見出し画像

「雲と透き間と咲く花と」

飛行機雲が描いた文字
広がる透き間に何入れよう

もつれた言葉 優しくほどいて
心のかけらつなげて歩く

コロコロ転がる人の心
どっから来てどこへ行くの?

あたしはまだここにいる
どこまでも行ける切符を持って

飛行機雲が描いた文字
広がる透き間に何入れよう

ひろいあつめたコトバのしずく
風になって 空を舞う

逃げれるときは逃げればいい
後ろ向きでも歩けるよ

あたしはまだここにいる
なりたい自分への切符を持って

あたしは今、ここにいる
心に咲く花 ひとつ持って


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

空を眺めていたらコロンと出てきた詩。
15分くらいの間に飛行機雲15以上見れて。
そこから私は空の透き間や自分の余白、空間を感じるようになった。

何をどうがんばったって、
がんばりすぎてて前なんて見れなかった時期もあった。
後ろ向きだったからこそ見られた景色も、
今の私には欠かせない大事な景色。

今は、前や後ろがあるようなないような、
360度どこを向くかは自分で選ぶ、
そんな感覚で日々過ごしているかな。

自閉症で学校へ行かないを選択した長男くうちゃんは、
輪郭だけうっすらある透明の花を持ってる気がする。
とっても繊細で、周りの人から発せられる色を
自分の花の中に取り込んで、輪郭が崩れそうになることが多かったかな。

いつの間にか母親として、くうちゃんの持ってきた心の花に
私の想いだけで色をつけようとしてた日々。
ああなってほしい、こうなってほしい、
これをやっておけば将来困らないだろう・・・。

どんな花を咲かせるかは、くうちゃんが決めること。

そして、その花の育て方だって、くうちゃんが知っている。
育つペースだって、くうちゃんが決めること。

くうちゃんの花が育つ邪魔をしてしまったんじゃないか、
花の輪郭を壊してしまったんじゃないか。
そんな罪悪感も正直たっぷりあるけど、
見る角度360度の角度のうちの一部分。
そんな気持ちを選ぶ時だって、これからももちろんあると思う。
どの気持ちを選んでも、それがその時の私。

毎朝私はからっぽになって、エネルギーの入れ変えをしていこう。

https://note.com/amanesuko/n/na9875f08fc51/edit

そのうちこの詩に、バンド仲間がメロディつけてくれるかも。
楽しみだな💕

色んな色が混ざり合ってひとつの形になる。
これもすごく私がウキウキする瞬間。

さてさて、今日のお空はどんな顔してるかな♪
そろそろお庭に出てみよう✨

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
私もスキです。ありがとう💕
7
3児の母。長男の自閉症、不登校を通して子供から自分を生きることを学びました。2018年10月、夫も仕事もやめて自宅で開業。子供が学校へ行かないを選択して2年。「学校教育が子供中心のものになるようにしたい」「地域全体を学校にしたい!」そんな想いで地道に活動を始めています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。