見出し画像

faraway place 1969, HUAWEI place 2069.

50年前の今日、日本時間7月21日の早朝。人類は初めて月に降り立った。
世界中の人間が、一人の人間の足跡に感動し、来たるべく「未来」に期待し、そして湧いた。
その時、僕は10ヶ月。恐らくはまだ立ち上がる事も出来ない赤ん坊だった筈で何も覚えちゃいないが、昭和40年代育ちの子供達にとって、このアポロ11号の偉業は自分達の将来が輝かしい世界になるという、ひとつの確かな指標になったのは間違いない。
その足跡を刻む1年前には映画「2001年宇宙の旅」の公開もあり、高度経済の中で目覚ましい進歩を遂げていく科学技術の発展は、その夢を現実へと昇華させるには十分な勢いもあったと思う。恐らく、僕を含めた多くの当時の子供たちは、本気で「2001年には宇宙ステーションが完成している」と思っていた筈だろう。
しかし、あれから50年。1972年のアポロ17号の月面着陸を最後に、月には誰も行ってはいないし、宇宙旅行でさえ今だに気軽にできるようなものではない。
「月」は相変わらず「遠い土地」で現実なのに現実とはかけ離れた世界.....

つづきはYAHABARTのホームページで読めます

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
自称ラクガキスト。「としまえん」の公式キャラクターデザインを担当。 < http://yahabart.com >