見出し画像

「10年以上作り続けた、オーディオブックが輝き始める…」高音質化にあたってアプリエンジニアの想い。

先日もご報告した「audiobook.jpの高音質化」、皆さんすでに実感されていますか?

【アプリ最新アップデート】高音質化にいよいよ対応!SNSシェア機能も搭載!

今回、高音質化について中心となって取り組んだオトバンクのアプリエンジニア・今中にインタビューを行い、その内容をオーディオブックヘビーユーザーの漫画家・ぞえ(@kz_sue)さんが4コマ漫画にしてくださいました!

iOS の画像 (141)

高音質化に取り組んだ、アプリエンジニアの想い

「audiobook.jp(前身・FeBe)」が開始したのは、2007年。当時はまだまだスマートフォンで聴くという方も非常に少なく、ユーザーの皆さまにより自由なデバイスで楽しんでもらえる環境を実現するため「mp3音源」でも配信していました。(※現在もmp3でもお楽しみいただけます)

ウォークマンで聴いたり、PCでCDに焼いて聴いたり……デバイスフリーでお楽しみいただいておりましたが、デバイスも進化し、現在はアプリ1つでより便利に楽しまれる方が増えています。

そこで、これまでデバイスフリーにあわせたプロテクトの都合上、若干の音質劣化をやむなく行っておりましたが、今回のアップデートによりアプリで「高音質まま音声」でお楽しみいただけるようになりました!

残念ながら、従来の音質等によってすべてのコンテンツで対応している状態ではありませんが、対応しているものは「HQ」マークがついているのでぜひ探してみてください。

インタビューをしている際に、エンジニアの今中から出てきた言葉。

画像2

「高音質化を実現できて、サウンドエンジニアの編集力をより一層感じてもらえるようになりました。同じ機材を使っていたとしても、バラバラだった音を一つにまとめるうえで職人技が必要。オトバンクの10年分の歴史が輝きだした感じです。」

これからも、オーディオブックやポッドキャストなど音声コンテンツをお楽しみいただき「聴く文化」がさらに浸透していくよう、サービス改善を続けてまいります🔥

余談

日本能率協会総合研究所が発表したオーディオブックの市場規模調査で、オーディオブックの市場が今後さらに伸長していくと推測されています。また、調査内で「国内のオーディオブック市場を形成した」としてオトバンクが挙げられておりました。非常に光栄です。

これからもオーディオブックをさらにたくさんの方にお楽しみいただけるようにサービス成長を続けてまいります!

ちなみに…ひそかにaudiobook.jpのユーザーさんを中心としたLINEオープンチャットも開始しています。よろしければこちらもぜひご参加ください。

オーディオブックを盛り上げるのに、ぜひとも今後も皆様のお力をお貸しください!!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです!
14
オーディオブックの配信サービス「audiobook.jp」運営メンバーがお送りします。皆さんがオーディオブックを楽しむ際に、少しでも役立ったりもっと楽しくなるような情報をアップデートしていきます!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。