見出し画像

ホロライブオンステージーでいどり~むー&ときのそら1stワンマンライブ「Dream!」 ある少女の夢から生まれた夢のような一日 (約4300文字)

たくさんの「ありがとう」に包まれた夢のような一日


ときのそらと、彼女から、あるいはそれぞれのきっかけからホロライブを推してきた人たちが待ち望んだ日がその時やってきました。

ホロライブ・オンステージ~でいどり~む~
ときのそら1stワンマンライブ「Dream!」

ありがたいことに両日とも現地参加させて頂きました。

最推しのライブのレポートとなると全く文章が出てこなくなる…文章でも限界を迎えるということなんだろうか…そんなこんなで日にちだけが経ってしまい今に至ります。セトリ等は既に他の方が纏めて下さっているので、私は思ったこと感じたこと、それからこれだけ遅刻したからこそ伝えられる何かを書いていきたいと思います。


ホロライバーが作った白昼夢

画像3

ホロステでは出演者が思い思いの曲を持ち込んで披露していました。
あとで知った話ですがホロステはセトリ等は出演者が全て考えたそうです。MCでも言っていましたがまさにホロライブの文化祭的な意味合いというのも間違いではないのかなと思います。

開幕のDream☆Storyは最初そらちゃん以外の4人で始まり、「ときのそらだよ!」でそらちゃんが入ってくる構成。とっても上手い見せ方だと思います。
そして続いてAZKiちゃんで会場と、観客のコールの勢いを付けてからみこちゃん、メルちゃん、ロボ子さんと続きます。初めて歌ってみた思い出の曲や、思い入れの強い大切な曲。そして印象に残るあのコラボ曲。みこちゃん、ロボ子さん、メルちゃんの3人が練習してそらちゃんへ届けた夢色アスタリスク、ラスト5人でのShinySmileyStory。みこちゃんがMCでも言っていましたが、この日は5人だけれど、いつかホロライブ全員でステージに立ちたい。今はまだ白昼夢のようなステージかもしれませんが、絶対に叶えたい夢。そんな彼女たちの新たな晴れ舞台が楽しみになりました。

ホロライブ最高ー!!!


MCでそらちゃんへ投げられた質問
・今日の朝ごはんは?
チョコレートホイップを塗ったパン! そらちゃんやはりおしゃれというか可愛いというか…そして貴重な質問枠でご飯のことを聞くそらともも好き。
・(ホラゲ)コラボしたい相手は?
ここでキョロキョロするそらちゃん。ロボ子さんは危険を察知して(?)距離を取ります。
対して、「ホラゲ」の部分を聞いていなかったのかAZKiちゃんは前に出ます。
「コラボしましょう!そらちゃんの歌とか歌いたいです!」これはこれで楽しみが出来ました…。SorAZのコラボ待ってます。

会場で配布されていたAZKiちゃんのアルバムのフライヤー。彼女も12月29日に4thライブを開催する。チケットはなんと1,000円~。

画像5


みんなの夢がつまったステージは夢の色

画像4

1stライブは最初で最後。だからいっぱい盛り上がって、後悔のないように楽しんでいこう!
開幕のそらちゃんのMC。実はこれ、ホロステのMCでAZKiちゃんがそらちゃんに掛けた言葉でもあるんですよね。
1stライブは最初で最後。そらちゃんもそらともとライブでもっと強い絆を結んで下さい!
そしてそらちゃんとそらともはDream!でそれを実践してみせた。

Dream!では、そらちゃんは19曲もの楽曲を歌い切りました。
セトリとか、一曲一曲の感想に関しては他の方がたくさん語ってくれているし、ならば印象に残る曲を…といっても一曲一曲の全てにそらちゃんや、ここまで一緒に歩んできた全てのそらともとの思い出が詰まっていて…
長くなりすぎてしまうんですよね…(笑)
なので泣く泣く要所要所だけを語っていきます。

ときのそらを語る上では欠かせない「歌ってみた」楽曲

Dream!ではオリジナル楽曲だけではなく、ときのそらの活動の中で印象的なシーンを演出した「歌ってみた」の楽曲もいくつかセトリに盛り込まれていました。太陽系デスコ、アスノヨゾラ哨戒班、オツキミリサイタルの3曲です。

太陽系デスコといえば赤色のイメージが強いですが、青く輝く太陽系デスコもまた魅力的な空間でした。ライブでこの曲をなんなく歌い切るそらちゃん、そしてコールや手拍子で大いに盛り上がるそらともたち。めちゃくちゃ楽しい時間でした。
そしてアスノヨゾラ哨戒班、オツキミリサイタル。この2曲はイントロが流れてきただけでもう涙が出てきました。特にオツキミリサイタルはニコニコ超パーティーで歌っていた彼女の姿が対比させられました。
合いの手で「ぱぱん、ぱんっ!」と言うシーンがあるのですが、超パーティーのときのそらちゃんは「ふふっ…」とはにかんでいて、まだ恥ずかしさとか嬉しさみたいな感情が伝わってきました。Dream!の彼女の「ぱぱん、ぱんっ!」は堂々としていて、そんなところからもそらちゃんの確かな成長を感じさせられました。

ファンサ
この曲は事前にコールの告知もあった曲ですが、もう会場との一体感が半端なかったです。
そらちゃんはもちろん、そらとももまた、この一度しかないライブを成功させようと必死に練習してきた成果がバリバリ伝わってきます。そらちゃんの合いの手のフリもとても自然で可愛らしい動きをしていて、“アイドルっぽい”ではなくときのそらという正真正銘のアイドルがステージの上で輝いていました。
後日YouTubeにライブ音源のファンサがアップロードされたのはちょっとしたサプライズでしたね。この日の思い出がずっと残してもらえるのはそらともとしてはとっても嬉しいです。本当に最高の思い出をありがとう…!

コトバカゼ・フレーフレーLOVE
多田慎也さんの新曲と既存曲は連続で披露されました。
懐かしいような新しいような、それでいて頭に残るメロディの曲です。しかも披露したあと翌日に即配信開始!そらちゃんもすぐ届けられて良かったと喜んでいました。

今日は私にとって本当に幸せな日です!!

セトリがとってもずるく…いや、最高で、ヒロイックヒロインとブレンドキャラバンという「そらちゃん1人から歩み始め、やがてみんなが集まって行進になっていく」ような2曲で始まり、(アンコール前の)ラストの曲にはそらちゃんの「好き」という感情をつめこんだ好き、泣いちゃいそうだを。そしてアンコール(いっかなーいで!)後にはShinySmileyStoryと、夢色アスタリスクとラストにDream☆Storyを続けて披露しました。

夢色アスタリスクは、そらちゃんとそらともが歩み始めた最初の曲(実際に歌ってみたを投稿した最初の曲は路地裏ロジックの「木の芽時の空」)。活動初期の頃には特徴的な高音が出し切れておらず、心配するコメントに「本当にいい曲だから、ガチで歌いたいと思います」と感情を顕にする一幕もあった。とても思い入れの深い一曲です。Dream!ではライブ会場のそらともも自然に歌詞を口ずさんでいて、会場が一体になっていました。

「はじめましてときのそらだよ!」という自己紹介曲のDream☆Storyが最後に入ってくるのが最高にずるい…
まさにここからがときのそらとそらともの新しいステージのスタート!とでも言えるでしょう。
「私という存在を見つけてくれてありがとう」IMAGEsourceの前のMCではそう語るそらちゃん。
最初は1人だったときのそらの活動は、ホロライブになり、今や20人を超える大所帯になりました。いつか、夢の横浜アリーナへ

今日という一日は、わたしたちにとって本当に幸せな日です!!


新曲「フレーフレーLOVE」も披露され、ミニアルバム(2020年春)の製作も決定し、1stワンマンライブのその先へ歩み続けるときのそら。
次のライブで会いましょう!!」きっとその日は近いうちにやってくるんだと思います。
その日まで“止まらねえぞ!

そらともとは

ここではときのそらを応援するそらともについて、Dream!に関わるところでちょっとだけ語ってみようと思います。

(๑╹ᆺ╹) (╹ᆺ╹๑)
・ギリギリまで調整されていた寄せ書き横断幕企画

画像2

こちらは有志のそらともさんが企画したもので、そらともの絵師さんが描いたイラストをプリントした横断幕に希望するそらともさんが各々でメッセージを書いたものでした。
ちなみに会場への設置の許可は数日前にとったとか。
企画して取りまとめた方、快く快諾してくれた運営の方、参加、拡散してくれた皆さん本当にありがとう。

これは開場30分くらい前に公園で列を作って寄せ書きを書くために並んでいるそらとものみんな

画像1

・水リレー

当日の物販は朝から開催されていましたが、待機列が室内の階段に伸びてしまい、そこには空調が効いていなかったためサウナ状態でした。そこであとから来たそらともさんが梨はすを大量に持ち込んでリレーのように渡して回ったそうです。私は会場入りが遅かったためその場に居合わせることが出来ませんでした(着いた時には大体水不足が解消されていた)が、とてもあたたかい話です。

・渋谷組の終演後のガチ恋口上

ライブ終演後のそらともたちは感極まった状態でしばらくその場に留まっていました(この時配信はスタッフロールとそらちゃんのメッセージビデオが流れていました)。「そらちゃんありがとう!」と叫ぶ人や「えーちゃんありがとう!」「おるだん先生ありがとう!!」「YAGOOありがとう!!」「ホロライブ最高!」など関係者席に向かって各々感謝を叫ぶそらともたち。そしてそれは自然に始まり、会場に残っていたそらともたちに自然に広がっていきました。

言いたいことがあるんだよ!
やっぱりそらちゃんかわいいよ!
すきすき大好き!やっぱ好き!
やっと見つけたお姫様!
俺が生まれてきた理由
それはそらちゃんに出会うため!
俺と一緒に人生歩もう!
世界で一番愛してる!
ア・イ・シ・テ・ル!!

ときのそらガチ恋口上でした。会場の全員で叫ぶガチ恋口上は圧巻です。

しかし驚くのはこれだけではありません。

「私も…!みんなのこと、愛してるよ!!」


・花時の空

上で紹介したそらちゃんのSoraSongで最初に公開された「木の芽時の空」の続きを描いたイメージソング「花時の空」がDream!の日に公開されています。

・Dream二度寝
Dream!が終わっても夢は終わらない。そんな感じの企画です。
まあ、つまるところ10月13日で配信が終わってしまうDream!のアーカイブをみんなで視聴しよう!という企画なんですが、有料のアーカイブなのにこれだけ人が集まってワイワイやれるって本当にすごい…
企画自体は「#Dream二度寝」で10月12日の0時からと、10月13日の18時からの2回開催されましたが、1回目の際はTwitterのトレンドにも載ったとか…

「こんなにたくさんの家族みたいなそらともさんが沢山いて、あの頃踏み出してみてとてもよかったなって思います」

Dream!で読まれたそらちゃんの手紙の一部です。
本当にそらちゃんのことを想っていて、とても暖かくて、応援しよう!という気持ちが強い人たちだと思います。いつの日か、彼女の晴れの舞台である横アリをそらともでいっぱいにする日が楽しみですね!

そらちゃんと、彼女から広がった2つの夢で彩られた一日。
そこはそらちゃんだけでなく、大勢のみんなのありがとうで満たされた世界でした。

ときのそら

Twitter : @tokino_sora

YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCp6993wxpyDPHUpavwDFqgg



この記事が参加している募集

イベントレポ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくれてありがとうございます!!
11
Vtuberに魅せられた三十路のおじさんです。

こちらでもピックアップされています

Virtual Life
Virtual Life
  • 16480本

バーチャルとリアルの行方

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。