泉絢也・藤本剛平

クリプト系の税金を得意とする税法研究者・泉絢也と税理士・藤本剛平の共同運営。 暗号資産(仮想通貨)、NFT、Gamefi、Defi等の税金について平易な言葉で踏み込んだ記事を提供。 TwitterID:@taxlaw17(Junya Izumi),@suika3111(藤本剛平)

泉絢也・藤本剛平

クリプト系の税金を得意とする税法研究者・泉絢也と税理士・藤本剛平の共同運営。 暗号資産(仮想通貨)、NFT、Gamefi、Defi等の税金について平易な言葉で踏み込んだ記事を提供。 TwitterID:@taxlaw17(Junya Izumi),@suika3111(藤本剛平)

    マガジン

    • 暗号資産の税金について本気で考えてみた

      • 6本

      クリプト系の税金を得意とする税法研究者・泉絢也と税理士・藤本剛平が、暗号資産の税金問題について、シンプルな言葉で、一歩踏み込んだ記事を提供します!

    • NFTの税金について本気で考えてみた

      クリプト系の税金を得意とする税法研究者・泉絢也と税理士・藤本剛平の共同運営。 NFTの税金について平易な言葉で踏み込んだ記事を提供。

    • 暗号資産・NFTの損益計算について本気で考えてみた

      クリプト系の税金を得意とする税法研究者・泉絢也と税理士・藤本剛平が、暗号資産の税金問題について、シンプルな言葉で、一歩踏み込んだ記事を提供します!

    ウィジェット

    • 商品画像

      事例でわかる! NFT・暗号資産の税務

      泉 絢也、藤本剛平
    • 商品画像

      30年分申告・31年度改正対応 キャッチアップ仮想通貨の最新税務

      克彦, 酒井
    • 商品画像

      パブリックコメントと租税法

      泉 絢也
      • 暗号資産の税金について本気で考えてみた

        • 6本
      • NFTの税金について本気で考えてみた

      • 暗号資産・NFTの損益計算について本気で考えてみた

    • 商品画像

      事例でわかる! NFT・暗号資産の税務

      泉 絢也、藤本剛平
    • 商品画像

      30年分申告・31年度改正対応 キャッチアップ仮想通貨の最新税務

      克彦, 酒井
    • 商品画像

      パブリックコメントと租税法

      泉 絢也

    最近の記事

    • 固定された記事

    Vol.1:暗号資産の譲渡益を、税金の安い「譲渡所得」で確定申告したらどうなる?節税になる?(前編)

    クリプト関連の税金を得意とする税法研究者と税理士が、が、暗号資産の譲渡益の税金(所得税)について、一歩踏み込んだ検討をします! ガチホしてた暗号資産を売って、利確させた。 この場合に、税金の負担が気になりますよね? 日本の所得税の負担が重いのは有名ですもんね。 最高税率は、国税45%+地方税10%で55%です。 もうかれば、もうかるほど、税金が高くなっていきます。 そこで、税金の安い譲渡所得で申告したらどうなるのでしょうか? 所得税は、所得の種類を10種類にわけていま

      • ファントークンの税金は譲渡所得?(FCRコインと暗号資産の譲渡所得該当性)

        サッカークラブ等が、ファン向けに、座席の優先購入権や投票に参加する権利などが付着したファントークンを発行することがあります。 このようなファントークンが暗号資産に該当する場合、このファントークンを譲渡した場合の所得は、「資産の譲渡による所得」に該当し、所得税法上、比較的税金の安い譲渡所得に区分される可能性はないのでしょうか。 今回は、この点に関する国会のやりとりを確認してみましょう。 1 暗号資産の譲渡による所得は譲渡所得に該当しないという国税庁の見解 このnoteの記

        • まとめ暗号資産の損益計算ってどうやるの?(基本編その2:総平均法・移動平均法)

          この記事では、暗号資産(仮想通貨)に関する個人の所得税の税金の基本的な取扱い、とりわけ損益計算の基本的な考え方について、国税庁の「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(以下FAQ)」を適宜参照しつつ、事例付きで解説していきます。 前回の記事では、暗号資産を日本円や暗号資産と交換した場合の損益計算について説明しました。 今回は、暗号資産の損益を計算する上で欠かせない、暗号資産の譲渡原価を計算する方法である総平均法と移動平均法について説明します。 ちなみに、、、損益計算の

          • 暗号資産の損益計算vol4:総平均法・移動平均法まとめ

            この記事では、暗号資産(仮想通貨)に関する個人の所得税の税金の基本的な取扱い、とりわけ損益計算の基本的な考え方について、国税庁の「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(以下FAQ)」を適宜参照しつつ、事例付きで解説していきます。 前回の記事では、移動平均法の損益計算について説明しました。 今回は、総平均法と移動平均法はどちらを採用したらオトクか&移動平均法、総平均法の特徴のまとめについて説明します。 総平均法と移動平均法はどっちがオトク?前回は移動平均法の計算について

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 暗号資産の税金について本気で考えてみた
            泉絢也・藤本剛平 他
          • NFTの税金について本気で考えてみた
            泉絢也・藤本剛平
          • 暗号資産・NFTの損益計算について本気で考えてみた
            泉絢也・藤本剛平

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            暗号資産の損益計算Vol.3:移動平均法

            この記事では、暗号資産(仮想通貨)に関する個人の所得税の税金の基本的な取扱い、とりわけ損益計算の基本的な考え方について、国税庁の「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(以下FAQ)」を適宜参照しつつ、事例付きで解説していきます。 前回の記事では、総平均法の損益計算について説明しました。 今回は、移動平均法について説明します。 なお、今回は説明の関係上、複雑な計算式が多数出てきます。結論だけ知りたい方は、次回アップ予定の「暗号資産の損益計算ってどうやるの?(基本編:移動

            暗号資産の損益計算Vol.2:総平均法

            この記事では、暗号資産(仮想通貨)に関する個人の所得税の税金の基本的な取扱い、とりわけ損益計算の基本的な考え方について、国税庁の「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(以下FAQ)」を適宜参照しつつ、事例付きで解説していきます。 前回の記事では、暗号資産を日本円や暗号資産と交換した場合の損益計算について説明しました。 今回からは、暗号資産の損益を計算する上で欠かせない、暗号資産の譲渡原価を計算する方法である総平均法と移動平均法について説明していきます。 今回は、総平均法

            暗号資産の損益計算vol1:暗号資産の売買等

            この記事では、暗号資産(仮想通貨)に関する個人の所得税の税金の基本的な取扱い、とりわけ損益計算の基本的な考え方について、国税庁の「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(以下FAQ)」を適宜参照しつつ、事例付きで解説していきます。 といっても、国税庁のFAQに書いてあることを単にコピペするだけでは面白くありませんよね💦 ありがたいことに、私は、普段、税理士として、暗号資産やNFTの税務相談、損益計算、確定申告書の作成業務等の依頼を多く頂いております。 最近では、暗号資産

            Vol.2 :「NFTやFTを用いた取引を行った場合の課税関係」(国税庁タックスアンサーNo.1525-2 )を考えてみる

            2022年4月1日に、国税庁は、NFT(ノンファンジブルトークン:非代替性トークン)とFT(ファンジブルトークン:代替性トークン)の税金に関するタックスアンサーを公表しました。 国税庁タックスアンサーNo.1525-2「NFTやFTを用いた取引を行った場合の課税関係」です。 NFTの取引は日本でも行われてきましたが、国税庁からその課税関係に関するガイダンスが出ていませんでした。確定申告の処理や事業プランの計画・遂行に当たって困っていた納税者の方には、朗報だと思います。 ま

            暗号資産の期末時価評価課税(法人税)の改正に関する議論~自民党NFT・PT ホワイトペーパー(案)とガラパゴス化した日本の現行暗号資産税制~

            2022年8月31日追記 期末時価評価課税に関する拙稿「法人税法における暗号資産税制の問題点(1・2・完) : 期末時価評価課税の改正提言」が公表されました。 https://cuc.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=6490&item_no=1&page_id=13&block_id=37 現在、自社発行暗号資産を期末

            OECDによる暗号資産(NFT/ステーブルコイン含む)の報告制度の枠組み(Crypto-Asset Reporting Framework”CARF”)等のパブコメ

            OECDは、2022年3月22日に、暗号資産の取引やウォレットの情報など、暗号資産に関する税情報を標準化し、各国間で自動的に交換する枠組み(Crypto-Asset Reporting Framework, ”CARF”)を開発中であることを公表しました。 開発中の案を公表し、2022年4月29日までの期間で、意見募集をしています。 今回は、ごく簡単にその中身を確認してみます。 (誤訳等があれば、Twitter経由でizumi宛にご連絡ください💦今後、当局から仮訳などが公

            Vol.1:NFTの譲渡益は譲渡所得?雑所得?(所得税)

            クリプト関連の税金を得意とする税法研究者と税理士が、NFTの税金について、他ではみられない一歩踏み込んだ検討をします! (2022年4月2日追記:2022年4月1日に、国税庁は、NFT(ノンファンジブルトークン:非代替性トークン)とFT(ファンジブルトークン:代替性トークン)の税金に関するタックスアンサーを公表しました。 国税庁タックスアンサーNo.1525-2「NFTやFTを用いた取引を行った場合の課税関係」です。詳細はVol.2の記事をご参照ください。) NFTの個人

            Vol.3: 暗号資産の譲渡益を、税金の安い「譲渡所得」で申告したらどうなる?節税になる?(後編)

            この記事では、暗号資産の税金を税金の安い譲渡所得で確定申告したらどうなるのか、という素朴な疑問にお答えしています。 前編と中編では、暗号資産の譲渡益が譲渡所得になる可能性は、一応、残されていることや、雑所得と主張する国税庁の根拠などを説明してきました。 後編では、そもそもFAQとは何か、納税者が譲渡所得で申告して裁判所で争いになった場合に、どちらが勝つと予想されるか、どのような戦いになるのかといった疑問にお答えします。 また、国税庁のFAQに”ラグられる”?可能性について

            Vol.2: 暗号資産の譲渡益を、税金の安い「譲渡所得」で申告したらどうなる?節税になる?(中編)

            この記事では、暗号資産の税金を税金の安い譲渡所得で確定申告したらどうなるのか、という素朴な疑問にお答えしています。 前編では、暗号資産の譲渡益が譲渡所得になる可能性は、一応、残されていることを説明しました。 中編では、雑所得と譲渡所得のどちらが正しいのか、国税庁が雑所得であると主張する根拠は何かといった疑問にお答えします。 ”魔界”のようにこわい課税実務の世界も少しのぞいています。 暗号資産の譲渡益は、雑所得と譲渡所得のどちらが正しいのですか? 現時点では、わかりま