見出し画像

コンサルティング:仕事のメニュー。

コンサルティングを中心にした「仕事のメニュー」です。私のWeb Pageに書いても良かったのですが、noteの方がアップデートしやすいので、リンクを貼ってこちらに書きました。

私は映画監督なのですが、経営コンサルタントなど色々な顔を持っています。その中でも経営コンサルタントの仕事の進め方がわかりにくいと思い、コンサルティングの依頼主のために経営コンサルタントとしての仕事の仕方を中心に書いてみました。

私の仕事の道具箱は経済学、経営学、経営コンサルタントの技術、起業の技術、映画監督の技術、物語生成の技術、表現の技術、創造の技術、学習の技術が入っています。道具箱は著作とForbesのコラムを参照ください。

私は仕事を依頼されたら、この道具箱をひっくり返して、課題を解決します。

● コンサルティングの流れ 

ヒアリング→提案→OK→簡単な契約→コンサル開始

コンサルティングはメールなどで契約を簡便に済ますこともありますが、必ず、契約を結びます。そこまでは無料です。

● 月次顧問型、社外取締役型

お勧めのやり方です。経営者と常にキャッチボールしながら経営者に必要なスキルを学んでもらい、事業の成長を目指します。事業のリポジショニングには経験的には二年ぐらいの時間が必要です。

スクリーンショット 2020-01-27 01.08.23

 「小さくても勝てます」に書いた理容室は実在の理容室ですが、同じように少しずつじかんをかけて、SNS、スカイプなどを活用して指導します。

● 課題解決・ファクトベース型

外資系の経営コンサルタント達のアプローチです。デスクリサーチ、フィールドリサーチを行い、徹底的に考え抜いて、報告書を書くというアプローチです。このようなやり方も経験がありますし対応できます。この場合は依頼主が大企業の場合が多いので、事例の紹介は控えます。ある程度の事業規模の会社の経営戦略策定や新規事業開発などに適しています。

● クリエイティブ・プロジェクトプロセス伴走型 

スクリーンショット 2020-01-27 00.35.24

例えば、この「ビィのひみつ」はサッカーチームのアルビレックス新潟のアルビー君 とレックスちゃんにアーとルーとビィの子供が生まれると名前と生まれてくることだけが決まっていたときに、その世界観を作ることになった若いチームに依頼されて一緒に作りました。私が預かってしまって、私が作ってしまうこともできましたが、その方法は選ばず、あくまでも「物語生成の技術」「経営コンサルタントの技術」を組み合わせた新しいアプローチで創作をサポートしました。(本を買っていただければ、隅に私の名前が出ています)

依頼主自身が作るのを導くこのやり方だと「自分が作ったのだ」という思いを持っていただけますし、何より、依頼主が気にしなければならない制約や与件は100パーセント対応できます

依頼主にはアプローチを学んでもらえますし、誠実なやり方だと思います。

依頼主の創造のプロセスを伴走するというアプローチです。

同じようなやり方で商品開発マーケティング・プランの立案経営戦略の立案を必要にあわせて必要な理論をレクチャーして勧めていくこともできます。

海外進出、日本進出

国内外にネットワークあり、海外の弁護士、日本人の弁護士とも提携しており、コンタクトから、マーケティング・プランの立案・実施、契約締結までサポート致します。月次顧問型、課題解決・ファクトベース型のどちらでも対応できます。月次顧問型の場合は海外対応経費など別途必要になります。

ワークショップ、レクチャー、講演。
集合研修、ワークショップ、講演も致します。内容はその都度、依頼主にヒアリングをさせていただき、対応致します。

画像3

創造関連では、近刊の「直線は最短か?~当たり前を疑い創造的に答えを見つける実践弁証法入門」関連の講演、研修(一回完結)また、「直線は最短か?」で少し説明した「アイデアの見つけ方、目的の見つけ方」に沿った一年間に十回ほどで行う「弁証法活用新規事業/製品開発ワークショップ」(十回完結)が独自の切れ味鋭い内容でお勧めです。

ワークショップは日本語と英語で対応可能です。

お仕事の依頼はこちらにご連絡ください。ご依頼の概要をお伝えいただけましたら、提案とお見積もりをお出し致します。

阪原 淳

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援お願い致します。いただいたサポートは映画作りの資金に使わせていただきます。

おおきに。
3
映画監督 路上の哲学者、京都精華大学非常勤講師。短文で日々の気づき、発見、意見を書きます。 https://twitter.com/atsushisakahara 「小さくても勝てます」(読むだけで商売繁盛) http://bit.ly/33ScjnL

この記事が入っているマガジン

”KEEP WALKING"
”KEEP WALKING"
  • 200本

映画監督さかはらあつしのコラムです。短文だけど読者のためになる日々の気づき、発見、意見を書きます。是非、フォローしてください。※ 役仁立三シリーズ原作第一弾。 「小さくても勝てます」(読むだけで商売繁盛)立ち読みだけでも是非!→ http://bit.ly/33ScjnL

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。