ALLNIGHT HAPS2020 翻訳するディスタンシング

京都HAPSの企画として行われるアートの展覧会ALLNIGHT HAPS。今年度の企画「翻訳するディスタンシング」では、アートと翻訳、日本語と他言語、アーティストと言葉、鑑賞することと読むことなど、いろいろな視点で企画のプロセスを公開していきます。企画者:佃 七緒

聞き取りの中で考える「翻訳」②植物探検家・長谷圭祐さん(2/2)

この前の記事はこちら。 3. 植物の名前について 植物の学名には、ラテン語(またはラテン語を元とした名称)が使われるそうです。ラテン語は、現在では日常的に使われる…

聞き取りの中で考える「翻訳」②植物探検家・長谷圭祐さん(1/2)

本企画では、参加作家5名の翻訳のための対話のかたわらで、企画者の佃が気になる方とお話をしながら「翻訳」について考える聞き取りも行っています。 今回、参加作家にご…

聞き取りの中で考える「翻訳」①建築家印牧洋介さん(3/3)

(以下はこの前の2記事) 6. 忘れていたこと 佃: ここまで印牧さんに、建築の分野で「翻訳」と関わりうるテーマをいくつかお話いただきました。普段とは異なる引き出し…

聞き取りの中で考える「翻訳」①建築家印牧洋介さん(2/3)

3. スケール感によるゆらぎ ー アルヴァロ・シザのサンタマリア教会の扉 身体に染み付いた感覚の違いによる空間認識の「揺らぎ」について考えてみると、この建築を訪れた…

聞き取りの中で考える「翻訳」①建築家印牧洋介さん(1/3)

このたび本企画の主となる参加作家たちの対話を追う一方で、企画者の佃も、「翻訳」という言葉をお話のきっかけとして、様々にお話をする機会をいただくことにしました。 …

作家の紹介を勝手にできない。ー第1回ミーティングの記録⑦「好きな花と言いつつも他人」ー

(編集・絵:佃 七緒) 勝手にはできない、けどやっぱり他の人の作品紹介をしてみる、というこのシリーズの始まり(説明)はこちらご覧ください。 小林 太陽(参加作家) …