逢月

『よふかしのとおぼえ』 その時の思いつきだけで書いています

『さよならたりないふたり』を観て

「さよならたりないふたり」という漫才ライブを観た。 たりないふたりはオードリー若林正恭と南海キャンディーズ山里亮太の漫才ユニットで、約5年ぶりに復活した。そのラ...

減っていく預金残高と有り余る時間と

夏ど真ん中で休職し気づけば年末といわれ始める季節になっていた。 復職にも自分の体調と職場とどちらも整備しなければならない問題があるよう。つまりまだ休職継続中であ...

衝動的でないために

戦いたい衝動みたいなものをどこにぶつければいいのだろう。その衝動が奥の方で湧き続けてしばらく消えないときがある。 戦いたいなら格闘家にでもなればいいのだろうがそ...

ESCAPE-②

休職も長くなると休職した理由を具体的に考えてしまう。 学生時代に学んだことの延長線上のような仕事内容であるので、仕事のベースはできていて当然という認識をされてい...

くだらねえとつぶやいて

エレファントカシマシの大名曲。僕はこの曲に少し思い出がある。 大学生のとき、後部座席から件の曲をかけつつタバコを吸い、開けた窓に肘をつきながら深夜の大通りを運転...

がらんどう

「自分がない」そんな自覚があるときから頭によぎり続けている。 子どものころから周りの大人たちがどういう返答を待っていて、その望まれた返答をなんとなく分かっていた...