ばな子とまみ子のよなよなの集い

よなよな43 風通し

ばな子

本質

村上春樹さんも永遠のテーマとして書いてると思うのですが、暴力と人間の集団っていうのはその、いがらしみきおさんの「I」に出てきた団体みたいな感じで、切り離せないものなんだなって思うのです。
洗脳って、ストレスをかけながらでないとできないでしょ。それで、解かないためには、ずっとストレスをかけ続けなくちゃいけない。だから、全員がすごいストレスのある世界に慣れていくんだけど、結局耐えられ

もっとみる
ありがとうございます😆
253

よなよな42 一兎

ばな子

二兎を追わない

トラウマ級の傷って、バサっと事件が起こったときも残りますが、もっとじわじわとくりかえしてきたことでいつの間にか深くなることもありますよね。
かといってそれは今ではない、過去だから。今の自分は今だから。今の傷じゃない。大丈夫。
そういうことなんですよね。
私の出かけるの嫌いなのはもはや病的なレベルだとわかっているのですが、着替えているときに腹が立ってきて止まらなくなるんで

もっとみる
まだまだ書きますから、よかったら読んでね!
335

よなよな41 救い

自分

ばな子

なんでそんないいエピソードを毎回持ってるんですか、まみちゃん!
でも、ほんとうにそういうことってあると思います。無視できないほどの圧を持って、知らせてくるものって。
先日亡くなったダリア・ニコロディ(『サスペリア』のダリオ・アルジェントの元奥さん、アーシア・アルジェントのお母さん)さんに、イタリアのパーティで1回だけ会ったことがあるんです。ものすごく美しくてさすがに変わった人でし

もっとみる
まだまだ書きますから、よかったら読んでね!
309

よなよな40 静かな心

ばな子

瞑想

育児期の本能の強さって、今ではもう思い出せないほど獣でした。
ほんとうに今でも謎なんですが、急に体が酒を拒否したのは当然としても、このジュエリー研究の道を極めた私が、石のついたリングができなくなったんですよ。ひとつだけ大丈夫なのをいつもしてました。石がついてないのは大丈夫でした。…ってことは、あれってすごく強烈なものだから、何個もするのは命取り。叶恭子さんがしてるでっかいダイヤの

もっとみる
かたじけない…
345

よなよな39 魂の道を探す

ばな子

いつのまに

わかります。いつのまにか「お母さん」が命がけの職業である時期が終わっていたんですよね。あれ?緊張感が消えた。もう子どもたちはそれぞれの人生になりつつあるな、って。
それはまだいっしょに住んでいるうちに訪れた、それも意外でしたよね。私は意外でした。
もちろん一生母は母、そのもうはずせない体の一部になっていますが、なにかが抜けたんですよね。
またも登場ですが、大野舞ちゃんがまだ

もっとみる
まだまだ書きますから、よかったら読んでね!
314

よなよな38 成長

ばな子

育つ

まみちゃんの言う通りに、言葉ってちょっとだけ遅いんですよね。
私は頭の中の言葉と書く言葉は訓練によりものすごく速くなっているので、まみちゃんが「や」(全くもってその一文字がぴったりです)と動いている間に、「なんだよ、なに言ってんだよ、重いんだよ、めんどうなんだよ」くらい頭の中で字を書いて、でも実際の動きはやっぱりうんと遅れちゃうんです。
遅れるからいっそう伝わらないのでいいことは

もっとみる
ありがとうございます😆
304

よなよな37 馬

ばな子

振り落とす

まみちゃんが馬のように生きている様こそが、「創作」「作品」なんですよ。
そして私とかホドくん(笑)がしているようなことは、どちらかというと、二次創作なんです。
神がそういう才能しか与えなかったからこそ、小説や映画を生涯かけて黙々と創っているのですが、つまり、オレらのほうが二流なんです。人間という生きものにおいては。
だけど、なにかを成したほうがいい、残したほうがいいという謎

もっとみる
またいつでも来てください!
317

よなよな36 真のガテン

ばな子

残るもの

あの山岳料理人の歌、ほんとうによかった。そしてズバリ作る人の真実ですよね。
すごくいい顔をしていて、あれこそが料理をする人の顔なんだと思います。作ったものをどう食べてもらうか、相手の反応はどうかまで考えてしまうと、なにかが偏ってしまう。食事って自分にとって毎日の小さな作品だし。かといって、相手の反応を見ていないわけではない。彼のそのさじ加減がまさにさじ加減で。相手が日本人だか

もっとみる
かたじけない…
329

よなよな35 時期、時代、場

ばな子

時期と時代

まみちゃんのその「お助け期」は、きっと今になって思うと違うけど、そのときは自然にしていてもそうでなくてはいけなかった、人生のある時期だったんだと思うんですよ。
今となっては決してその気分も空気も再現できない、それが当然のことであったときというか。
私にもありました。近所の友だちが夜中の3時に泣きながら、カップルで住んでる私の家に平気でひんぱんに転がり込んできた頃。迷惑とか決

もっとみる
まだまだ書きますから、よかったら読んでね!
342

よなよな34 大人

ばな子

金の動き

まみちゃん、なんでそんなおいしい過去を持ってるの!
それってきっとみなさん、本気なんですよね。
いいことをしているし、いいアイディアだと思ってるのでしょうし。
そしてなくてはならないほどのレベルで税金対策になってるんでしょうし(笑)!
海に行くときは全身なにか着て、靴まで履いて、ウミガメに触ったらすぐ手を洗いそうな!そして夜のレストランの部にいっしょうけんめいになりそうな!

もっとみる
今日もいいことがありますように😄
343