見出し画像

[Indicator] Switchable MA Package Extension

TradingViewでの自作インジケータ

こちらのインジケータの機能拡張版になります。
設定画面が見にくいため、一長一短なのですが2つ機能追加しています。

画像1

等差数列オプション

「AP」という設定値は初期値0ですが、0以外が設定されたときに等差数列の機能が有効になります。APの下にある「01 EMA (Base)」の値に対し、「AP」を足し、その値に更に「AP」を足す処理を10回繰り返します。

Length01 = 20
Length02 = (Length01 + AP)
.... to 10.

つまり「Length01」が20で「AP」が40なら
・Length02 = 60 (Length01 + AP)
・Length03 = 100 (Length02 + AP)
・Length04 = 140 (Length03 + AP) ....
のように自動で設定されます。
この状態ではLength 02からLength 10までの入力欄は無効として無視されるようになります。(「AP」を0にセットすることで有効な状態に戻ります)

X軸移動

こちらは「OffsetX 01」などの各数値を変化させることで任意の蝋燭本数分EMA(or SMA)の表示をずらすことができるオプションです。
各EMAごとに設定できます。
このオプションはEMAを一目雲のように使うなど通常と異なる用途でも便利に使えるようにということで付けることにしました。

以下受取方法。

この続きをみるには

この続き: 161文字

[Indicator] Switchable MA Package Extension

ArkWork

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

利益が出たり、何かお役に立った際にでもいただけると喜びます。

ありがとうございます!
3