見出し画像

曲を作り始める時

さあ、曲でも作ろうかなーとDAWソフト立ち上げてギターを抱えてみたものの、何も浮かばない……日常茶飯事です。

曲が頭に降ってくる!!とかよく耳にします。
僕もそういう事がない事は無いですが、すげー稀。
やっぱりひねり出すしか無いんだなーと。

イメージが大事

初めにゴールを定めてから曲作りを始めるのがおススメです。
ボーッと作り始めても何とか曲になる事もありますが、打率が低いのでおススメしません。
途中で頓挫する原因にもなります。
制作に間が空いてしまっても、イメージを思い出せるので再開もしやすいです。

まずはPC閉じて、ギターを置いて、ノートとペンを用意します。
これから作りたい曲を段階的にイメージしながらメモっていきましょう。

ジャンルから考える
ロック、エモ、オルタナ、ファンク、メタル、バラード、歌謡、ジャズ、ボサ、ダンス、テクノ……
数多のジャンルから今作りたい奴を一つ選びます。

全体的な方向性、雰囲気、テンポや拍子、グルーヴなどざっくり設定します。
8ビートなのか、16ビートなのか。
4/4拍子、3/4拍子、6/8拍子なのか。
早め、ゆっくり、ノリノリなど。

どんな楽器を入れていくか
ディストーションギター、クリーンギター、アコギ、ピアノ、オルガン、ストリングス、ホーン。
ドラムはどんな感じ? ベースは?シンセ系はどうしよう?などなど

例:
・R&Bバラード、テンポ75
・しっとり聴かせる系
・ピアノメイン
・アコギのアルペジオ
・イントロやサビにストリングス
・ドラムとベースはR&Bバラードによくある系で
・参考曲:○○の「△△」

こんな感じでメモって、ざっくりでいいので全体像をイメージしておく事が、なんだかんだ近道だと思います。

既存曲からイメージに近い曲を選んで、楽器構成やら音色なんかの参考にしてもいいですね。

その後、いよいよギターを手に取ります。
イメージは大体頭の中にあるので、コード進行やメロも探りやすいはず!!


#音楽 #DTM #ボイトレ #ボイストレーニング #弾き語り #ギター #音楽教室 #音楽制作 #作曲 #レコーディング #戸田 #埼玉 #戸田公園

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
音楽制作と音楽レッスンのカリキュレーターズスタジオです。 埼京線の戸田公園駅から徒歩5分のところでマイペースに営業中。 制作の様子やDTMやボイトレのtipsなど。
コメント (2)
こんにちは! Team_LuckyBoy広報担当のなかたにと申します。
曲の作り始め…イメージが湧かなくて進まないこと、うちの音楽担当もよくあるそうです。
話によると、「のれるビートを作れるか」でその後の制作進行度合いが変わるそうです!
ビートが決まるとある程度イメージが固まるので、曲が作りやすいそうですよ!

ワークフローは違えど、イメージをもってから取り組むのはやはり大事なんですね!
音楽担当にこの記事の事を教えておきます!
初めまして。コメントありがとうございます。

「のれるビートを作れるか」
なるほど確かに!
イメージを明確にしておくという意味では一緒なのかもしれませんね。
勉強になります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。