見出し画像

ライディング・ホッパー

「おっさきー!」
「遅え!欠伸が出るぜ!」

アカネとトウヤの声を無視し、地盤沈下で荒れ果てた道路を疾走する。二人の飛行型、多脚型に比べると二脚型はこの道で不利だ。だが、想定内。

超高層建築が見えてくる。余りに高すぎるため壁沿いを迂回するか、内部を押し進むのが定番だ。構わず直進する。大丈夫だ、きっとやれる。自分に言い聞かせる。

壁まで100メートル。ホップ。
エアロと爪先のスプリングが展開する。

70メートル。ステップ。
大腿部が180°回転し逆関節に変形する。

着地。バネ仕掛けのように身を屈める。
人工筋肉がギリギリと音を立てて伸張する。

ジャンプ。
凄まじいGと空気を裂く衝撃。景色が色付きの風のように流れる。

大崩壊後の世界。インフラ対策に開発された駆動脚(ライディングギア)は瞬く間に普及し、若者の間では駆動脚を駆り、廃都市を巡る競技レースが大流行していた。

世界が流転する。都市がミニチュアのように眼下に広がる。


【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート!サポートですって!アッここにあるのは私のamazonほしいものリスト!どうしてこんなところに!? https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1XCLS13WI5P8R?ref_=wl_share

励みになります!🙏💃
39
ニンジャ、音楽、ゲーム、ボカロなど。映画や漫画などの感想あり。雑記なので書くことにまとまりはないです。オリジナルパルプ小説を執筆連載中(不定期)。エンターテイメントを血肉に変えてクオリティオブライフを高める活動をしています。