D.nishimura

医学博士。ペインクリニック専門医。麻酔科専門医。神田痛みのクリニック院長。 腰痛、肩こり、頭痛など、あらゆる痛みの原因や痛みの背景にある心身の不調を診断し、「患者さんに寄り添う医療を」心掛けて丁寧な説明と神経ブロックや筋膜リリース注射などで痛みの治療をおこなっています。

D.nishimura

医学博士。ペインクリニック専門医。麻酔科専門医。神田痛みのクリニック院長。 腰痛、肩こり、頭痛など、あらゆる痛みの原因や痛みの背景にある心身の不調を診断し、「患者さんに寄り添う医療を」心掛けて丁寧な説明と神経ブロックや筋膜リリース注射などで痛みの治療をおこなっています。

    最近の記事

    膝関節痛 × ペインクリニック

    寒くなって膝が痛い。 普段より長い距離を歩いたり、走ったりして膝が痛い。 特に膝の内側や膝のお皿(膝蓋骨)の下あたりが。。。。 我々ペインクリニック でも膝痛で悩まれて来られる方はまあまあ多いです。 今回は、膝関節痛についてです。 膝が痛くなる主な疾患 1. 変形性膝関節症 変形性膝関節症は、加齢や筋肉量の低下、O脚などが原因で関節の軟骨や半月板がすり減って痛みが生じる疾患です。大腿部(腿)の骨と下腿部(スネ)の骨の間が狭くなったり、すり減った骨が棘のようになったりしま

      • 肩痛 x ペインクリニック

        ある時、急に肩が痛くなって夜も寝られない、腕が上がりにくい肩痛。 ペインクリニック でも肩痛で悩まれて来られる方は多いです。 今回は、肩痛についてです。 肩が痛くなる疾患1、肩関節周囲炎、凍結肩(五十肩)四十肩・五十肩とも呼びますが医学専門用語では肩関節周囲炎、凍結肩と呼びます。中年以降に急に肩が痛くなり、腕が上がりにくくなる病気です。明らかな原因はなく、肩関節周囲の筋肉、筋肉と骨の付着部の腱板、靭帯、関節を包む袋の関節包、滑液包、軟骨などが炎症して硬くなり肩関節の可動

        • 腰痛 × ペインクリニック

          今回は、多くの方が1度は困る症状の男性1位、女性2位の「腰痛」についてのお話です。 腰痛の定義?日本整形外科学会の腰痛診療ガイドラインで細かく定義されてますが、要するに「背中の下からお尻の割れ目までの部位が1日以上痛い場合」と言えます。左右どちらかだけだったり、足も痛い時もあります。 腰痛の原因?1, 脊椎の変形や椎間関節、筋・筋膜性、椎間板、狭窄症、感染、腫瘍、骨折など 2, 神経 3, 内蔵(腎泌尿器疾患、婦人科疾患、妊娠) 4, 血管(腹部大動脈瘤、解離性大動

          • 肩こり、首こり×筋膜リリース

            国民病である肩こり、首こりのnote第3回目は、 肩こり、首こり×筋膜リリースについてのお話です。 筋膜リリース?つい先日、NHKの情報番組のあさイチでもファシア(Fascia)が取り上げられてびっくりしました。 https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/210127/1.html 筋肉を包んでいる膜=筋膜で、痛みのトリガーポイントは筋膜だけではなく、その周囲の脂肪や腱や靭帯などの結合組織(Fascia)にもある事がわかってきて、超

            肩こり、首こり×神経ブロック

            肩こり、首こりは国民病で女性の第1位の症状、男性の第2位の症状で、まずは、「正しい姿勢の意識とその時間を作ること」と言う事を前回noteしました。 今回は、それでもダメだった場合、ペインクリニックではどうするか? 肩こり、首こり×神経ブロックについて少し解説します! トリガーポイント注射「トリガーポイント」は、索状硬結(筋肉が異常収縮して硬くなった)として触知でき、その部位に圧痛点があり、そこを押すといつもの痛みが再現される場所を言います。 長時間の同じ姿勢や、悪い姿

            肩こり、首こりの原因は?どうすれば良い?

            国民生活基礎調査ってご存知ですか? 昭和61年から毎年(健康面は3年毎)おこなわれている保健、医療、福祉、年金、所得などの国民生活の基礎的な事を調査して厚生労働行政の企画・運営のために役立てる事を目的とした厚労省の調査資料です。 その調査の「健康面の自覚症状」の中で、ここ数年変わらないTOP 2があります。 画像引用:2019年 国民生活基礎調査の概況-厚生労働省 より 男性は 1位:腰痛 2位:肩こり 3位:鼻がつまる・鼻汁が出る 女性は 1位:肩こり

            筋膜リリース注射って?神経ブロックと何が違うの?

            巷でも少しずつ注目を浴び始めた「筋膜リリース」 最近はネットでローラーなどの器具も売っていて僕も毎晩やってます! 首こり、肩こり、腰痛などの原因の多くは、筋肉やその周囲の結合組織(Fascia)が無理な姿勢や悪い姿勢などで悲鳴をあげ、自然に回復するはずの筋肉が回復できなくなって硬くなったものと言われており、その硬くなった圧痛点を「トリガーポイント」と呼び、そこを押したときに普段の肩こりなどの症状が再現される病態を「筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Synd

            神経ブロック注射って?痛い?効果は?

            僕は、痛みの専門家(ペインクリニック専門医=ペインクリニシャン)として診療をしているのだけど、そもそもペインクリニックって一言で何するの??と聞かれて困ってしまった。 先日、noteでペインクリニックとは?「整形外科・精神科的診断と麻酔科の注射のテクニックで治療を行う診療部門」と書いたけど、イマイチな気がしてきました。 一言でペインクリニックとは?「注射で痛みを治療する診療所」です。 なので、そのメインの注射「神経ブロック」について少し知って頂けたらと思います。 ➢

            痛みの治療方法って何がある?

            痛みは、身体の異常を知らせる警告としての役割があるけど、痛いのはすごく辛いので無い方が良いに決まってる。 しかも、警告としての役割を終えたにも関わらず持続する痛みもある。そうなると生活の質(QOL)や日常生活動作(ADL)を低下させ、それが益々痛みの事ばかり考えるようになり負の悪循環に陥ってしまう。 痛みの治療で一番大切なことは、「痛み」や「痛みの治療」を理解してなるべく早く治療開始し悪循環から逃れる事。 我慢したり、諦めたりしないで痛みの専門医であるペインクリニックを

            「幸福とは、人の痛みがわかる事である」

            5人に1人くらいの人は何かしらの痛みを抱えて生活していると言われ、高齢化に伴い益々増加傾向と言われている。 ただ、痛みを抱えていても大半の人が「痛みは我慢するべきだ」、「通院するほどではない」、「通院しても治らない気がする」と考え、痛みでどこかに通院していてもマッサージや整体が半分、病院などの医療機関が半分という調査結果が報告されている。 「人の痛みがわかる、優しい人になりなさい」と言われて育てられた僕は、一般的には、まだまだ認知度が低いペインクリニックの専門医として痛み