Akiko Nakayama

一輪の花を手向け

なんていい曲なんだろう。 ジョバンニがある夜無くしたチケットが、瞬間自分の手のひらに現れたようであった。銀河鉄道に生きながら同乗できる機会などそうそうない。それ…

3か月前

蒸気

病院の待合室ひとつおきに知っている顔が並んでいる。快晴の日向はぽかぽかと暖かい日、心に日が差さず背中にひとつカイロを貼ってあたたまる。身体は熱くなりすぎて白い紙…

10か月前

名前

忘れ難い美しい悪夢と、そこから何かメッセージを読み解こうとするはたらき。ゆりかごのように、抽象、具象、抽象、具象、、と傾きながら、その真ん中に眠る生命力を育んで…

デリバリー明晰夢

瞬きとともに瞼に焼き付いて絵が現れる時があり、しかしだいたい何のメディウムなのかわからない。頭の中の何を支持体として、何を色材として、一瞬のイメージが形作られる…

翼の構造

栄養を包み風を待つ。 綿毛をひとつ捕まえて透明のベッドに寝かしつける。光を灯し影を見つめる。あたたかいランプの中で微睡む自然の形。 構成する気力もなく、ただ覚え…

Beginner

パジャマとも私服とも言えるパジャマのボタンをせめて閉じながら9時50分、画質に捉えられるギリギリの寝癖だけを整えてパソコンを立ち上げる。10分後にはオンラインミーテ…