女優ノート『二階堂ふみさん』
見出し画像

女優ノート『二階堂ふみさん』

あく

気になる女優さんの出演作についての覚え書き「女優ノート」。今回は、2021年夏ドラマ『プロミス・シンデレラ』に主演する二階堂ふみさん。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

“ポスト宮崎あおい”と呼ばれ、早くからその才能が注目されていた二階堂さん。雑誌『ニコラ』の専属モデルを経て、ドラマ『受験の神様』(2007年)で女優デビュー。主演した映画『ヒミズ』(2012年)では、ヴェネツィア国際映画祭最優秀新人賞を日本人初受賞。

画像1

映画女優のイメージが強い二階堂さんですが、敢えてテレビドラマを挙げていきましょう。女子高生姿の二階堂さんなら『熱海の捜査官』(2010年)。オダギリジョー×三木聡監督の『時効警察』コンビによるミステリーで、二階堂さんは高飛車な市長の娘役。山﨑賢人さんや染谷将太さんらも共演。

熱海で起きた事件を捜査する捜査官(オダギリジョーさん)とクセのあるキャラクターたちが繰り広げる、シュールな小ネタ満載の超感覚サスペンス。女子高生4人を乗せたスクールバスが消え、そのひとり麻衣(三吉彩花さん)が意識不明で発見される。3年後、彼女は突然意識を取り戻し…。

続いては、前クール『大豆田とわ子と三人の元夫』も最高だった脚本家・坂元裕二さんの傑作の一つ『問題のあるレストラン』(2015年)。いわゆる「#MeToo運動」の広がり以前に放送された、その先見性にも驚きますが、ブレイク前の高畑充希さんや松岡茉優さんなど、今見ると豪華キャスト。

雑居ビルの屋上で、ポンコツ女のレッテルを貼られた“問題のある”女たちが、人生のどん底から這い上がるためレストランを立ち上げる。負けっぱなしの人生に終止符を打とうと、闘志を燃やす女たち。男たちが先に近所に同種の店を開いていた。今、熱く美味しい闘いの火ぶたが切って落とされた。

バラエティ『ぐるナイ~ゴチになります!』(2016年)へのレギュラー出演など迷走期もありましたが、大河ドラマ『西郷どん』(2018年)の愛加那役や『この世界の片隅に』(2018年)の白木リン役で完全復活、テレビドラマにも力点を置くようになってきました。

そしてオーディションで出演を決めたという朝ドラ『エール』(2020年)。脚本家の降板や、例の感染症による放送休止などトラブルもありましたが、事実上のW主演(窪田正孝さん)として、歌含め演技力を遺憾なく発揮。本作を佳作に引き上げました。

昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家とその妻の物語。古山裕一と関内音。音楽に導かれるように出会い強く結ばれた二人は、戦前・戦中・戦後を生き抜き、多くの名曲を生み出す。それは激動の時代を生きる人々への“エール"となって、日本中に響き渡る。

綾瀬はるかさんや有村架純さんも務めた『紅白歌合戦』(2020年)の堂々たる司会ぶりには感心するとともに、『リバーズ・エッジ』(2018年)の行定勲監督による「優しさと度胸を兼ね備えた人」という評価は正しいなと。宮崎あおいさんとは違った方向性を持つ“天才”の今後が楽しみです。


この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとうございます
あく
毎クールほぼ全ての地上波ドラマをチェックせずにはいられないドラマ好き。サブカルからハイカルチャーまで幅広い興味と、初級者程度の趣味が多数。ドラマ情報一覧も http://blog.livedoor.jp/aku1215/archives/44017244.html