見出し画像

「女のくせに生意気」「会議が長くなるから」女性蔑視発言で私は会社を辞めました


森会長の女性蔑視発言が世間を騒がせている。

そこで桃子のエピソード。

昔、雇われていたとき会社の会議に出席した。

その会議では男性が20人位で女は桃子だけだった。

社長から「何か意見ないの?あ、女性の意見も聞きたい。発言してください」
と催促され
桃子は現場の問題点や改善したほうがいい箇所などを話した。

その会議のあと
”直属の上司”に呼びされてこう言われた。

上司A「おまえ、余計なこというなよ!会議が長くなるだろ」
上司B「女のくせに生意気だ!ああいうときは『特にありません』でいいんだよ」

目ン玉飛び出そうなくらい驚いたし悔しかった。
「え???なんのための会議なの?」
「会社をよくするための会議じゃないの?」
「女が提案しちゃいけないの?」

その時のことはいまでも忘れないし
忘れることはできない。

「結局、男社会なのか……もういい会社を辞めよう!別に男性に張り合っているわけじゃないのに、生意気と言われなくてはいけないのだろう。
仕事をしたかったからこれまでもセクハラやパワハラにも我慢してきた。でもここにずっと居ても”上”が変わらなければこの先も嫌な思いをするのは変わらない。それにここで必死に働いたとしても女性は上にはあがれない。
なら、自分が辞めるしかない。組織に属したらまた同じことの繰り返しかもしれない。そうだ、手に職をつけよう!!」

……と決心した。

神崎桃子の「今」があるのは
そんな理不尽な社会に納得できなかったからだ。


でも、でも、でも、今でも
コラムや本を読んだ男性から時折

「女のくせに生意気だ。くだらないこと書くな!」「なんだコレ、女が書いてるのか」と誹謗中傷されることもある。(※匿名か偽名で)

その度に傷ついてきたし、苦しんだ。
それでも自分を奮い立たせながらずっと書き続けてきた。

これが男性のコラムニストや著書さんだったらその確率がグンと減るんだろう。

記事を書いてるのが女だと気に食わない人もいるのだ。

露出があればあるほど
「女は生意気」と思われるらしい。

男性に向かって「男のくせに生意気だ!」なんていう女はいないのに。

どんな世界でも「女は余計なことを言うな」はまとわりつくのか……。

女性の夢を応援してくれる男性や女性の考えや意見を聞きたいといってくれる男性は
桃子からしたらまさに神!!ww

とにかく、パワハラで仕事を辞める人がなることを祈らずにはいられません!



この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
何より励みになります。これからも宜しくお願いします(*´∀`*)桃子
10
2011年プロライターとしてデビュー。男女のズレや生態を言及し、自ら経験して得た恋愛の教訓を各メディアで公開。2014年に執筆したコラム「男ってこういう生き物なんです!」は100万PV以上を集める大ヒット記事に。https://www.kanzakimomoko.com