でっかち人間ですけれど、1日をなんのためにがんばっているかというと、最初のビールをぐいっと飲む瞬間のためだけにだし、1年をなんでがんばっているかというと、夏が来て最初にサンダルを履く瞬間のためだけにだし。それだけでいい。それだけのために健康でいたいという、単純な人生です。 だから去年それができなかったこと(骨折していてサ

                                  スキ
                                  759
                                  • よなよな56 よなよなゴロー再び

                                    ばな子 命を取られる 最近は発達障害もすっかり「治さなくちゃいけない病気」になっちゃって、すっかりお金になるようになった。 発達障害と言ってしまったら私もそうだし家族もみんなそう、実家も親戚も全員。困ったものです。療育を受けた方がいいのは私です。 血筋からして無敵というかなんというか。 そしてそれをふまえて考えると「精神分裂病」って、すっごい名前でしたね。時代とともに不採用になるはずだ。

                                    スキ
                                    302