新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

体育におびえる子をなくそう!アメリカ流体育のすすめ

体育の授業や運動会。運動が苦手な子には、公開処刑の場。

発達障害の子には、運動が極端に苦手な子が多いんだよね。目と手の協調運動が苦手だったり、チームプレーで自分の役割がとっさの判断で理解できなかったり。アイコンタクトだけでの意思疎通が難しかったり…。

でも運動が苦手なのは発達障害の子に限った話じゃないよね。そんな子たちにとって体育や運動会は地獄の時間。運動が思うようにできないもどかしさ以上に、滑稽な姿を友達や観客に晒し続けなきゃいけない心の痛み

今日のnoteのきっかけは、ツイッターのお仲間さんのツイートから。 

こんな状況じゃ、体育の時間は苦痛でしかないよね…。

アスペルガー症候群の息子も例に漏れず運動が苦手だったんだけど、アメリカにきて運動大好き&体育大好きっ子になった。

そんなアメリカのとある学校のユニークな体育の取り組みを今日は紹介します。

体育の目的は、体を動かし脳を学習に最適な状態にすること

息子の通う中学校では、毎日1時間目が体育です。それは、科学的根拠に基づいたもので、朝に適度な運動をすると脳が目覚め学習が効果的になるからなんだよね。これについて詳しいことは別の機会に触れようと思うけど、よくADHDの子が落ち着きがなくなってくれば、休み時間や授業前に少し運動をすると離席がなくなり落ち着いて授業に参加できるっていうのの延長です。

運動会はありません

「適度な運動」が目的の体育は、「その子にとって適度」なことが体育の学習のゴール。だから、他の子より早く走る必要もなく、苦手な事に意に反して取り組む必要もなし。だからそれを「誰かに披露する」必要もないし「体育を通じて連帯感を高める」必要もないから、運動会はなし。誰かの為に競わななくていい。

運動が得意な子は部活や学校外のスポーツクラブの試合で実力を発揮する場があるから、敢えてそれを学校でする必要もないんだよね。

それに運動会を「感動を提供する場」にする為に、運動が苦手な子や障害のある子供たちを犠牲にする必要なんてそもそもないはずなんだよね。

運動が得意な子は学校外で輝く場があるし、運動が苦手な子を悲劇のヒロインに祭り上げる必要もない。だからあくまでStudent-centered「その子にとって大切なこと」をするのが体育の時間。

やりたいことを選べるカリキュラム

「自分にとって」適度な運動が目的だから体育は個人のニーズに合ってなきゃ意味がないよね。だから体育のクラスには選択肢がいっぱい。学期ごとに好きなクラスに変更できる。

テニス
サッカー
野球
アメフト
バスケ
マラソン
バレーボール
と言った人気スポーツはもちろん

フリスビー
キックベース
アーチェリー
ヨガ
スケボー
ダンス
と言ったレクリエーション系

そして特筆すべき選択肢は
散歩
のんびりゆっくり散策♪
これなら体育ある日の朝にお腹痛くなる子もいなくなるでしょ。

自分のペースでステップアップ

そんな自由な選択肢の中から、散歩→フリスビー→キックベースなどを経て息子が最後に選んだのは「チームスポーツ」。運動が苦手な発達障害の子にはなんとも難しい選択だなって心配したんだけど「チームスポーツ」の目的をきいて納得。

これからの人生、ティーンエイジャーの間も、大学生になっても、親になっても、誰かと集まって下手でもなんでもスポーツを楽しむ機会ってあるよね。例えばバスケコートで何気なくバスケしたり、浜辺でバレーボールしたり。そんな時に自分が余りにも下手すぎたら自分も楽しくないし周りの人もがっかりだよね。参加せず観てるだけもつまらない。

だからチームスポーツでは、そんな未来のレジャーの場で

「出来るだけ自分も周りの人も楽しめるようになる為の必要最低限なスキルとテクニックを身につけよう&ルールを知ろう」

というのが目的。でも運動が苦手な子だけでは授業が成り立たないので、そのスポーツ(例えばバスケ)が上手い子は、手加減しながらバスケを試合形式でして、運動音痴の子が取りやすいパスを出したりシュートする機会をつくるお膳立て役として参加。

運動が苦手な子は、バレーボールならサーブ、サッカーやバスケならシュートやパスを受けて出す練習。

勝つことが目的じゃない。
ただただスポーツを楽しめるようになるための楽しい体育の時間

息子はこのチームスポーツの授業を受けて、それまで全くセンスのかけらもなかったバスケやサッカーが得意になって、高校で二部(一部は大学やプロを目指す子のみ)のいろんなスポーツ部からスカウトが来るようにまでなりました!

勝ち負けよりも大切なことを運動が得意な子も苦手な子も学べる。

それがこのアメリカ流の体育の良さ。
こんな体育ならやってみたい!っていう子、日本にもいるかな?

新型コロナウィルスの影響で休校が長引き、登校再開後のカリキュラムの見直しが行われてる今だからこそ「子供たちがそれぞれに必要なことを経験できる体育」の新しい形を模索してほしいなって思って書いた今日のnote。

体育の時間がどの子にとっても苦痛でも、恥をかく屈辱的な時間でもなく、その子がその子なりに何か得られる時間になるよう、先生方にも体育が苦手な子の視点に立って体育を見つめ直してほしいなって思います。

学び方の違う子達は、体育の時間にも「自分に合ったやり方が必要な子達」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

たくさんの方々に読んでいただいたり、支援方法を参考にしてもらえたらと思い記事を無料公開していますが、 今までもこれからも勉強を続ける私の為に「投げ銭」という形でご支援いただければすごく励みになります。 よろしくお願いします。

Thank you very much♪
482
アスペルガー症候群と診断された息子チャビの母です。 「このまま日本にいたら息子に明るい未来はない」と一念発起し、障害のある子にとってより良い支援環境があるアメリカに移住してきました。障害のある子の母として支援者として、私から見た息子やアメリカの支援について書き残して行こうかなと。

こちらでもピックアップされています

発達障害のこと、みんな知って~
発達障害のこと、みんな知って~
  • 152本

発達障害(自閉症・学習障害・ADHD)の理解をできるだけたくさんの人にしってもらいたいチャビ母の願いが込められたnoteたちです。

コメント (4)
DCDがひどく、特に球技が極端にダメになりテレビや漫画で題材になっている所を見るだけでも辛くなってしまった私には夢のような世界です……!

授業の進め方も人体のバランスに寄り添ってますしね。日本の根性論第一の体育が改善されたらいいなあと地味に思っていたり(^_^;)
はまださなさん

こんにちは。
DCDは辛いですよね。息子も大変でした。特に飛んでくる系の球技は今もあまり得意ではありません。そんな息子でも楽しめた体育に感謝です。

おっしゃるように、「根性論」ありきの体育が改善されていってほしいなって思います。やり方次第できっと、体育・運動・スポーツに拒否反応を示す子が少なくなると思うので。
息子も様々な理由で運動がひどく苦手です。なので、運動会は苦痛でしか無いようです。必要以上に心が傷つけられていると、常々感じていました。
↑上記のような、子供に寄り添った体育を日本でも取り入れて欲しいと強く感じます。
このアイディアが(SNSなどで)広く拡散されて、保護者、先生達の知るところとなると嬉しいです。
これは素晴らしい!ドッヂボールなんて野蛮なスポーツしか選択肢がなく、強制参加という小学校低学年の地獄……!球技の楽しさを知る前に、ボールへの恐怖心を植え付けるとは罪深いと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。