さっきょく塾エッセイ

14

【12月課題 long ver.】ノイズとは

以下は課題エッセイのロングver.です。「#みんなはこう考えた」エッセイの長さは自由ですし、書く内容に困ってしまった方は、記事内で紹介された一曲あるいはテーマに関連ある他作品の感想や分析という形でも問題ありません。(そもそも私も今回、質問に真正面からは取り組んでないですしね。) 「美…

結局一人なのか。

【2月のさっきょく塾課題】 ひとりで作曲しますか?それとも誰かと共同で作りますか? に対するレスポンス。 *** もしかすると音楽は一人で作ることはできないのかもしれません。演奏家がいて聞き手がいるという構造から考えると、常に音楽は共同で作られている、とも言えるかもしれません。 …

【2月課題】 コラボレーション

わたしは「この人と何をやったら一番楽しいかな」というところから作曲を始めるのが好きです。よく誤解されるんですが、そこには、上手いとか下手とかは(ほぼ)関係ない。オープンマインドな人であれば、噛み合う地点が絶対あるのです。 *** 以前も載せたのですが、このパーカッションの曲は、im…

楽器とは何か。

自分で設定しておいて何ですが、なかなか難しい質問…。 いつも答えを全く考えずに先に質問を設定するので、凄く悩みながら書いています。よし、少し遠回りになるけれど、書き進めよう(実のところ答えは二の次で、これをきっかけに思考し続けることが大事)。 いつだったか、作曲家のハヤ・チェルノ…

【3月課題】 楽器とは

先日、facebookで興味深いディスカッションが起きていました。テーマは「オマージュ or 盗作」。テクノ業界のお話です。 発端はイタリア人音楽プロデューサーのDonato Dozzy(ドナト・ドジー)の投稿で、彼が共同経営するレーベルから発売した楽曲がサンプリングされ、他アーティストに無断使用されて…

楽譜とはなにか。

この質問を考えたのは、去年の年末だったかな。あれから一つ新しい曲を書き上げました。楽譜とはなにか、の問いに対して、少し実例を出しつつ、答えていきたいと思います。以下基本的なステイトメントです。 いつもやりたいことに応じて記譜法を一から考えるようにしている。そういった意味では、新し…

【4月課題】 楽譜とは

ノーテーション回の反応を見ていると「五線譜以外の記譜を用いるカルチャー」は条件が揃うことは稀なのかもしれないと思いました。作曲家が興味があっても演奏する人がいないと実行は難しいですものね、自分たちでパフォーマンスを行うなどの場合を除いては。じっさい今回はわたなべさんが明るくない分…

日本人であること

五月のさっきょく塾 思考論<間ってなあに?日本の感覚を現代音楽でつかう?> 面白く読みました。特にリザ・リムが対峙する文化との距離感に共感しました。そして自分にとって、日本を感じる瞬間がどこにあるか、考えてみました。 「日本人だから〇〇だね」「女だから〇〇だ」という言われ方はどうも…

【5月課題】 日本人であることは重要か否か?

さいきん久々にみっちりと作曲をしています。ここ数年は論文優先だったのでずいぶん久しぶり。楽譜書くの楽しいけど難しい、、、(´Д` ) *** さて今回主に取り上げた三人の作曲家(リザ・リム、スティーブ・タカスギ、ハヤ・チェルノヴィン)。よく見てみると多くの共通点があるもよう: ・現代…

【6月課題】 作品において、場所とは?

あなたの作品において、場所とは? 「自分の音楽」と「場所」についての考え、もしくはコンサートホールで演奏すること・しないこと、特定の場を想定して作品を書くことなど。 小出さんも書かれていたように、わたしも曲を書き始める前にたいてい演奏家が決まっています。でも演奏される「場所(箱)…