岡田智博

ソーシャルキャピタリスト。アート&クリエティブプロデューサー。博士(学術:東京藝術大学)。マルチメディアからクリエイティブ産業まで、新しい価値を身の丈で取り組む人とチームを日本とアジアを中心にキュレーションしています。青山学院大学大学院・大学非常勤講師

アートプロジェクトの専門家が応募したいともだちに説明するように東京都の「アートを投稿したら@10万円」について解説します~…

シンコロナでみんなたいへんです。特に私も含めました、文化や芸術の分野に生きるほとんどの人は、日常から「ギグワーカー」なのでたいへんです。  「クリエイティブクラ…

「海外ではみんな言ってるよ」ポリスのあさましさ

「まわりがこう言っている」「(海外のどこそこでは)みんなこう言っている」を評価基準に振りかざし、自身では対象を見ず我が評価とし、マウンティングしている高学歴属性…

わが国の現代アートプロジェクトは希望なき時代を包摂できず、ときに分断を担う忌まわしい存在になり果てるのか?

最初に この文を書くもとになった 「あいちトリエンナーレ2019」。 同時代の「情」をそれぞれの芸術家が考え、表現した、心動かされる作品がとても山盛りに存在する、今年…

メジャー化以降の新海アニメは、たくさんの人柱の寄り童でできている(と考えられる)。

新自由主義と拝金主義は違うで。 なんでキリスト教でプロテスタントが生まれたか、高校生くらいの知識ならわかるよね(山川ポイント大でしょう)。 そんなアホなことにわが…

『天気の子』にみる終わってほしくないセカイの緩慢なエントロピーと、『三体』が咆哮する「中国夢」の烽火

『君の名は。』に続く『天気の子』のブーム。 セカイはすごいことになってしまうが、日常はひたすら変わらない。変わらない中で物語は続く。今のふわふわとした豊かさが変…

文化庁メディア芸術祭石垣島展を開催します

現在21回目の審査が進んでいる文化庁メディア芸術祭。 その優秀作品を全国で公開する地方展が毎年行われています。この地方展の特徴は、各地の行政や団体が企画を提案し…