見出し画像

市販品の危険を避ける【手作りふりかけ】はいかがでしょう?

【ふりかけは便利だけど】

日本人の主食であるごはん。

子どもが大好きな【ふりかけ】

黄金の組み合わせである。

画像1

あるところに

「子どもになるべく変なものは食べさせたくない」
と普段から食に気を付けているお母さんがいました。

「化学調味料不使用」「保存料不使用」など
安心そうな言葉が並ぶ【ふりかけ】を見つけ

「これなら大丈夫」
と手に取ってみたところ

裏の表示を見て棚に戻すことになりました。




よくある光景です。


特にお子様のいるお宅では【ふりかけ】はよく見られる光景なのではないでしょうか。

けれど

食品表示を見るようになるともれなく
うんざりすることができます。

着色料
甘味料
調味料
酸味料
酸化防止剤
増粘剤
その他もろもろ

多くのものがあの袋の中にひしめき合っているのです。


なんとかましなものを見つけたと思っても

画像2

アミノ酸等がいたり・・・。



今回は安心なふりかけを求めた私の結末をお伝えします。


たんぱく加水分解物とは

明らかに添加物だと思われるものはできるだけ避けるとして、

中にはよくわからない
「たんぱく加水分解物」なんていうものも。


これは、分類上は食品添加物ではありません。

「食品」に分類されています。

植物や動物のたんぱく質を「塩酸」で「分解」して作られている
調味料になります。

塩酸といえば理科の実験で使ったことのある
ものを溶かすあの薬品です。

画像3

私たちの体内にある胃液も塩酸。
消化と一緒。だから安心です。

と謳われています。

ですが、製造工程中に「発がん性の疑いのある物質」が微量ですが生成されるということが分かっています。

(「クロロプロパノール(MCP)」といわれるものです)

たとえ微量であっても、蓄積されたらどうなるか・・・。


アミノ酸とは

また、調味料などの中にある「アミノ酸等」

これもできるだけ摂りたくないもののひとつ。


なぜなら、人の味覚を「バカにする」から。


よく私は美味しいものを食べると「胃がバカになる」ことがあります。

美味しすぎると胃の秘密のゲートが開き、いくらでも食べられるような状態になることがあります。我が家では「胃がバカになる」現象と呼んでいますが、

味覚がバカになるのは怖いです。
特に子供たち。

アミノ酸は、いわゆる「うま味」を作るためのもの。


日本人は本来
鰹節や干しシイタケ、昆布などで「だし」をとったり
鶏ガラや魚のあらで「スープ」をとったり

食材のうま味が染み出たものを食事に取り入れることで【豊かな味覚】を養ってきました。

画像4

近代に入りますと、様々なものの研究が進み食べ物もその対象に。

みそ汁などに使う昆布だし。
「あのうま味を出しているのは何か」という疑問もわく。

研究が進んでみるとどうやら食品から
「グルタミン酸」が出ているらしい。
それがあのうま味を作っている。

ということは、
「グルタミン酸」を混ぜたら美味しいものができる

ということで作られたのが【うま味調味料】

手軽にうま味がとれる。


これを逆手にとって食品業界は多用するわけです。

たくさん入れたら「美味しい」といって「また買ってくれる」のですから。

画像5

味が濃いものは食べ続けるとそれが当たり前になって、味覚に異常をきたしてしまう。

その危険性を秘めたもののひとつが「アミノ酸等」


本来は人は繊細な味覚をもつ。

それはできるだけ自然な形でとってこそ育まれるもの。



手作りふりかけの提案

市販のふりかけではどうにもこうにも安心なものがない。

私自身が辿り着いた答えは、

ふりかけを作るでした。


【ごま塩】

黒ごま 80ℊ
塩   20ℊ

1、塩をフライパンで煎り、すり鉢でしっとりするまですりこぎでする
2、ごまをフライパンで煎り、すり鉢に入れ一緒にすりこぎでする

画像6

【カスタマイズふりかけ】

自分の好きな具を混ぜるだけのふりかけ

例①

手もみのり
乾燥わかめ
白ごま
干しエビ

画像7

例②

乾燥わかめ
黒ごま
くるみ
酒粕で作った粉チーズ

画像8


全部をすり鉢に入れすりこぎでする、だけ。


塩は細かいほうがよくなじみます。

ごま・干しエビ・くるみなどはフライパンで煎ってから使うと香りが増します。


混ぜただけ。しかも味付けは塩だけ。

だけど美味しい。


ひと手間ですが、煎ることで香りが格段に増す。

そして、することで栄養も吸収しやすくなる。

一口食べると香る、ごまや干しエビ・わかめの自然の香り。


その香りはふわぁっと鼻腔を刺激し、
私の食欲の扉を開ける。


作ってみると思ったより簡単でした。

そして、子どもたちに大好評。

「ママのふりかけかけて!」
定番となりました。


子どもと一緒にカスタマイズしながら作っても楽しいと思います。

自分だけの安心ふりかけ。

ふりかけ選手権も楽しそうだな。
妄想は膨らみます。


皆さまもベストオブふりかけ作ってみてはいかがでしょうか?



スキ&フォローどしどしお待ちしております(^.^)

綺麗道(きれいどう)


はじめましての方はこちら↓
【自己紹介】はじめまして綺麗道(きれいどう)です。

私目指していること↓
【食医】私がやりたいことが少しずつ見えてきた






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

あなたの100円が私にとっては大切な宝物に変わります。 本当は弱い私の背中を押してくれる。 さらに皆様に喜んでいただけるような投稿を目指しますので今後ともよろしくお願いいたします いつもありがとうございます。おかげさまで頑張れます!

とにかく嬉しいです!この気持ちあなたに届け!
66
【真膳美】心と体が芯から喜ぶ『真のごはん』で内からの輝きを。かつて私にとって食は罪。子供に毒まみれを食べさせるなんて最低な親…仕事と家庭でがんじがらめの私を闇から救ってくれたのは食の力でした。四柱推命×攻めの食事=からだ攻略ガイドhttps://kireido.stores.jp

こちらでもピックアップされています

【食革命に向けての実践】レシピ・食材・エッセイ・挑戦など
【食革命に向けての実践】レシピ・食材・エッセイ・挑戦など
  • 68本

ずぼらでもすぐ家庭でできるレシピ・薬膳による食材理解・食への挑戦・考察・探求など「綺麗道」の食への熱き思いをまとめました

コメント (20)
鵜呑みにして正解です😆
とっても素敵〜✨💕
手作りふりかけ素敵ですねー😊
我が家は作り置きはせずに、その場でご飯にゴマと鰹節をかけるだけです。
でも炒る方が栄養価があがるのかな?と思いました‼︎
自分だけの手作りふりかけのカスタマイズいいですねー😊
そして、私もアイコン変わってる〜素敵✨と思いました♡
綺麗道さんの柔らかな雰囲気が伝わる素敵な写真ですね‼︎
渋谷区おばさんさん
ごまと鰹節で十分美味しいですもんね^^
ごまは煎ったほうが吸収力も高まるというので、たまにはカスタマイズバージョンも作ってみてもいいかと思います!

アイコンに気づいてくださりありがとうございます♡素敵なんて嬉しい^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。