CRAFT STORE|クラフトストア

こんにちは!日本のものづくりにこだわったオンラインショップ「CRAFT STORE」です。 暮らしのはなしや、職人さんへのインタビュー記事など モノの背景にあるストーリーをご紹介しています。 https://www.craft-store.jp/

CRAFT STORE|クラフトストア

こんにちは!日本のものづくりにこだわったオンラインショップ「CRAFT STORE」です。 暮らしのはなしや、職人さんへのインタビュー記事など モノの背景にあるストーリーをご紹介しています。 https://www.craft-store.jp/

    マガジン

    ストア

    • 商品の画像

      昇陽窯 そば猪口(栗茶)

      〜いい器ができました。〜 1968年から、長く受け継がれてきた丹波焼の伝統を守りつつ、変化を続ける人々の生活に寄り添ったものづくりを続ける昇陽窯(しょうようがま)。 そんな丹波焼の窯元 昇陽窯さんにお願いして、CRAFT STOREオリジナルの器を作っていただきました。 人気のマットな質感とカラーを楽しめる、シンプルなそば猪口が焼き上がりました。 そば猪口はそばつゆを入れるだけのものではありません。 お茶やコーヒーを嗜む、小鉢として使うこともできる、使い勝手の良いカップなのです。 「茶栗」はしすぎず、落ち着いた深みのある色。 サラリとマットな質感が美しく、釉薬の溜まりが奥行きを作り出しています。 〜小鉢に、湯呑みに。〜 昇陽窯のそば猪口は、サイズは1種類でおよそ直径8.5cmほど。 手に持ちやすく、湯のみやマグカップの代わりとしても使いやすいサイズです。 サラッとぽってりとした飲み口が唇に気持ちよく、温かい飲み物を美味しくいただけます。 煮物やお漬物など、ちょっとした副菜を盛り付けて小鉢としても。そば猪口は自由な器なのです。 〜長くお使い頂くために。〜 昇陽窯の焼き物は、吸収性のある土ものでマットな釉薬の器。 油染みやにおい移りを防ぐために、ご使用前は一度水にくぐらせることをおすすめしています。使用後はしっかりと乾燥させてくださいね。 長時間の電子レンジでの使用はできません。ながくお使いいただけるよう、できるだけ電子レンジは使用されないことをおすすめします。
      1,980円
      CRAFT STORE
    • 商品の画像

      昇陽窯 深鉢 大(栗茶)

      〜いい器ができました。〜 1968年から、長く受け継がれてきた丹波焼の伝統を守りつつ、変化を続ける人々の生活に寄り添ったものづくりを続ける昇陽窯(しょうようがま)。 そんな丹波焼の窯元 昇陽窯さんにお願いして、CRAFT STOREオリジナルの器を作っていただきました。 人気のマットな質感とカラーはそのままに、使いやすい深鉢が焼き上がりました。 「深鉢」は様々な用途にとても使いやすい形。 汁気のある麺類からサラダ、ごはんの丼などなど、色々使える優秀な一枚です。 「茶栗」は打って変わって主張しすぎず、落ち着いた深みのある色。 マットな質感が美しく、釉薬の溜まりが奥行きを作り出しています。 深鉢の側面は刷毛の表情を残し、厚めでぽってりとした形ながら引き締まった印象に仕上がっています。 昇陽窯 深鉢は大、小2つのサイズがあります。 大サイズはおよそ直径18cmほど。 深さがあるので、サラダにカレー、うどんやラーメンのような汁気のある麺類も盛ることができる包容力ある大きさ。 〜長くお使い頂くために。〜 昇陽窯の焼き物は、吸収性のある土ものでマットな釉薬の器。 油染みやにおい移りを防ぐために、ご使用前は一度水にくぐらせることをおすすめしています。使用後はしっかりと乾燥させてくださいね。 長時間の電子レンジでの使用はできません。ながくお使いいただけるよう、できるだけ電子レンジは使用されないことをおすすめします。 個体によっては、貫入(かんにゅう)というひび割れ模様が入る場合もあります。窯で焼き、冷ますことでできる、自然な焼き物の表情をお楽しみください。
      4,620円
      CRAFT STORE
    • 商品の画像

      昇陽窯 そば猪口(栗茶)

      〜いい器ができました。〜 1968年から、長く受け継がれてきた丹波焼の伝統を守りつつ、変化を続ける人々の生活に寄り添ったものづくりを続ける昇陽窯(しょうようがま)。 そんな丹波焼の窯元 昇陽窯さんにお願いして、CRAFT STOREオリジナルの器を作っていただきました。 人気のマットな質感とカラーを楽しめる、シンプルなそば猪口が焼き上がりました。 そば猪口はそばつゆを入れるだけのものではありません。 お茶やコーヒーを嗜む、小鉢として使うこともできる、使い勝手の良いカップなのです。 「茶栗」はしすぎず、落ち着いた深みのある色。 サラリとマットな質感が美しく、釉薬の溜まりが奥行きを作り出しています。 〜小鉢に、湯呑みに。〜 昇陽窯のそば猪口は、サイズは1種類でおよそ直径8.5cmほど。 手に持ちやすく、湯のみやマグカップの代わりとしても使いやすいサイズです。 サラッとぽってりとした飲み口が唇に気持ちよく、温かい飲み物を美味しくいただけます。 煮物やお漬物など、ちょっとした副菜を盛り付けて小鉢としても。そば猪口は自由な器なのです。 〜長くお使い頂くために。〜 昇陽窯の焼き物は、吸収性のある土ものでマットな釉薬の器。 油染みやにおい移りを防ぐために、ご使用前は一度水にくぐらせることをおすすめしています。使用後はしっかりと乾燥させてくださいね。 長時間の電子レンジでの使用はできません。ながくお使いいただけるよう、できるだけ電子レンジは使用されないことをおすすめします。
      1,980円
      CRAFT STORE
    • 商品の画像

      昇陽窯 深鉢 大(栗茶)

      〜いい器ができました。〜 1968年から、長く受け継がれてきた丹波焼の伝統を守りつつ、変化を続ける人々の生活に寄り添ったものづくりを続ける昇陽窯(しょうようがま)。 そんな丹波焼の窯元 昇陽窯さんにお願いして、CRAFT STOREオリジナルの器を作っていただきました。 人気のマットな質感とカラーはそのままに、使いやすい深鉢が焼き上がりました。 「深鉢」は様々な用途にとても使いやすい形。 汁気のある麺類からサラダ、ごはんの丼などなど、色々使える優秀な一枚です。 「茶栗」は打って変わって主張しすぎず、落ち着いた深みのある色。 マットな質感が美しく、釉薬の溜まりが奥行きを作り出しています。 深鉢の側面は刷毛の表情を残し、厚めでぽってりとした形ながら引き締まった印象に仕上がっています。 昇陽窯 深鉢は大、小2つのサイズがあります。 大サイズはおよそ直径18cmほど。 深さがあるので、サラダにカレー、うどんやラーメンのような汁気のある麺類も盛ることができる包容力ある大きさ。 〜長くお使い頂くために。〜 昇陽窯の焼き物は、吸収性のある土ものでマットな釉薬の器。 油染みやにおい移りを防ぐために、ご使用前は一度水にくぐらせることをおすすめしています。使用後はしっかりと乾燥させてくださいね。 長時間の電子レンジでの使用はできません。ながくお使いいただけるよう、できるだけ電子レンジは使用されないことをおすすめします。 個体によっては、貫入(かんにゅう)というひび割れ模様が入る場合もあります。窯で焼き、冷ますことでできる、自然な焼き物の表情をお楽しみください。
      4,620円
      CRAFT STORE
    • もっとみる

    最近の記事

    6/15相談会レポ@新潟県三条市

    こんにちは! CRAFT STOREを運営するニューワールド株式会社では、ものづくり企業さまのオンライン流通をさまざまな形でサポートしています。 新潟県三条市との連携2021年9月、日本のものづくり業界への更なる貢献を目指し、私たちは新たに燕三条拠点を開設しました。 そしてこのたび「三条市」と連携し、新商品開発やブランド構築に挑戦する企業さまの支援を実施することとなりました。 個別相談会の開催三条市と連携した販路開拓支援事業に関して、6月15日に無料相談会を実施し、16

    スキ
    7
      • 売上ゼロのコロナ禍からネット販売へ。全国にファンができた「昇陽窯」の魅力【手仕事とみらい】

        四季を感じる丹波のふるさとから神戸駅から車を走らせて1時間ほど。緑が広がり、四季の変化を楽しめる景色が広がる兵庫県丹波篠山市には、丹波焼の窯元が並んでいます。 日本六古窯のひとつとして、丹波焼は800年以上も人々の生活を支えてきました。昔ながらの素朴さが残る器はぬくもりを感じさせ、現代でも心がほっとする食卓をつくります。 丹波焼という歴史ある焼き物の産地で、1968年に初代の大上昇さんによって創業した『昇陽窯(しょうようがま)』。 長く受け継がれてきた丹波焼の伝統を守りつ

        スキ
        10
        • うつわと旅のすてきな関係を届けたい「CRAFT定期便」はじめました

          日本のいいものをセレクトしたCRAFT STOREから、新たに毎月セレクトされた日用品が届く「CRAFT定期便」のサービスが始まりました。 第1弾は2022年2月18日から2月24日17時までの期間限定で受付中。先着100名様にCRAFT STOREで人気のカトラリー「tayfull スプーン(ゴールド)」をプレゼントいたします。 産地に思いを馳せて。何が届くかお楽しみ!長引く自粛生活で懐かしく思うのは器と旅の関係。毎年行われる陶器市をはじめ、旅行先で買った器を家で使う。お

          スキ
          9
          • 【Makuake】コンテンツ制作のご依頼について

            こんにちは!CRAFT STOREを運営するニューワールド株式会社では、Makuake公認「Makuake Creators Network」に属し、メイドインジャパンのものづくり企業様の、Makuakeプロジェクトの伴走者としてお仕事をしています。 私たちの人気マガジン「Makuakeとものづくりと」もそうした取り組みが背景にあり、連載を続けています。 ありがたいことにnote経由でご相談を受けることも増えてきましたので、今回は改めてお仕事依頼用のnoteを公開いたしま

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • NEWS

            • 45本

            お知らせはもちろんのこと、イベント情報やプレゼント企画までまるっとお届けします!

          • Makuakeとものづくりと

            • 97本

            Makuakeプロジェクトのストーリーをご紹介します。

          • コラム

            • 47本

            暮らしにまつわるエピソードをご紹介していきます。

          • 手仕事とみらい

            • 7本

            想いをもった作り手と消費者をつなぐECサイト「CRAFT STORE」などを手掛ける「ニューワールド」。陶器や漆器といったものづくりの若き作り手が、活動の幅を広げられるように伴走しています。 連綿と受け継いできた伝統や文化をどう守り、新しい風をどう取り入れるのか。その解を求めて、デジタルマーケティングの領域で挑戦をし続けているのです。大手新聞記者として2,000人以上へ取材経験を持つ西雄大が、井手康博社長に3回にわたり、今後の戦略やビジョンを描いているのかお話を聞きます。

          • メディア掲載

            • 8本

            メディア掲載のお知らせ

          • ものづくりの現場を訪ねて

            • 29本

            職人さんへのインタビューなど、 ものづくりの背景をお伝えします!

          • NEWS

            • 45本

            お知らせはもちろんのこと、イベント情報やプレゼント企画までまるっとお届けします!

          • Makuakeとものづくりと

            • 97本

            Makuakeプロジェクトのストーリーをご紹介します。

          • コラム

            • 47本

            暮らしにまつわるエピソードをご紹介していきます。

          • 手仕事とみらい

            • 7本

            想いをもった作り手と消費者をつなぐECサイト「CRAFT STORE」などを手掛ける「ニューワールド」。陶器や漆器といったものづくりの若き作り手が、活動の幅を広げられるように伴走しています。 連綿と受け継いできた伝統や文化をどう守り、新しい風をどう取り入れるのか。その解を求めて、デジタルマーケティングの領域で挑戦をし続けているのです。大手新聞記者として2,000人以上へ取材経験を持つ西雄大が、井手康博社長に3回にわたり、今後の戦略やビジョンを描いているのかお話を聞きます。

          • メディア掲載

            • 8本

            メディア掲載のお知らせ

          • ものづくりの現場を訪ねて

            • 29本

            職人さんへのインタビューなど、 ものづくりの背景をお伝えします!

          記事

          記事をすべて見る
            • まるで指輪をつけたよう…贈りたくなる、縁起の良い器「eni」シリーズに「スープマグ」が新登場!長崎からお届け

              ふくよかな曲線が、どこかアンティークのスープポットを彷彿とさせるようなフォルム。持ち手の八角形のリングがワンポイントに品よく映るようデザインされています。人と人の縁をテーマにしたテーブルウェアシリーズ「eni(エニ)」より、これからの季節に嬉しいスープマグとマグカップが登場しました。11月17日までの先行予約販売を実施。次回一般発売は2021年12月末を予定しております。 メッセージが込められた形はそのままに 八角形がアイコニックな「eni(エニ)」は、CRAFT STO

              スキ
              95
              • 商品レビューはファンレター?つくり手の「ファン」になる。酒器アイテムのレビューをまとめました!

                気づけば1年も残り2ヶ月……年末年始にかけてお酒を楽しむシーンが増えてきますよね。そこで今回はCRAFT STOREで人気の「酒器アイテム」からお客様のレビューをまとめてお伝えしていきます。お買い物いただいた後のみなさまからのレビューは、ズバリつくっている職人さんたちへの「応援メッセージ=ファンレター」でもあります。それでは早速みなさまから寄せられたコメントをご紹介していきます。 ろーたす 10ozゴブレット/木村硝子店(東京) まずひとつ目にご紹介するのは、木村硝子店の

                スキ
                20
                • 【保存数ランキング】Instagramで人気のアイテム2021年7月編

                  いつもCRAFT STOREをご覧いただき誠にありがとうございます。お店のInstagramで毎月更新していた「保存数ランキング」が想像以上の反響をいただきまして、今月から記事化することが決定いたしました!(パチパチ) Instagramを知らなかったという方は、これを機にCRAFT STOREのInstagramをフォローいただけますと幸いです。それでは早速ご紹介していきます。 1位 2021年上半期コレが人気でした!2021年上半期!みんなが買ったものランキングが堂々

                  スキ
                  12
                  • 捨てられるはずの端材が生まれ変わった!老舗桐箱メーカーから「木製オセロ」が誕生。

                    90年の歴史を持つ株式会社増田桐箱店から、桐箱と地球の明るいミライへの投資。【老舗桐箱メーカー、次の一手!端材をムダなく活かす “木製” オセロ登場。】が2021年8月30日までMakuakeにて先行発売を実施いたします。 URL:https://www.makuake.com/project/haco_toy_osero/ 知られていなくて、悔しかった 福岡県古賀市にある増田桐箱店は、その名の通りお着物や茶道の茶碗などを入れる「桐箱」を作るメーカー。創業昭和4年より桐箱

                    スキ
                    25
                    • 1991年からノーベル賞晩餐会のカトラリーを手掛ける老舗がつくる、究極のスプーン「スープ賢人」誕生

                      100年以上カトラリーと向き合い続けた食器メーカー山崎金属工業から、賢人シリーズ第2弾。 【人間生活工学から生まれた新提案!スープを深く味わうためのスプーン「スープ賢人」】が2021年8月27日までMakuakeにて先行発売を実施いたします。 一流に支持されるカトラリーを生み出すものづくり 金属加工で有名な新潟県燕市にある山崎金属工業。1918年の創業以来、カトラリーやテーブル周りの製品を欧米を中心に多く世に送り出してきました。 始まりは創業者の山崎文言氏が古くから盛ん

                      スキ
                      15
                      • 先着100名様だけの贅沢。自分好みにスライスする「佐賀牛極厚ビーフジャーキー」

                        佐賀県鳥栖市にある創業32年目のステーキレストラン「花やしき」から、銘牛「佐賀牛」を使用したプレミア「佐賀牛極厚ビーフジャーキー」がMakuakeにて先着100名様限定で販売しています。 広大な自然とステーキが楽しめる 株式会社花屋敷が運営する、佐賀県鳥栖市のステーキレストラン「花やしき」。ステーキ専門店として平成元年にオープンし、創業32年目を迎えました。 そこは4000坪の広大な敷地を彩る四季を愛でながら、ピアノやヴァイオリン、フルートなど生演奏の美しい音色に耳を傾け

                        スキ
                        1
                        • 折り畳めたらこんなに便利「ステーキナイフ」の新しい形!刃物のまち関よりお届け

                          刃物の産地「関」に本社を構える昭和39年創業の刃物メーカー「丸章工業株式会社」からマクアケ第3弾として「MCUSTA Folding Steak Knife(エムカスタ フォールディングステーキナイフ)」がMakuakeにて先行発売をしています。 刃物の聖地、関市で3代続く技術 岐阜県関市は、 鎌倉時代から独自の鍛刀技術を磨き、優れた刀剣を生み出し続けてきた地。伝統の鍛刀技術が現代まで脈々と受け継がれてきた場所です。 丸章工業株式会社はそんな刃物のまち関で、いち早く「最

                          スキ
                          8
                          • ナイトドライブ専用!?眩しさ減なのに明るさはキープ「ナイトグラス」が夜間運転を快適に!

                            創業約80年、先進技術を誇る眼鏡レンズ専門メーカー『東海光学』から、夜専用メガネ「ナイトグラス」がMakuakeにて先行発売をしています。 優しく快適な視界を実現したい レンズの素材開発から設計、加工、販売まで一貫体制を敷く東海光学のモノづくり。お客様の声をダイレクトに反映しながら、80年という歴史を培ってきました。 1枚のレンズに最新鋭の技術を注ぎ込む。そして日常でのより快適でクリアな視界を実現するため、眼鏡レンズにおける次世代技術開発に日々取り組んでいます。 今回

                            スキ
                            3
                            • タオルをなんとなく使っている人に試して欲しい!空気を織り込んだ「魔法のタオル」

                              日本を代表するタオルの生産地 今治より、選び抜かれたオーガニックコットンに空気を織り込む特殊工法「スーパーゼロ」で作る魔法のタオル「Air-thread(エアースレッド)」が登場! 人と水を結ぶ「SAWAWA」 ものづくりのまち 新潟県燕三条にあるアーネスト株式会社から、選び抜かれたオーガニックコットンに空気を織り込む特殊工法「スーパーゼロ」で作る魔法のタオル「Air-thread(エアースレッド)」が登場! ライフスタイルブランド「SAWAWA」のコンセプトは「人と水

                              スキ
                              13
                              • フライパンの寿命は何年?IH鍋で20年保証。燕三条が生んだ努力の結晶

                                金属製品の一大産地、新潟県燕三条から「IHを極めたフライパン」が登場! IH鍋のパイオニア 「IHフライパンプロ」は、1957年に創業したIH鍋のパイオニア、株式会社フジノスが手掛けています。当初は国産カトラリーの90%以上を作る新潟県燕市の洋食器工場として創業しました。 その後、1983年には国内他社に先駆けて多重層鋼鍋を開発し、1985年には国内外他社に先駆けてIH対応業務用鍋を開発。家庭用IHフライパンや鍋も製造してきました。その技術力と信頼性が評価され、パナソニ

                                スキ
                                11
                                • 【おうち喫茶】ささやかな時間に。 もっと充実感をくれるグラスたち

                                  初めまして。フォトグラファーの国分真央と申します。 去年の春に東京都から山梨県に移住し、ささやかな美しさにも感動する日々を過ごしております。 普段はポートレートや身近な自然を撮影しておりますが、コロナ禍を機にテーブルフォトにも目覚めました。 そんな中、器や特にガラスものなどが特に好きで、本日はお気に入りのグラスを撮影いたしました。 少しの間、お付き合いいただけますとうれしく思います。 暑くなってきたこの頃、グラスと清涼感を求めて 桜の時期も終わり、あっという間に外は初夏の

                                  スキ
                                  24
                                  • マスクありきのスポーツをどうにかしたい。100年続く老舗靴下メーカーの挑戦

                                    創業約100年の靴下製造メーカーから、靴下製造技術を応用したスポーツマスクがMakuakeにて先行発売をしています。 佐賀県で1つ1つ丁寧に作っています 1919年創業のイイダ靴下。一般的な靴下の他にも、サポーターやスポーツソックスなどを製造する会社です。 長年培った技術と最新設備で「高付加価値」にこだわり、直接肌に触れるデリケートな製品であるからこそ、日本のメーカーの力が発揮されると語ります。 技術を生かして『もっと』喜ばれる製品づくりを 近年のグローバル化により国

                                    スキ
                                    3