Seiji Bito

東京で働く総合医。ハロペリドールズのボーカル。ニューオーダーと相対性理論(やくしまるえつこ)とクレーと筒井康隆とフェリーニが好き。ブドウはジンファンデルとメンシア。 「うまくいかないからだとこころ」http://umakara.net/

「愛されるのが怖い」現象を資本論的に考えてみる

 先日、とあるオンラインイベントで話題になって気になったことがありました。それは、今の若い人が恋愛を不安に考えているということ。特に「愛されること」について負担…

「考える存在としての私」のこれからを理解する上での2つのOS:前半「知能」と「意識」

 このところ、自分の仕事を次のステージにもっていきたいという欲求が強まっています。そして、その根幹はガラにもなく、実際の医師としてのクライアントに対するサービス…

コロナ禍と認知 その8 「コロナ禍においても会食を止められない私の状況」を当事者研究する

 最初に言い訳がましいことを書いておきますと、今回のテキストは「この非常時になんてのんきなことを言っているのだ」と怒られそうなくらいにのんきな内容です。ただ、こ…

ルフィの「夢の果て」に関する妄想的分析 -「ワンピース」1000話に添えてー

「ワンピース」1000話達成おめでとうございます。単行本が累計1億冊となったときには、こんなマンガが存在していること自体が信じられませんでしたが、今や4億6000万部の…

官能的所作としての身体診察 ――伊藤亜沙 「手の倫理」感想文(その1かも)――

 「どもる体」に衝撃を受けて以来、伊藤亜沙さんのことは勝手に同志だと思っているのですが、彼女の最新作「手の倫理」の読書は、自分がずっと研究テーマにしていること …

「タコの心身問題」レビュー 哲学と、自然科学と、生活実践との理想的な関係

 ポストミレニアル時代においてとても大切だと感じているのは、哲学や美学などの学問と自然科学がもう一度お互いに寄り添い合っていくことだと個人的には思っています。私…