見出し画像

きじとら リボンちゃん

我が家のアイドル
きじとらのリボンちゃん メス 2歳
(⬆上の写真は、まだ仔猫の頃のリボンちゃん)

以前飼っていたラグドールのオスが天に召されてからしばらく猫の居ない生活を送っておりましたが、やっぱり猫との生活を一度味わってしまうとどうしても、またあの癒しを求めてしまう。ふわふわのモフモフのゴロコロのフミフミのにゃんにゃんにゃんこ。

家族全員、猫ロス状態にありましたから、待望のにゃんこちゃん。保護猫活動をしている方から、譲っていただきました。

どうしてもメス猫ちゃんが良かったんです。なぜならば、それは我が家は男3人、女1の4人家族でして、男性3人の求める母性を、私が捻出できないと言う悩みがありました。そこへやってきてくれたのが、にゃイドルのリボンちゃん。溢れんばかりの可愛さと、人懐っこさと甘え上手なパーフェクトにゃイドルっぷりに、男性陣は悩殺され、翻弄され、悶絶して毎日に活気と潤いをもたらしてくれました。

リボンちゃんが初めて家に来た日、怖かったのでしょう。狭い狭い所で隠れて出てきてくれませんでした。

そんなリボンちゃんも今では、のびのびとくつろぎモードで過ごしてくれます。やっぱり猫は我が物顔で自由にやってくれているのが一番です。

これからも、我が家のスーパーにゃイドル リボンちゃんをよろしくお願いします‼

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お気に召しましたら、サポートよろしくお願いいたします。ボンボンのHPが回復します。サポーターのあなたには、サバイバルに必要な勇者の剣と、癒しのマドンナから(ФωФ)(●ω●)5万にゃんポイントが贈られます。サポートは(ФωФ)(●ω●)アタシ達のごはんになるのにゃん♪ちゅーる!

5000にゃんポイント♪あなたは何に使いますか?
35
レトロでノスタルジックな世界観を好み、猫のいる生活がたまらなく心地好い、2児の母です。 定型の兄と、発達障害児(ASD ADHD)の弟。同じ特性を持つ夫の四人➕きじとら、三毛猫の猫二匹と暮らしています。 毎日のストレスをできるだけ減らせる考え方や感じ方をいつも模索しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。