会議中にトキめいた言葉
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

会議中にトキめいた言葉

ちょっとした軽い打ち合わせから、サービスのリニューアルに関する重要な議論まで、会議には色々な種類がある。進行をチェックして「これなら良さそうだね!」という時は気持ちも明るくなるが、ネガティブな内容をシェアする際は気分が乗らないし、どんどん時間が長引く会議というのもなかなか辛い。

そんな数ある会議のなかで、今日はトキめいた言葉に出会えたミーティングでの出来事を紹介したい。

とあるインターン生について

WEBサイトのコンテンツ制作でご一緒している企業さんと、2週間に1度の定例ミーティングを開いた時のこと。新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生したため、お子さんが学級閉鎖になってしまった経営者の方も参加されていて、仕事だけでなくプライベートでも皆とても忙しくしているようだった。

少し雑談をして、お互いの業務について議論して、最後にその他の共有事項を話し始めた。すると、インターンの学生が2人ほどチームに新しく入ったのだが、いきなり2週間休暇をとったり、始業時間になっても勤務を始めていなかったりと、なかなかまだ仕事を任せられる状況にはないとの報告があった。

「たしかにその状態では厳しそうだな…」と私もその報告をだまって聞いていた。

Still Learning!

さすがにインターンといっても仕事は仕事なのだから、ある程度はしっかり責任をもってもらわないと、続けてもらうのも難しいよね。そう思っていた矢先、メンバーの一人が

They are still learning, Okay!

と言って、「うわ〜かっこいいな〜」とトキめいてしまった。

訳すと、こんな感じ。

彼らはまだ色々なことを学んでいる最中だからね!まあ一緒に頑張ってもらおう!

課題や問題、不安などをシェアする際は、躊躇したり、憂鬱な気分になったりすることはもちろんある。でもそこで誰かや何かを責めるのではなく、「まだまだ学べるよね、伸び代があるよね」というマインドがあるだけで、仕事やメンバーに向き合う姿勢も変わってくる。

そんな大事な気付きを私も学ばせてもらえて、なんだかハッピーなミーティングになった。



この記事が参加している募集

スキしてみて

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます、とても嬉しいです!
長崎県の壱岐島在住。フリーのライターとして記事を執筆しています。お仕事などのご依頼やご相談、雑談はm.dob1128@gmail.comまで。執筆記事はnoteのプロフィールまたはhttps://www.mi-chai.com/でまとめています。