伊藤 文

食ジャーナリスト。作る人から使う人を繋ぐ「atelier DOMA」をパリにて主宰。共…

伊藤 文

食ジャーナリスト。作る人から使う人を繋ぐ「atelier DOMA」をパリにて主宰。共同経営者で庖丁専門家のマリナと、庖丁を中心に据えた発信を開始しました。www.affutagecouteaux.com @atelierdomaparis 東西融合新ワールドも研究開発中です。

マガジン

  • 美食大国フランスから。週刊食関連ニュース

    フランスを中心にした旬でコアな食関連のニュースを、週刊でお届けします。有名シェフやホテル・レストラン・食品業界、流行のフードスタイル、フランスで活躍する日本人の料理人、日本企業、和食の動向まで。 在仏25年。パリを拠点に食ジャーナリスト、執筆家として、あらゆるメディアで活動しています。著作としては誠文堂新光社「パリ、カウンターでごはん」、翻訳書には中央公論新社「ロブション自伝」など。 2017年に食のキュレーション・メディア「DOMA」を創立。クリエイティブな視点や発想、確かなネットワーク、豊かなコミュニケーション力を生かして、日仏企業やクリエーターをサポート。未来に求められる循環する食環境やマーケットを、過去の遺産とヴィジョンを糧に開拓、創造することを目指しています。週刊マガジンでは、食関係者にとどまらない多くの方々の豊かな発想の源となるような、最新の食ニュースを抜粋してお届けします。

ウィジェット

  • 商品画像

    ロブション自伝 (中公文庫BIBLIO)

    ジョエル ロブション
  • 商品画像

    招客必携

    グリモ・ドゥ・ラ レニエール
  • 商品画像

    パリ、カウンターでごはん: ひとりでも予約なしでも、おいしい食事とパリの魅力に出会える店

    伊藤 文,吉田 タイスケ
  • 商品画像

    -パリの人気店が公開!- シンプルを磨く、フランス焼き菓子レシピ

    伊藤 文
  • 商品画像

    料理革命

    エルヴェ ティス,ピエール ガニェール
    • 美食大国フランスから。週刊食関連ニュース

  • 商品画像

    ロブション自伝 (中公文庫BIBLIO)

    ジョエル ロブション
  • 商品画像

    招客必携

    グリモ・ドゥ・ラ レニエール
  • 商品画像

    パリ、カウンターでごはん: ひとりでも予約なしでも、おいしい食事とパリの魅力に出会える店

    伊藤 文,吉田 タイスケ
  • 商品画像

    -パリの人気店が公開!- シンプルを磨く、フランス焼き菓子レシピ

    伊藤 文
  • 商品画像

    料理革命

    エルヴェ ティス,ピエール ガニェール

最近の記事

日本酒週間@フランス全国 フランスの週刊フードニュース 2024.02.29

今週のひとこと 今週末日曜日、3月25日発刊の日経新聞の日曜版NIKKEI The STYLEのグルメ欄で「『Miso』発酵のおいしさ広げる」というタイトルの記事を企画担当させていただきました。WEBでも掲載されています。 この近年のフランスにおける日本の発酵食品に対する興味はいっそうに強まっており、独自に味噌や米麹を作るレストランのシェフたちに出会うことも少なくありません。乳酸発酵の漬物(ピクルス)を、エコを謳って余った食材で作るシェフたちが増えてきたのに驚いていました

    • 世界の珍味、日本の珍味@VESTA フランスの週刊フードニュース 2024.01.28

      今週のひとこと 公益財団法人「味の素食の文化センター」が編集・発行している、食文化を掘り下げる季刊雑誌VESTAの企画委員を2年前から担当させていただいており、2024年冬号において「世界の珍味、日本の珍味」の特集企画のアドバイザーとして関わらせていただきました。 食文化研究家でエッセイスト向笠千恵子さんの「日本の珍味、令和の今様」や、西洋中世史、食文化研究の教授 山辺規子さんの「世界の三代珍味不在の中世ヨーロッパのこちそう」、それにフードコラムニスト門上武司さんの「フラ

      • 父亡き日に@日本にて フランスの週刊フードニュース 2023.12.28

        今週のひとこと この麗らかな冬の日本に、クリスマス前にまさか帰国するとは思ってはいませんでしたが、先週、急を迫られて飛行機に乗り、いま実家でのときを過ごしています。 飛行機に飛び乗る直前に危篤の父の他界を知り、今までの帰国にはない寂しさ、想いを味わいました。ただ、亡くなる前日に電話で声を聞けたのと、ここ数年、5年以上は、動画で毎日決まった時間に30分の会話を両親と欠かさずしていたので、たくさんのことを分かち合えたということにおいて、後悔はありません。数えで88歳。来年米寿

        • 酒サムライ・千葉麻里絵さん@「ENYAA」パリ フランスの週刊フードニュース 2023.11.25

          今週のトピックス 11月20日、パリの和食レストラン「ENYAA」で、千葉麻里絵さんとのコラボレーションによる日本酒と料理のペアリングディナーがあると、情報通の友人に誘われて参加しました。千葉麻里絵さんといえば、日本酒界で知らぬ人はいません。2019年には「酒サムライ」の称号も受けています。広尾の日本酒バー「GEM by moto」の立ち上げから関わって、プロデューサーとして12年務めていた方。その噂は遠いパリからも聞いていて、日本通のフランス人の知り合いたちが、この店での

        日本酒週間@フランス全国 フランスの週刊フードニュース 2024.02.29

        • 世界の珍味、日本の珍味@VESTA フランスの週刊フードニュース 2024.01.28

        • 父亡き日に@日本にて フランスの週刊フードニュース 2023.12.28

        • 酒サムライ・千葉麻里絵さん@「ENYAA」パリ フランスの週刊フードニュース 2023.11.25

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 美食大国フランスから。週刊食関連ニュース
          伊藤 文
          ¥500 / 月

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          創業1852年のコンフィズリーLOUIS FOUQUETの輝かしい再出発@パリ8区アヴェニュー・モンテーニュ フランスの週刊フードニュース 2023.10.18

          やっと秋らしく冷え込んだパリ。今月末にはサロン・ド・ショコラ・パリも控えていてチョコレートの恋しい季節になってまいりました。 そんなとき一枚のインビテーションが舞い込んできました。老舗のコンフィズリー(砂糖菓子店、昔はチョコレートもコンフィズリーの一部でした)FOUQUETから。新しいお店をオープンしたというお知らせと、そのお披露目の案内でした。しかし店名が今までのFOUQUETではなく、1852年に店を立ち上げた人物LOUIS FOUQUETの名前になっている。新しい変化

          創業1852年のコンフィズリーLOUIS FOUQUETの輝かしい再出発@パリ8区アヴェニュー・モンテーニュ フランスの週刊フードニュース 2023.10.18

          南部風鈴の涼音@京都・清水寺 フランスの週刊フードニュース 2023.09.15

          今週のひとこと あっという間に1ヶ月の日本の滞在が終わって、パリに戻ってもう10日が経とうとしています。酷暑の夏でした。9月後半からその暑さも和らいでいくようですので、高齢の両親も思い、安心しています。 挨拶回りの京都にて、合間を縫って訪れた清水寺。噂に違うことなく、この酷暑においても京都の世界遺産を訪ねようと、国籍を違えた観光客で溢れかえっておりましたが、音羽山から見渡す境内の美しさには、久々に息をのみました。 あまりにも暑いため、仁王門をくぐり、いくつかの建物を仰い

          南部風鈴の涼音@京都・清水寺 フランスの週刊フードニュース 2023.09.15

          料理人、北村啓太@「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」最上階「apothèose(アポテオーズ)」  フランスの週刊フードニュース 2023.08.14

          今週のひとこと 近年は、フランスで活躍されている様々な業界の日本人の方がとても多く、私もパリに住む一人の日本人として励まされる毎日です。 北村啓太シェフもそうした一人。料理王国のウェブマガジンにて、パリから東京へと凱旋帰国されたばかりのタイミング、また下記で記した日本でのプロジェクトが公に発表されたタイミングを見計らって、インタビュー記事を公開させていただいています。 インタビューは北村シェフが日本に戻る前の5月にさせていただきました。15年間のフランスでの経験を振り返

          料理人、北村啓太@「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」最上階「apothèose(アポテオーズ)」  フランスの週刊フードニュース 2023.08.14

          アメリカ唯一の女性の3つ星シェフ@パリ9区 フランスの週刊フードニュース 2023.07.18

          今週のひとこと パリ・オリンピック開催はちょうど1年後。海外客の需要を見越して、パリではインフラ整備やホテル、レストラン、さまざまなショップのオープンが相次いでいます。コロナ禍後のオリンピックということもあり、レストランは新しい提供スタイルでの店づくりにも心がけていることを感じています。 レストランもホテルと同様、オンライン予約も当たり前になりました。まだまだ進んではいないのですが、レストランでは机上での注文、決済のデジタル化への移行も感じています。人手不足に加え、お客が

          アメリカ唯一の女性の3つ星シェフ@パリ9区 フランスの週刊フードニュース 2023.07.18

          庖丁研ぎアトリエ@パリのレストラン「アストランス」 フランスの週刊フードニュース 2023.06.18

          今週のひとこと だいぶ投稿まで時間が経ってしまいました! いつも読んでいただいてくださっていらっしゃる方々、大変申し訳ございません。 パリの3つ星を長年有して、昨年ようやく移転オープンを果たしたばかりの、パスカル・バルボ氏オーナーシェフ「アストランス」にて、弊社マリナ・メニニが庖丁研ぎのイニシエーションを開催してきました。 移転は、同じ16区ですが、より凱旋門近く、昔の故ジョエル・ロブションさんが3つ星を獲得した伝説的な場所として知られる「ジャマン」跡に。16区のお店は

          庖丁研ぎアトリエ@パリのレストラン「アストランス」 フランスの週刊フードニュース 2023.06.18

          ラングドックワイン「Le Prieuré Saint-Jean-de-Bédian」 フランスの週刊フードニュース 2023.05.17

          今週のひとこと 南仏ラングドックを代表するワイナリーの1つである「Le Prieuré Saint-Jean-de-Bédian」のボトルに、パリのあるワインバーで出会いました。 オーナーソムリエから、フランス・ジュラのトップワイナリー「Ganevat」と同じ所有者だったことがあり、同じフィネスを持つ素晴らしいワインだと勧められて、Ganevatファンとしては、このワインを開けることに。軽やかなペッパー香とオレンジ、グレープフルーツのような苦味と酸味が美しい、素晴らしいワイ

          ラングドックワイン「Le Prieuré Saint-Jean-de-Bédian」 フランスの週刊フードニュース 2023.05.17

          5月1日、スズランの日@パリの花店 フランスの週刊フードニュース 2023.05.01

          今週のひとこと 5月1日は勤労感謝の日。であるとともに「スズランの日」でもあり、大切な人にすずらんを贈るという風習があります。公道のあちこちにスズラン売りを見る風景は、春の訪れも感じさせてくれます 私のアパートの下には名フローリストの店があり、早朝からスタッフたちが忙しく働いて、中庭にも鉢植えのスズランの花が運ばれ、次々に覆い尽くされていく。スズランの香りが満ち溢れる、まだ肌寒い空気に僥倖を感じました。今日はたくさんの家庭にスズランが送り届けられていくのでしょう。 ギリ

          5月1日、スズランの日@パリの花店 フランスの週刊フードニュース 2023.05.01

          Bettane+Desseauveによるワインコンクール@パリ20区「ル・ソラリス」 フランスの週刊フードニュース 2023.04.17

          今週のひとこと Chat GPTがにわかに話題になっています。ITリテラシーは低いながらも、無視することはできない。便利なツールとして取り入れたい、利用したいと積極的に考えています。 Chat GPTのバージョンアップにより、チャットによる回答による精度が段違いに高まったということ。司法試験に挑戦すればトップ10%のスコア。今までの下位10%程度のレベルだったのが、この6ヶ月であっという間に進歩を遂げたということ。騒がれているシンギュラリティももう目の前ではないかと誰しも

          Bettane+Desseauveによるワインコンクール@パリ20区「ル・ソラリス」 フランスの週刊フードニュース 2023.04.17

          Chakaiseki Akiyoshi 茶懐石「あきよし」@パリ15区 フランスの週刊フードニュース 2023.03.24

          今週のひとこと 2ヶ月前ほどに、パリ15区に茶懐石料理店がオープンしました。名前は、ご主人である秋吉雄一朗さんがご自身の名字から取り「あきよし」に。茶懐石という世界を入り口にして、フランスの方々に日本の心を伝えたいという秋吉さんの御心から生まれたお店です。 京都・瓢亭にて10年の修行を積んだことが礎となり、パリOECD大使公邸料理長として就任。3年間のパリでの料理経験をされました。そののち、日本に戻り、日本の津々浦々でご自身の腕を試しながら、パリへの挑戦に結びついたのかな

          Chakaiseki Akiyoshi 茶懐石「あきよし」@パリ15区 フランスの週刊フードニュース 2023.03.24

          ミシュラン・ガイド仏版発表@アルザス地方ストラスブール フランスの週刊フードニュース 2023.03.07

          今週のひとこと みなさま、ご無沙汰をしてしまいました。何人かの友人からも連絡をいただいて、ご心配をおかけしてしまいました。数々の出来事やインプットを文字にまとめることは、頭の中のストックをしっかりと整理できる作業なので、できるだけ時間を割いてと思いつつも、2月はインプットが多いめまぐるしい毎日にて、いつものように筆が進まないのは辛いことでした。私の場合、料理という世界ですが、ミクロで物事を見すぎていると、マクロからの視点を失いがちになります。見地も狭まり、書きたいことも失わ

          ミシュラン・ガイド仏版発表@アルザス地方ストラスブール フランスの週刊フードニュース 2023.03.07

          ギャルリー・ワッツの人々@青山 フランスの週刊フードニュース 2023.02.03

          今週のひとこと 日本からパリへ戻ってきて早2週間が経とうとしています。1月もすでに終わって、2月に突入してしまいました。なかなかページを更新ができないでおり、申し訳なく思っております。ただ、いつも、斬新な情報にはアンテナを立てておりますので、お届けは怠らないよう頑張りたいと思います。 今回の日本では、昔からの友人と旧交を温めることのできたひとときもありました。 大学卒業後に某企業に1年勤務した、そんな時期がありました。懐の深い、とてもいい会社で、入社来、楽しい日々ばかり

          ギャルリー・ワッツの人々@青山 フランスの週刊フードニュース 2023.02.03

          祇園さゝ木さん@京都祇園 フランスの週刊フードニュース 2023.01.15

          今週のひとこと 年末年始の一時帰国中です。もう後半戦となり、離れがたさを感じる今日この頃です。仕事はもちろん、お年始のご挨拶のため、さまざまな方々を訪ね歩いた2023年の新春。 コロナ禍にてなかなかお目にかかれなかった大切な方々との再会は、心温まるものでした。多くの方々とのひと時と、いただけたお言葉、気づきは、語りつくせないほどです。 関西出張で、京都を発つ前に、祇園さ々木の店主・佐々木浩さんを訪ね、久々のご挨拶が叶いました。2019年の末、まさに新型コロナウィルス が確

          祇園さゝ木さん@京都祇園 フランスの週刊フードニュース 2023.01.15