見出し画像

神経ブロック注射って?痛い?効果は?

僕は、痛みの専門家(ペインクリニック専門医=ペインクリニシャン)として診療をしているのだけど、そもそもペインクリニックって一言で何するの??と聞かれて困ってしまった。

先日、noteでペインクリニックとは?「整形外科・精神科的診断と麻酔科の注射のテクニックで治療を行う診療部門」と書いたけど、イマイチな気がしてきました。

一言でペインクリニックとは?「注射で痛みを治療する診療所」です。

なので、そのメインの注射「神経ブロック」について少し知って頂けたらと思います。

➢ 神経ブロック注射って?

神経ブロックとは「局所麻酔薬や神経破壊薬、高周波熱凝固法などを用いて、末梢からの痛みの侵害入力が中枢へ到達する神経伝達を抑制or遮断して鎮痛効果を有する手技」と定義されてます。

難しいですよね??

要するに「歯科治療でおこなう麻酔薬などを神経の近くに投与して痛みを緩和させる注射」です。

ブロック注射は、比較的容易にできるものから難易度の高いものまで幾つも種類があります。

➢神経ブロックが効くメカニズムは?

神経には、①感覚神経(痛みや触覚)、②運動神経(動かす)、③自律神経(コントロール不能。緊張でドキドキ、発汗する等)の3つがあります。

基本的に「痛み」はその部位を支配している末梢感覚神経から電気信号として背骨の中の脊髄(中枢)に伝わり脳の感覚を支配している所で痛みを理解します。

神経ブロックは麻酔薬を神経の周囲に注入して痛み刺激の伝導をブロックして痛みを緩和させ、それと同時に自律神経もブロックするので、緊張が緩み血流が改善して痛みや筋肉のこわばりを緩和させる効果があります。

➢神経ブロック注射って痛いの?

注射は怖いですよね?

僕も何万人にも注射してますが、自分が注射されるのは好きじゃありません。

神経ブロックは針を刺すので全く痛くないと言うことはありませんが、採血よりも細い針を使用しますし、深い場所に針を進める時は、麻酔をしてからからブロックするので、多くの場合、「思ったより痛くない」と言って下さる患者さんが多いです。

痛いか否かは神経ブロックの種類やブロック注射するドクターの技量に左右される部分であります。最近では超音波(エコー)ガイド下に確実かつ安全に注射する事が多くなってますのでご安心下さい!

➢神経ブロックって何に効く?

基本的には「腰痛」「臀部下肢痛」「坐骨神経痛」「頭痛」「肩こり」「四十肩・五十肩」「首や背中の痛み」、股関節や膝、手足などの「関節の痛み」「帯状疱疹の痛み」「がん性疼痛」「腹部内蔵痛」「三叉神経痛」などの痛みや、それ以外にも血流障害に対する血流改善効果顔面や眼瞼けいれんを抑える効果汗を抑える効果もあります。

➢神経ブロックの効果はどのくらい?

良く聞かれる質問ですが、神経ブロックの種類や回数、投与する薬の違いや患者さんの病態で異なるので、「人それぞれでやって見ないと分からない」です。

麻酔薬の薬としての効果は、数時間くらいですが、自律神経に作用した場合や何回か繰り返しブロックしていくことで作用時間や効果が長くなり、いつの間にか痛みを忘れて生活できるように場合も多いので是非試して見て下さい!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます😊益々頑張ります❗️
6
医学博士。ペインクリニック専門医。麻酔科専門医。神田痛みのクリニック院長。 腰痛、肩こり、頭痛など、あらゆる痛みの原因や痛みの背景にある心身の不調を診断し、「患者さんに寄り添う医療を」心掛けて丁寧な説明と神経ブロックや筋膜リリース注射などで痛みの治療をおこなっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。