misa

1993年生まれ。記事執筆や編集が主な仕事です。東京や石巻、バングラデシュを拠点に活動しています。新聞社の経済部記者などを経て、2019年5月からフリーになりました。

心が疲れた時に読んでほしい、おすすめの5冊

こんばんは、ライターの土橋です。 2020年はほとんどnoteを更新しないまま、あっと言う間に1年が過ぎてしまいました。自分のやりたいことに向き合う時間を確保する重要性…

自分のスキルのかけ合わせを考えてみる

今日は友人に声をかけてもらい、訪日外国人向けの料理サービスのお手伝いにいかせてもらった。料理は昔から好きだったので、なんとなくであれば作ることができる。英語もあ…

味覚は記憶をそっとたどってくれる

バングラデシュには「チャドカン」と呼ばれるお茶屋さんが道端にたくさんある。小さなティーカップに入ったミルクティーやチャイを飲んだり、お菓子を食べられる場所で、簡…

身近な人からの新鮮な学び

昨日と今日の2日間、旦那さんの出張に同行させてもらった。 行き先はバングラデシュの北西部・ラッシャヒ。首都ダッカからは飛行機で約30分の距離にあり、マンゴーの生…

教養とは他者への想像力だと思う

バングラデシュの大学で、人を待っていた今日の午後。 左右にかたかたする赤いプラスチックの椅子に座りながら、目の前の風景をぼーっと眺めていたら、3歳くらいの年齢の…

自分なりのカレンダーをつくる

年末年始を宮城県の石巻市で過ごした。牡鹿半島にある小さな集落に滞在し、いのちたっぷりの海の幸を頬張る。部屋の窓からはいくつかの実をつけた柿の木が遠くにみえた。「…