青木 公代

南国の農村片隅で貧しく過ごした子供時代を懐かしみながら記します。お金が無くて仲良くもなく健康でも安全でもなかった子供時代をダイレクトにお届けします! 大人になって得た自由と豊かさをかみしめるために記すエッセイです。底辺の世界を覗いてみたいあなたに読んでほしいです。

塩分あればおいしい食卓

こんにちは。 テレワークとは程遠い生活を送る青木です。 お仕事があるのはありがたいことですが手洗いマスクで自衛に努める毎日でございます。 転職しよう。 そうしよう。…

ツバメが幸せを運ぶってほんと?我が家の場合

5月の空を見上げると素早く空を切るツバメの姿を見かけます。 あぁ季節は春から初夏へと移り変わっていくんだなぁと幸せな気持ちにさせてくれるので、私はツバメが大好きで…

茶の味とわたしの人生と朝

実家の離れに住むばあちゃんは父のお母さんで、明治生まれの元気な人だった。 よく近所のお友達と二人でお茶を飲みながら相撲を見ていたのだが、小さいわたしもよくそこに…

貧乏人がお金稼を稼げない本当の理由

貧乏生まれ貧乏育ちの青木公代です。 今は結婚・引っ越し・転職のコンボが決まり脱貧乏できました。 世帯年収が人並みになり知ったのですが、皆さん貧乏人がお金を稼げない…

春の香りと埃と掃除(1)

今から30年ほど前私の実家は父の仕事も順調で、裕福なわけでは無かったけれど私たちは穏やかに過ごしていた。 その頃の我が家は いつも空気が新鮮で、とても居心地が良か…

災害は起こるときを選んではくれない

接客営業職の皆さんこんにちは。 絶賛コロナですね。 通常商戦期にあたる今の時期を新型ウイルスが直撃して商売あがったりですね。 リモートワークの可能性がゼロの職種な…