見出し画像

SNS時代の広告クリエイターは、自ら広告に火をつける

今日は、SNS時代のクリエイター・マーケターについて、思うところを書いていきます。

結論から言っておくと、「令和の広告屋は自らフォロワーを抱えておくべし」です。インフルエンサー化する広告マン、この流れは今後の大トレンドで、不可逆な変化でしょう。

なぜ、黒子に徹してきた広告屋が自ら発信し、フォロワーを抱えなければいけないのか。今日はそのあたりをnoteにまとめます。

待ちの広告は、埋もれては過ぎ去っていく

今、広告は、人類史上で最も見られない環境にあります。広告が出没しても埋もれて過ぎ去って行きやすいのです。

すごく簡単に背景を説明すると、こんな感じです。

-起業コストが下がり、商品の数が増えた
-商品の数が増えると、販促(広告)の数も増える
-さらに、SNSの普及で、商品情報の数も数百倍~に増えた。

昭和の商品情報量(ほぼ広告)を1とすると、今の情報反乱時代ではSNS上の口コミも合わせると情報量は10,000、または100,000くらいあるでしょう。

それくらい情報量に差が出ています。

広告は、誰かの目に留まってはじめて機能するものです。

根本的に、人に与えられた時間は昔と変わっていません。今の広告は、情報爆発によって相対的に人の目に留まりにくくなっています。

こうして、「待ちの広告」は誰にも気づかれないまま埋もれては消えていくを繰り返していきます。これまで通りのやり方で広告を出すのは、砂漠に水をまくような状態と同じわけです。

発信力は、スタート地点からアドバンテージ

もし僕が販促をお願いする事業主だったら、発信力のある個人クリエイター・マーケターに仕事を依頼します。

誰だったら分かりやすいでしょうか。刀マーケターの森岡毅さんもそうです。

ここに2つの新商品ブランドの販促キャンペーンがあるとします。

A:神マーケターの森岡毅さんが手がけた新商品ブランド

B:誰も知らないマーケターが作り上げた新商品ブランド

たとえ、AとBが全く同じ商品だとしても、森岡さんが「今回、私がこのブランドローンチを手がけました。みなさん、ぜひ一度試してみてください。」と発表すれば、スタートダッシュに成功するのはケースAでしょう。

逆にケースBの場合は、日の目を浴びずに、粛々とスタートすることになると思います。


僕は決して、「BよりAが良い」と断定したいわけではありません。ただ、初めから露出先と影響力を抱えているクリエイターに仕事を依頼したほうが、次の芽も見つかりやすい、効果も出やすいでしょう。

とくに広告のような販促コミュニケーションは、人の目にとまらず過ぎ去っていくと、何の資産にすらなりません。

逆に発信力を持っていると、「最低でも、そのクリエイター界隈の人たちの目には留まる」ことが保証されます。しかも、フォロワーの多いクリエイター界隈は、マス層ではなく、イノベーター・アーリーアダプターの人たちが多く、口コミが口コミを連鎖させる好循環も起こりえます。


「理屈は分かったけど、そんなクリエイターいるの?」って思った方に、いくつか事例を紹介しましょう。

広告屋が、自ら広告に火をつけるってどういうこと?

ここ2,3日のSNSをさかのぼるだけでも、発信力をもったクリエイターが自ら広告に火をつける事例はいくらでも出てきます。

エンゲージメントも高く、めちゃめちゃシェアされてますよね。しかも、本当に良い広告だから、まったく憎めません(笑)ぼくもついシェアしちゃいました。

最後に:このnoteを書くキッカケ

このnoteを書いたきっかけは、夜中にこんなツイートを見かけたから。ふとその瞬間に、「SNS時代の広告クリエイターは、自ら広告に火をつける」と着想しました。


情報爆発が起き、待ちの広告は何も反応されないまま消えていく中、広告主に提供できるひとつのバリューが「広告屋自らがフォロワーを抱えること」なんだろうなと思います。

抽象度をあげて話をすると、すべての職種がインフルエンサー化しているのです。

この絶対に後戻りできない潮流にどう向き合っていくのか、クリエイター、マーケターだけではなく、他の仕事に携わっているひとも考えてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

twitterでも情報発信をしているので、よかったらフォロ―してください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまでお読みいただきありがとうございます! 大の読書・コーヒー好きなので、いただいたサポートは、次の記事の燃料にします。

嬉しいです!
39
広告代理店でマーケティングをしてます。心理学・脳科学・行動経済学に興味がある方はぜひフォローを。複業家でもあります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。