見出し画像

自己紹介と「50代からの未来」というテーマについて

自己紹介


皆さん、はじめまして。
この記事に辿り着いて下さり、ありがとうございます。
今日からnoteを始めるにあたり、自己紹介をさせてください。

私は30年以上、建築や不動産の仕事をしてきました。
子供が4歳の時からシングルマザー。
やっと最近子供の養育義務から解放されました。
趣味は本、美術、映画、料理、旅行など。
ランニングは9年前から始め、最近フルマラソンの大会に
出るようになりました。


私が「50代からの未来」というテーマに行きついた理由


30年以上の仕事人生のうち13年を
「家と暮らし」相談アドバイザー
という珍しい仕事をしていました。

1000人以上のお客様に関わってきて感じたこと。
それは、
少子化
核家族化
非婚化
長寿命化
が進み続けている、ということでした。

「個」の時代、「変化」の時代に「長く」生きるとは?
自問自答し続けたことが、このテーマに行き着いた理由です。


高齢者も「好きに、自由に」暮らしたい


「家と暮らし」相談では、80代や90代の一人暮らしのお客様が
たくさんいました。
高齢の夫婦のみで暮らし、
どちらかが亡くなった後に一人で暮らすのは「普通」でした。

子供がいても、高齢者自身が同居を希望しないケースが多かったです。
今の時代、「お世話をしてあげる」と言われても
高齢者は喜ばないんですね。
最期まで自宅で、「好きに、自由に」暮らしたいのでした。
しかし、支障をきたしているケースもたくさん見てきました。

家がモノだらけで身動きが取れない
感情のコントロールができず、誰彼構わず不満をぶつける
テクノロジーの波に乗れず、不便で閉塞した暮らしを
している、などです。

歳を取ることは誰もが未経験です。
自分が歳をとるとどうなるのか、人はイメージしていません
日々の連続の中で、変化に気づきません
精神的にも、長すぎる「老後」は人を疲弊させます
そして、後で改善しようとしても難しいのです。

「個」の時代です。
「好きに、自由に」、おそらくは「長く」暮らすためには?
歳をとる前準備が必要と考えるようになりました。

そして、「変化」の時代です。
「変化」に対応しながら「長く」生きるためには?
「老後」について、今までとは全く発想を変える必要が
あるのかもしれません。


50代は人生折り返しの準備に最適


50代はライフステージの変わるタイミングです。
仕事や家族のために果たしてきた役割が、肩から下ります。
そして、こう考えるのではないでしょうか?
「さて、これからどうしよう?」
せっかくですから、人生の折り返しをいかに充実させるかを
真剣に考えましょう。
50代からをイキイキと生きる人が増えれば、
日本の未来は
少しは明るくなるのではないでしょうか?

50代からをイキイキと生きられる人が一人でも増えるように。
そんな活動をしていきたいと思います。

※「50代からの未来をつくる」サービスを展開中

50代からの未来をつくる運動習慣コミュニティ

50代からの未来の相談相手

人生後半 心地よい住まい探し「女性専門不動産仲介」


この記事が参加している募集

#自己紹介

231,067件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?