新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

『災害時の英語』#防災の日

アスク

今日、9月1日は防災の日
99年前の1923年9月1日に関東大震災が起きたこと、暦の上で台風の襲来が多い二百十日にあたることなどから制定されたそうです。

政府、地方公共団体など関係諸機関はもとより、広く国民の一人一人が台風、高潮、津波、地震などの災害について、認識を深め、これに対処する心がまえを準備しようというのが、『防災の日』創設のねらいである。

昭和35年 1960年9月1日付 官報 第10110号

日本は災害の多い国ですが、住んでいるのは日本人だけではありません。近年でも、外国人の方が災害時に状況を把握できず、困ってしまったというニュースがありました。

想像してみてください。もしあなたが言葉の通じない外国で、自然災害や事故に巻き込まれたとしたら…
きっと何をしたらよいのか、誰に助けを求めたらよいのか、何もわからずに不安になりますよね。
でもその時、状況を日本語で話してくれる人が周りにいたらどうでしょうか? その人は「命の恩人」になるかもしれませんね。

そこで今回は、災害時に日本にいる外国人の方に手を差し伸べられるようになるための書籍、『災害時の英語』を紹介します。

予期せず降りかかる災難から、あなたの周りにいる外国人の「いのちを守る」ために役立ててほしいという思いでつくられました。

『災害時の英語』まえがき より

2014年に初版が発行され、現在の第2版では、2020年からの新型コロナウイルスの流行を受け、感染症に関するフレーズや情報も追加されています。

それでは、実際に災害時に使えるフレーズを見てみましょう!!

* * * * *

1.地震

「揺れがおさまるまでその場を動かないで」
Please stay there until the shaking stops.

「当ビルは耐震設計になっていますので、倒壊の危険はございません」
This building is earthquake resistant, so it's not in danger of collapsing.

「帰宅するより、オフィスに泊まるほうが安全ですよ」
Rather than going home, it's safer to spend the night in the office.

「揺れがかなり大きかったので、津波がくるかもしれません」
It shook pretty hard, so it may cause a tsunami.

「大丈夫ですか? 肩を貸しましょう」
Are you okay? You can lean on me.

* * * * *

2.火事

「煙を吸わないように、口を覆って」
Cover your mouth and try not to inhale any fumes.
※inhale は「インヘイル」と発音します。

「中に戻っちゃダメだ!」
Don't go back inside!
※燃えている建物の中に戻ろうとしている人に対して。

「風上に逃げよう」
Let's run upwind.

* * * * *

3.水害・台風

「多摩川の堤防が決壊したようです」
It seems that the levee of the Tama River has collapsed.

「もうすぐここも風速25メートル以上になります」
In moments, wind speeds will surpass 25 meters per second.

* * * * *

4.避難所

「避難所の場所は少しわかりにくいので、私が連れて行ってあげますよ」
The Evasuation Site is a bit difficult to find, so I'll take you there.

「11時から、ボランティアによる炊き出しがあります」
Volunteers will be serving food from 11 o'clock.

「水の配給は、1人あたり1日3リットルです」
The daily water ration is three liters per person.

「お祈りをするときは、3年2組の教室を使っていただけますか?」
For prayer, could you please use classroom 3-2?

* * * * *

5.とっさの一言

「助けて!」▶Help!
「火事だ!」▶Fire!
「急げ!」▶Get a move on!
「ふせろ!」▶Duck!Get down!
「落ち着いて」▶Calm down.
「すぐ助けが来ますよ」▶Help will be here soon.
「怪我をしていますか?」▶Are you hurt?

* * * * *

いかがでしたか?
上記のような災害の他にも、感染爆発、猛暑、停電、交通事故、テロ、原発事故など、幅広い非常事態で使えるフレーズが掲載されています。
その数はなんと約1500フレーズ
さらには、災害時や避難所で役立つ標識や掲示集、店頭などで使える感染防止のための張り紙など、役立つ情報が満載です。

災害に巻き込まれずに過ごしたいものですが、誰もが被災する可能性があるのが事実です。

私は川の近くの、ハザードマップのピンクの部分(堤防決壊時の浸水が3~5mと予測される場所)に住んでいます。地震だけでなく水害の際にも困らないように、自宅の防災グッズを見直してみようと思います。

備えあれば患いなし。

* * * * *

この記事が参加している募集

みんなの防災ガイド

英語がすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アスク
日本語・英語・中国語・韓国語・ベトナム語の語学書を作っています。 本の内容や著者の魅力、制作の裏話などの語学に役立つ情報はもちろん、たまには雑談も…。 複数のメンバーで運営しています。 https://www.askbooks.com