見出し画像

佐藤文香『そんなことよりキスだった』(左右社)のためのプレイリスト29*ASKA「はじまりはいつも雨」 /GRAPEVINE「片側一車線の夢」 #そんキス

『そんなことよりキスだった』、29話目は「さとるくん」。本来ならばこの話で終わるべき、というような話ですが、あともう1話あります。かものはしが出てきます。

幸せで切ない、というのは、諦念を超えたところにある希望。そんな気持ちになれる2曲を。

ASKA「はじまりはいつも雨」。「愛してるかい 愛せてるかい」この「し」と「せ」が、キモ。

今夜君のこと誘うから 空を見てた
はじまりはいつも雨 星をよけて
                 ーASKA「はじまりはいつも雨」
                   歌詞は→こちら

あと、この「星をよけて」が、とても、いい。

GRAPEVINE「片側一車線の夢」。この動画は、ラストサビで舞台に出て行くところが何度見ても素晴らしい。

歌詞的には「俺は都会で少しは学んで」「かつてのようには若くないのがおっかないが」あたりが好きです(歌詞は→こちら)。音源だと歌が若干♭気味な気がするんで、ライブで聴いてほしいかも。

次回は、Toro Y Moi「New Beat」です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうござる
4
句集『海藻標本』『君に目があり見開かれ』、編著『俳句を遊べ!』『天の川銀河発電所 Born after 1968 現代俳句ガイドブック』、掌編小説集『そんなことよりキスだった』ほか。音楽と飲食、散歩と生き物が好き。日本語ラヴァー。http://satoayaka.com/

こちらでもピックアップされています

そんなことよりキスだった
そんなことよりキスだった
  • 37本

12月刊行の書籍『そんなことよりキスだった』の4篇、お届けします。 笑える。切ない。少しヘン!?下心満載!言葉遊びを少々加えた恋愛小説30景!! メガネで天パー。前向きで目立ちたがりな佐藤さんは、恋しかしてこなかった。 パワフルにあったて砕け、幾重もの恋がめぐる。 1995年神戸からはじまる新しい恋愛のかたち。 さまざまなジャンルとのコラボレーションするなど現代俳句に新しい風を吹き込んできた 短詩界のエース佐藤文香の個性が爆発! ★装画は同じく1985年生まれの漫画家山本さほさんが担当しています★

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。