見出し画像

新しい一歩のために仲間を募集します

ハルタ
みなさんこんにちは。
TENTの治田(ハルタ:写真左)です。


ケンケン
TENTの竹下(タケシタ:写真中央)です。


アオキ
TENTの青木(アオキ:写真右)です。

画像23


アオキ
今日は仲間募集のお話なんですが、まずはその前に。

ケンケンさん最近どうですか?忙しいですか?


ケンケン
あ、はい。そうですねー。
まあそれなりにマイペースでやってはいますけど。


ハルタ
ケンケンはそう言うけど、毎日バタバタしてはいるよね。


アオキ
ケンケンの守備範囲は相当広いからね。
具体的には、何をしてるんでしたっけ?


ケンケン
TENTのストア と



idontknow.tokyoのストア


そしてJIU10のストア


それぞれに入った注文に関して、契約している倉庫業者さんへ発送依頼を行って。一部、事務所から発送するものもあるので、それは僕が梱包発送してますね。

あとは、ストアに様々な問い合わせが来るので、その対応もしてます。


ハルタ
あとは在庫の数をシステムに反映したりなんかもやってるよね。


アオキ
つまり整理すると
・発送依頼
・在庫管理
・お客様対応 の3つだ。

画像2

ケンケン
はい、その3つですね。

もちろん一人でやっているわけではなくて、治田さんと青木さん、そして手伝ってくれる外部の方もいるので、常に情報共有しながら協力してやってます。


ハルタ
で、それらをやった後に、デザイナーとしてのケンケンが登場する。


ケンケン
そうですね、午前中はストア周りのことをやって、午後からはデザイナーとして活動するようなイメージです。


アオキ
本当に、いつもありがとう。
ケンケンがいないとTENTはとっくに終わってます。

画像3


ハルタ

物販のほうでそんなに忙しいのに、昨年はデザイナーとして名作 SAND IT を生み出して。

画像4


ハルタ

さらに最近発売されたSPOTというブランドでは、全体のプロダクトデザインだけでなく、グラフィックやWebなど含む全ても担当したよね。

画像5


アオキ
いわゆるクリエイティブディレクターというやつだ。


ケンケン
まあそれも、治田さん青木さんと相談しつつ、Webはマトイクリエイティブさんに入ってもらったり、みなさんと一緒にではありますけど。


アオキ
そんな感じでデザイナーとしての才能が開花しまくってるケンケンなので、デザインのお仕事は増えていく。


ハルタ
一方でおかげさまで、ストアの方も好調でやることは増え続けていると。


ケンケン

さらにその上で、今回はビッグニュースがあるんですよね。


アオキ
はい、実は、




2021年夏頃から、TENTがリアル店舗をスタートすることになりそうなんです!!

画像6

ケンケン
発表しちゃいましたね。


ハルタ

場所はどこでしょう?


アオキ
東京都世田谷区の、とある素敵な場所の、小さな建物で。


ケンケン
とっても素敵な場所ですよね。


アオキ
はい。初めてのリアル店舗で。
そして、土日も営業しちゃうやつ。


ハルタ
すごく楽しそうですけど、これまで土日祝日休みのデザイン事務所としてやってきた僕たちとしては、かなり大きな変化になりますよね。


アオキ
ですね。というわけで、ここからようやく本題です。

デザインのお仕事も沢山あるし、EC(インターネット上のストア)も盛り上がっているし、さらにリアル店舗も始めるって言うんだから。

これはそろそろ、もうちょっと人を増やすべきなんじゃないかと。


ハルタ
端的に言うと「スタッフ募集のお知らせ」ですね。



どんな仲間を探しているの?


アオキ
というわけで「スタッフ募集してます!」って言って箇条書きすれば良いんでしょうけど、それだと面白くないし。

本当にTENTに来たい方が来てくれるのか不安でもあるので、長くなって申し訳ないんですけど、お話させてください。

2021staffwanted06のコピー


ハルタ
そうですね。2017年の募集記事にも書いたように
「デザインの仕事に関われるならどこでもいい」
という方ではなく

TENTだからこそ関わりたい」
という方に来て欲しいので詳しくお話ししましょう。

まずは今回、僕たちに何が足りていないのか


土日出勤が可能な店長候補


アオキ
まず絶対に足りていないのは、EC(インターネット上のストア)とリアル店舗の両方を運営できる、土日出勤が可能な人!


ケンケン
そんな方、いるんでしょうか?


ハルタ
きっと、どこかにいると、信じたいです。

画像8


アオキ
僕たち三人が「絶対に土日は休みたい」とかそういう話ではないんですけど、どうしてもクライアントワーク(企業などからの受託)としてのデザイン業務を行う場合には、平日を稼働日にせざるを得なくって。

そうすると、どうしたって土日に人手が足りなくなる。なので「土日出勤、休みは平日でも問題ないよ」という方を、まずは探しています!


ハルタ
ECやリアル店舗などで、お店の運営経験がある方はもちろんありがたいですが、なんせ僕たちもゼロからスタートするお店だから、一緒にあれこれ考えながら運営スタイルを確立していくことになります。

なので、運営経験が豊富というよりは、いろいろ実験して仕組みを作っちゃえるよ、という方が向いている気がしますね。


アオキ
ケンケンも今となってはECストアのエキスパートと言えるけど、かつては


ケンケン
はい、入社したての頃は、全くやったことなかったんで。ことあるごとにお二人に聞いて、やり方を作っていきましたね。


アオキ
というわけなので、一人目は、やったことないことにもチャレンジできちゃうタイプの、ECとリアル店舗のどちらも含む店長候補さんを募集したいです。


ハルタ
どんなお店になる予定なのかも説明しておきましょうよ。


アオキ
基本的には、TENTが関わったプロダクトを販売する小さなお店を予定しています。

店舗として例えば「季節ごとにブランドを入れ替える」など、いろいろ企画を考えられるので楽しいと思うのですが

画像27

画像25

画像24

画像27

画像28

参考写真:過去の展示ブースや発表会場


アオキ
1点、面白くないかもしれない部分がありまして


ケンケン
面白くないかもしれない部分


アオキ
はい、なんせ「TENTが関わった製品」という制約がありますんで。
「買い付け」ができません


ハルタ
いわゆる「バイヤー」として商品を仕入れるという権限が、ほとんどないってことですよね。


アオキ
そうです。もしかすると少しは買い付けモノをやるかもしれませんが、少なくとも買い付けがメインのお店にはならないので、ここは、すみません。

ただその代わり、とっても楽しい点が1つあります。


ケンケン
なんでしょう


アオキ
なんせ僕たちTENTは、ゼロからものづくりできる集団ですから。
「買い付け」じゃなくて「商品づくり」ができるわけです。


ハルタ
こんな商品を取り扱いなと思ったら、ゼロから生み出すことができる。


ケンケン
おお、それは楽しそうですね!

画像9


アオキ
TENTは常日頃から新商品を開発し続けてますから。ストアを運営する立場から開発に参加できるっていうのは、普通はなかなか体験できない醍醐味だと思うんですよね。



TENTのモノづくり関連の話はこちらから



ケンケン
でもゼロからのモノづくりに参加するってなると、特殊なスキルも必要になりそうな気がしますけど


アオキ
それは、その人次第かもしれないです。単に「僕たちの商品開発を横で見ながら、ちょこっと意見が言える」という立場もあり得るし。

もしデザインや開発をしたことがある人であれば、図面引いたりとかもできるかもしれない。


ハルタ
そういう意味では、すでに書いた「店長候補を募集する」っていうのとは、また話が違ってきませんか?


アオキ
はい、そうなんです、なので、2つめの募集のお話をしますね。


TENTみたいな働き方を目指すスタッフ


アオキ
ケンケンさんって、最初はどうやってTENTの仲間になったんでしたっけ


ケンケン
募集記事を読んでメールしましたね。
学校を卒業してすぐだったこともあって、最初からデザイナーとして採用されるスキルは持っていなかったんで。

ゆくゆくはデザイナーとして働きたいけど、まずはインターンがやりたいですって申し込みましたね。

画像10


ハルタ
最初はそれこそ、毎日発送作業をしてもらって。ちょうどポップアップストアもやってた時期だったから、搬入の手伝いもしてもらったよね。

画像11


アオキ
発送や搬入とかでバタバタする傍らで、フライパンジュウのハンドルの構造アイデアを考えてもらってた気がする。


ケンケン
はい、発送作業の合間に、青木さんが考えてるのと別の案を検討してました。


ハルタ
そして、徐々にデザインの時間が増えていった感じかな?


ケンケン
そうですね。
DRAW A LINE のハンガー


象印STAN.シリーズ


TOMOSのシリーズ

画像12


なんかは、アイデア出しから参加しました。

この頃はもちろん僕のアイデアは採用されなかったんですけど、図面を引いたり、3D-CADのお手伝いしたり、指示書を描いたりしながら、デザインの流れを身につけていった感じですね。


アオキ
その間にも、発送作業は行いつつ。

ケンケン
ですね。発送やお客様対応してからデザイン。


ハルタ
そして、冒頭に挙げた『SAND IT』が発売。
あれはアイデアから構造からパッケージまで、何もかも担当したよね。

画像13


ケンケン
はい。はじめてゼロから関わることができた製品でした。


アオキ
SAND ITの人気が絶頂の最中に、さらに登場したのが
これも冒頭に挙げた『SPOT』シリーズ。

画像14


ケンケン
そうですね。


アオキ
プロダクトデザインだけでなく、ブランド立ち上げの全てを担当した。
発送作業やお客様対応をやりながら。


ケンケン
そうですね。この時はさすがに、倉庫業者さんへ発送作業をお願いするようにはなってましたけど。


アオキ
デザインの仕事と並行して、今に至るまでお客様対応や発送作業をしているわけだけど、実際のところ、どう?

デザインになにかしら良い影響は、、、


ケンケン
はい、良い影響があったと思いますよ。


ハルタ
さすが!


アオキ
お客様対応や発送には、デザインの本質が詰まって、、


ケンケン
はい。詰まってます。笑

必要なのは「気遣い」ですね。

画像20




ハルタ
気遣い、ほんとそうだよね。


アオキ
ですね!
お客さんに直接届けてフィードバックを得られるっていう、僕がインハウスデザイナーの時には味わえなかったこの体験。

そこから自然に身に付く「気遣い力」は、デザインの腕を磨く上で本当に生きる経験だと思ってるんです。

画像16

だからTENTでは、あの人はデザイナーでこの人はショップスタッフって線引きを本当はキッチリやりたくない

僕だって店頭に立ちたいし、ストア運営したい。

つまり、TENTが思う仲間っていうのは、あまり自分の領域を決め込みすぎずに、工夫して挑めちゃう人だったりするんです。


ハルタ
わからなかったらみんなで考えれば大抵は何とかなりますしね。


アオキ
だからもしかすると、最初に書いた「店長候補」というより、本当はもっと単純に「TENTみたいな働き方をする仲間」をもう一人探してるのかもしれないです。


ハルタ
それって具体的にはどういうことなんですかね?ケンケンみたいな人ってこと?

画像17




アオキ
例えば、ケンケンみたいにまずはインターンとして参加して、お店の運営だって何だってやって。

そうしていく中で、その人らしい働き方ができていくというやり方もあるのかなと。


ハルタ
けっこう無茶なことを言っているような気もしますけど


アオキ
ですね。でもハルタさんも僕も、そしてケンケンも。デザイナーとして活動しながら、みんなでストア運営もやってきたわけだから。

もしかしたらそういう形を望む人も奇跡的にいるかもしれない。


ケンケン
僕もできてるので、大丈夫ですよ。

画像18




ハルタ
じゃあその2つ目の募集を言葉にまとめると、どうなります?


アオキ
シンプルに「インターン募集」あるいは「アルバイト募集」になると思います。そこからご希望があれば、もっと深い関わりになっていくイメージかなと。





それぞれの弱点

ケンケン
ここまでの話だと、僕が「何もかもできるすごい人」みたいに見えちゃってる気がして、それはちょっと違う気がします。


アオキ
あら、そうかな?
でも確かに、僕たち三人がすごい人みたいに見えちゃうとしたら違う気もするね。

じゃあ、それぞれの弱点を明確に書いていきましょっか。


ハルタ
いいですね。その方がイメージが湧きやすいかもしれない。


アオキ
まずは僕ですね。
勢いで色々やっちゃうところがあるので、机が散らかっていたり、片付けがきちんとできてなかったりします。

ババっと撮影したらカメラが出しっぱなしになってたり…

画像19




ハルタ
ケンケンがササっと片付けたりしてますよね。


アオキ
ハルタさんの机はいつもきっちり整理整頓されてますよねー。ハルタさんの弱点ってなんだろう。


ハルタ
僕は、うーんそうだなあ。一人のときにじっくりアイデアを練る傾向があるので、電車を間違えたり真逆の方向に行ってたりしますね。

画像20




アオキ
確かに!

ケンケンはどうだろう、言葉かなあ?


ケンケン
そうですね。言葉を考えるのが苦手です。例えば製品を紹介する時とかに。


ハルタ
ニコッてして話を終わらせるみたいな所あるよね。

画像21

アオキ
あとは三人とも共通して、事務仕事や数字の計算が、少し苦手だったりもしますよね。まあ僕が一番苦手なんだけど。


ハルタ
そうですね。まあ僕は一人で事務所やってた時から20年くらいやり続けてるから、できなくはないんですけど、「事務的なアシスタントもできる人がいてくれたらなあ」って思ったことは過去に何度もあります。


ケンケン
そのあたりも協力してできるとありがたいですね。


アオキ
話がまとまってきましたね。
そんなわけで、TENTが新しい一歩を踏み出すために欲しい仲間は、こんな感じになります。



1.店長候補さん
土日勤務が可能で、ECとリアル店舗の面倒を見られる、事務系作業が苦手ではない人。SNSに抵抗がない人。給与の金額などは面接など進めつつ話し合いましょう。

2.インターンさん
まずは2週間のお手伝いをしながら、TENTのお仕事体験がしてみたい方。給与などはありませんが、参加したい日だけ参加すればOKです。ただし、できれば土日もなにとぞ。

3.アルバイトさん
土日勤務が可能で、デザインに興味があるしお店にも興味がある方。SNSに抵抗がない人。給与の金額などは面接を進めつつ話し合いましょう。

画像22

アオキ
もちろん、僕たちの想定を越えて、この枠ではないもっと最適な枠が存在する可能性もあります。

そういう場合には「4.特別枠」として、どんな関わりがありえるか含めて提示いただけるとありがたいです。



ハルタ
いったん4月末までを目処に連絡をいただきたいですが、連絡をくれた方から対応させていただきたいと思います。


アオキ
はい。まず、すごく気軽に連絡をとりたい方は、TENTのfacebookページからDMをいただけると、一旦 カジュアルにやりとりできてありがたいです。

青木にマシュマロ投げてもらっても良いです。
答えられることは、答えます。
https://marshmallow-qa.com/aoki_tent?utm_medium=url_text&utm_source=promotion



それなりにきちんと連絡をとりたい方は、メールに下記の件名と、質問の回答を記入して送ってください。

※多数の応募をいただいているため、全ての方へ返信できない可能性がございます。もし連絡後一週間しても返答がない場合には、本当に申し訳ないのですが、今回に関してはご縁がなかったという形になりますので、ご了承ください。
メールアドレス
info [at] tent1000.com
(atをアットマークに変えてください)

メールに記載する項目
件名:TENTのお仕事仲間の件

質問
1.分類1~4の何番をご希望ですか(複数回答可)
2.TENTを知ったきっかけは何ですか
3.仲間になりたいと思った理由は何ですか
4.見せても良いよというSNSアカウントを教えてください
5.自分ならどんな力でTENTに貢献できそうですか
6.これまで何をしてきたか、簡単に実績などを教えてください
「作品や実績の資料をぜひ見て欲しい!」という方は、Webのリンクかデータを添付してください。
データ添付の場合には、A4用紙2~3枚程度に収まるくらいの軽いデータで、jpgかpdfにてお願いします。

アオキ
物理的な重たい作品集などを直接送付しないでくださいね。まずは軽いメールから始めましょう。



ハルタ

全ての方へ返信できない可能性があります。もし連絡後一週間しても返答がない場合には…


アオキ
本当に申し訳ないのですが、今回に関してはご縁がなかったという形になりますので、ご了承ください。


ケンケン

新しい出会いを楽しみにしています!


ハルタ ケンケン アオキ 
よろしくお願いします!

画像23








TENTのお仕事の考え方がもっと知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!



ここまでお読みいただきありがとうございました!

求人記事ではありますけど、それと関係なく、ただご意見ご感想のある方もコメントやメールをお気軽にいただけると嬉しいです。

そして、気軽にシェアいただけると、大変たすかります!

画像29


よろしくお願いします。



「♡マークのスキ」は、noteにアカウントを作っていない方でも押すことができます。この記事を「いいな」と思った方は、気軽に押してみてください。

Twitterやってます
https://twitter.com/aoki_TENT
Instagramやってます
https://www.instagram.com/aoki_tent/?hl=ja
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
177
適量生産なプロダクトデザイナー 青木亮作(TENT / idontknow.tokyo) JIU10.com | DRAW A LINE | STAN. | NuAns | BOOKonBOOK | HINGE | なんとかする工作(書籍)| へんしんダンコちゃん(Eテレ)