見出し画像

さらっとデザイン史3〜グラスゴー派とウィーン分離派の活動〜

さらっとデザイン史2〜アールヌーボーからアール・デコへ〜の続きです。

ウィリアム・モリスが機械生産に異議を唱え、工芸復興を呼びかけることで生まれたアーツアンドクラフツ運動は、様々な思想や様式を生み出していきます。
用の為の美にこだわり続けたモリスの思想とは相反し、スコットランドの工業都市グラスゴーの展開には美への著しい傾倒も見られるようになってきました。

グラスゴー派の活動

グラスゴー派の中心人物として添えられるのは建築家であったチャールズ・レニー・マッキントッシュです。彼らの特色は幻想的とも思えるほど入り組んだ曲線装飾にありました。この装飾様式の由来はゲルト文明にまでさかのぼることもできますが、その造形の質はそれに世紀末的な妖しさが加味されたものでした。

画像1

チャールズ・レニー・マッキントッシュ(画):wikipedia

彼らの家具、ポスター、絵画作品、銀細工の時計、装飾パネルなどを1896年のアーツ・アンド・クラフツ展に出品されますが、展示会主催のメンバーらは、グラスゴー派の幻想的な曲線装飾を「奇妙な装飾の病」として、非難し、それ以後の出品を禁止しています。当時の多くの芸術家からも酷評されました。しかし、1893年に創刊された美術工芸の雑誌「ステューディオ」はグラスゴー派に対する批判が強まる中、唯一反対の立場をとり、1897年、グラスゴー派の活動を大いに紹介します。この記事の掲載が、同じ年のウィーンの美術家と工芸家によって結成されたウィーン分離派の造形運動に影響を及ぼします。
また、建築家であったマッキントッシュは一連のティールーム装飾の設計やグラスゴー美術学校の設計でも注目を浴びます。これらにはそれまで用いられていた曲線を使わずに垂直や水平が律儀的に配された構成を多用されています。この時期には、マッキントッシュの代表作であるハイバックチェアが初めて登場します。用をほとんど無視しながらも垂直と水平の端的な構造を備えた姿からは極めて、近代感覚に優れていたことが見て取れますし、以後のモダンデザインにも影響を及ぼしたと考えられます。

画像2

ウィロー・ティールーム 写真:wikipedia

画像3

グラスゴー美術学校 写真:Archdaily

画像4

2014年には建築家スティーブン・ホールによりグラスゴー美術学校 セオナ・リード・ビルがマッキントッシュの設計した建物横に建てられた。写真:Archdaily

ウィーン分離派の活動

「時代には時代固有の芸術を、芸術にはその自由を」1897年にウィーンで結成された分離派は、この精神を信条としていました。彼らが目指したのは分離派のその名の通り過去様式からの<分離>であり、新時代を切り開く芸術の創造にありました。
ウィーン派の中心人物には建築家オットー・ワグナーの弟子であるヨーゼフ・マリア・オリブリヒとヨーゼフ・オフマンがいます。

オットー・ワグナー:ワグナーの建築に対する姿勢は過去様式からの分離を目指しており、新時代に照応した材料や構造を駆使するところに求められた。1895年の著書「近代建築」でその骨子が提示されたことによってワグナーは「近代建築の父」としての名が与えられている。

分離派結成の翌年1898年、このグループの拠点として建てられたオリブリヒの分離派館も基本構造は近代建築を思わせるほどにシンプルな構成であると同時に、中央屋上には金色の植物がおおい茂っています。

画像5

分離派館 写真:wikipedia

恣意的な形象は抑えられ、だからと言って冷たい幾何学が優先するものでもない、合理と非合理が混在する分離派館では独特なスタイルが確立されています。
一方ホフマンはウィーンの地で1903年、工芸家集団「ウィーン工房」を設立します。ウィーン工房の代表作としてはブリュッセルの地に建てられたストックレー邸があります。

画像6

ストックレー邸 写真:世界遺産オンラインガイド

外観はまず角ばった形が目に入るが、それは、合理の所作ではなく、壁面には大理石が厳選され、壁面の白い方形を際立たせているのは入念な細工のある青銅の縁取りでした。
ホフマンとウィーン工房は1932年までこの種の優雅さを持続させていきました。それは近代デザインの歩調からは遠ざかった位置での活動でした。

装飾と罪悪:装飾からは逃れきれないウィーン派の活動は1908年建築家アドルフ・ロースによって強烈な批判を受けることになります。材料の持つ質感をもっとも良く示す事がロースの心情であり、何故に装飾を施すのかという精神をロースは持っていました。この考えはまさに近代合理主義へ、ロースからコルビュジェへ、一筋の歴史の軸線が繋がろうとしていた重要な過程であると考えられます。

さらっとデザイン史4〜AEGとドイツ工作連盟の活動〜

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
西和人/Archlife

建築に関して様々に情報を配信していけたらと考えています。 興味を持っていただける記事作成のため、ご要望や質問等も随時承っております! 何かありましたらkn@archlife.jpまでよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!
建築家|Archlife主宰|株式会社西和人一級建築士事務所|金沢科学技術大学校非常勤講師|日本建築士会連合会青年委員会|Hp:https://archlife.jp|Insta:https://www.instagram.com/kazutonishi_architects/