見出し画像

天埜先生に質問!「AVOSで困ったこと」「Cafe_AVOSとリアルの違い」

こんにちは。若狭医療福祉専門学校 理学療法科、天埜先生のAVOS活用術シリーズ!最終回となる今回の記事では、インタビュー配信中に視聴者さんからいただいた質問と先生の回答をご紹介していきます。

インタビューの様子は、YouTubeでもご覧いただけます。気になる方はぜひご視聴ください。


Q1.AVOSを使って困ったことや改善点

質問1
「これまでAVOSの良い点を伺ってきましたが、反対にAVOSを使ってみて "もっとこうなったらいいな" とか "困ったこと" はありましたか?」

お〜、鋭いご質問!ぜひ天埜先生に率直なご意見を伺ってみたいですね。

回答1
先生:AVOSを使い始めた当初は、Androidスマホで音声が出ない、再試験の点数入力ができない、といった問題が発生していました。しかし、(AVOSのシステムが)アップデートされて、これらの問題は解消されました。

どちらの問題も解消されて一安心。AVOSは日々進化しています。

先生:また、バーチャル教室で授業をしている際に、学生さんが複数人いるため、他人のアバターの頭で(先生が共有している)画面が見えないことがありました。(学生さんたちの間で)「頭で画面が見えないからどいて〜!」といったことが起こり、とてもリアルで面白いなと思いました(笑)。しかし、この問題についても、AVOSの新バージョンに搭載された 「ダッシュボード機能*」で解消できると思います。

ダッシュボード機能
ダッシュボード機能サンプル

*ダッシュボード機能は、バーチャル教室内にアップロードされた写真や動画、その他の資料を各アバターの前に並べて表示できる機能です。

先生:このダッシュボード機能を使えば、学生さんは誰にも干渉されることなく、必要な資料を見ることができると思います。しかも、マルチに共有した画面を見ることができるらしいんです!

と、声を躍らせて語る天埜先生。以前は、例えば国家試験の過去問と回答を導くためのイラストを2つのプロジェクターに写して画面共有するなど、手間がかかって少々大変だったようです。先生は現在、旧バージョンのAVOSをご利用中のため、新バージョンへ移行した後にはダッシュボード機能を大いに活用していただきたいと思います。

先生:使っていくうちに、不具合やこうした方が良いということは色々出てきますが、フィードバックして改善していただいています。システムの専門的なことは分からないので、いちユーザーとして勝手なことを言わせてもらっています(笑)

利用者さんからの率直なご意見やアイデアこそ宝です!天埜先生、これからもAVOSをご利用いただき忌憚のない声をお寄せくださいね。もちろん、この記事をご覧いただいている他の利用者さんのご意見もお待ちしています。

Q2.「Cafe_AVOS」とリアルでの会話の違い

質問2
「"
Cafe_AVOS*" での生徒さんとの会話は、学校でのリアルな会話と違いがありますか?普段話せないことも話せたりしますか?」

Cafe AVOS1
Cafe_AVOSの様子1

*「Cafe_AVOS」は、放課後20時半以降に学生さんがいつでも天埜先生に質問できるバーチャルカフェ空間。学生さんからチャットで質問が入ると、先生が回答します。天埜先生のアイデアで始まった放課後の補習空間です。

回答2
先生:「Cafe_AVOS」は学生さんも自宅から参加しています。しょうもない冗談を言っても、ご家族が聞いている場合があるので極めて事務的です(笑)。

え!これは意外なご回答(笑)

先生:ご家族も聞いていると思って、分かりやすく説明するように心がけています。リビングで聞いているお父さん、お母さんが(授業の内容を)理解して、学生さんに教えてあげられるくらいのことをイメージして、ゆっくりと教えるように心がけています。

なるほど、先生の優しさがあふれていますが、面白いですね。

先生:リアルの学校のほうが結構冗談を言っています。「Cafe_AVOS」のほうは極めて事務的に分かりやすく、親御さんも聞いているつもりでめっちゃ分かりやすく話しています!

まるで授業参観みたい(笑)

先生:放課後に「Cafe_AVOS」をやっていると言ったら、きっと親御さんも「分からないことがあったら先生に聞いてみなさい」となると思うんですよね。授業が終わるとバスの時間があるのですぐに下校する学生さんが多い。そうすると分からないことがあっても先生に聞く時間がないんです。メールや電話で質問するのも学生さんからしたらなかなかしんどい。

先生:だから、「Cafe_AVOS」をオープンして「いつでもいるよ」という状態を作りたいんです。自分も帰宅後バーチャル教室にログインした後、ご飯を作ったり食べたり、テレビを見たりしながらくつろいでいるので全然大丈夫なんです。

先生:もちろん(Cafe_AVOSに)一人も入って来ない日もあります。そんな日は22時半頃に「じゃあ、もう閉めまーす。」と一人で言ってオフにします(笑)。でもテストが近づいてくると質問が多く入ってきますね。その声を拾ってあげたいんです。

優しい先生。視聴者さんからも「Cafe_AVOSの取り組みが素晴らしい!」「天埜先生の温かいお人柄が伺えます。」とコメントをいただきました。

Cafe AVOS2
Cafe_AVOSの様子2


天埜先生からひとこと

天埜先生の温かさとユーモアを感じながら、ここまで楽しくAVOS活用術を伺ってきましたが、最後に先生からひとことコメントをいただいて、今回のインタビューを終わりにしましょう。

先生:今後AVOSはますます発展していくと思いますし、どんどん使っていきたいです。例えば、3DオブジェクトなどAVOSを使ってしかできないこともしていきたい。また、仮想空間なので遠方からも参加できるような仕掛けをしていきたいです。

先生:自分だけでなく他の学校さんでもご利用になられたら、こんな使い方、あんな使い方がもっともっと出てくると思います。他の学校さんとも情報共有していきたいとすごく思っています。

天埜先生、どうもありがとうございました!

終わりに

このたび、天埜先生には貴重なお時間をいただき、バーチャル教室の使い方について詳しくご紹介くださり、どうもありがとうございました。あらためてお礼申し上げます。

AVOSは利用者さんの声を伺いながら、皆さんにより楽しく、より便利に使っていただけるよう日々進化を続けてまいります!今後のAVOSにどうぞご期待ください。

そして、今回のシリーズ記事を最後までお読みいただいただきどうもありがとうございました。


前回までの記事一覧

前回までの記事をまだ読んでいない!という方は、以下のリンクからぜひお読みいただけると嬉しいです。今後のAVOS導入・活用のご参考になりますように。

天埜先生インタビュー全編動画

今回実施させていただいた天埜先生のバーチャルインタビュー動画(全編)をご視聴になりたい方は、こちらをご覧ください。



☆ 無料でバーチャルスクールを作ってみよう!☆
AVOSの無料体験やお問い合わせは、以下のリンクからお気軽にどうぞ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!