akinau

あなたの苦手なことは、誰かが得意なこと。 あなたの得意なことは、きっと誰かが苦手なこと。 商うの根本にあるのは、価値の交換です。 互いの個性を認めあって、凸凹を埋めあって、 人々がみなオリジナリティを発揮できる。 そんなこだわりだらけの商うが、自然と循環する社会を目指したい。

メンバーシップに参加

■おもしろい妄想を実現するサークル お金儲けが主体ではなく、自分がおもしろいと言えるかどうかが大切。こんなのあったらいいなを完全に自分発信。 ■活動方針 メンバーはおもしろいを語り合うためにslackにご招待。2週間に一度zoomで進み具合を自慢する(笑) ■住人資格 自分のものを売り付けない。営業しない。 批判しない。マウントをとらない。 ■参加姿勢 基本ゆるいですが、締める時は締めましょう。 主体的に愛を持って。

商うをおもしろく。

¥500 / 月
  • 活動期間に応じたバッジを表示
  • メンバー限定掲示板を閲覧できます
  • 2週間に一度のzoom会議で強制進み具合の自慢。

akinau

あなたの苦手なことは、誰かが得意なこと。 あなたの得意なことは、きっと誰かが苦手なこと。 商うの根本にあるのは、価値の交換です。 互いの個性を認めあって、凸凹を埋めあって、 人々がみなオリジナリティを発揮できる。 そんなこだわりだらけの商うが、自然と循環する社会を目指したい。

メンバーシップに加入する

■おもしろい妄想を実現するサークル お金儲けが主体ではなく、自分がおもしろいと言えるかどうかが大切。こんなのあったらいいなを完全に自分発信。 ■活動方針 メンバーはおもしろいを語り合うためにslackにご招待。2週間に一度zoomで進み具合を自慢する(笑) ■住人資格 自分のものを売り付けない。営業しない。 批判しない。マウントをとらない。 ■参加姿勢 基本ゆるいですが、締める時は締めましょう。 主体的に愛を持って。

  • 商うをおもしろく。

    ¥500 / 月

    自分のもってるおもしろいを実際にやってみる売ってみるまで実現させましょう。

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • メンバー限定掲示板を閲覧できます
    • 2週間に一度のzoom会議で強制進み具合の自慢。

マガジン

  • akinau

    商うだって、根が命。 植物は成長する時に、土の中で広く横に根を張る。 人間だって、全く同じ。 知識と経験をたっぷり吸収して、一本の強く揺るがない軸を育てよう。 収穫量の多さを目指すのではなく、 土をよく耕し、水をやり、まず生まれたての発芽を愛でてみよう。 どんなに小さな種だって、長く育てば必ず大きくなれるから。 畑をゆっくり耕すように、商うをじっくり育てること。 あなただけの商うがきっとあるはず。

  • MAKE.

    田舎町を拠点としたデジタルモノづくり集団。プロジェクト妄想から生まれるまでの記録を残す。

  • akinaucare

    これまで、オーナーさんと店舗デザインの関係は、お店がオープンするまでの短期間で終わることがほとんどでした。ただ、これからの時代に必要となるのは、オープンする前はもちろん、オープンした後も気軽に相談できるような関係を作ることだと考えています。 akinaucareは、オープンした後もオーナーさんと、「ともに歩める存在」でありたいという想いから誕生しました。 お店設備の定期点検から、メニューなどの細かなデザインのご相談、SNSを活用したお店のファンづくりなど、様々な側面からサポートいたします。

  • Ville étoilée

    最も大切なものはなにかを問答する。普遍性と美。 この情報社会で人間の本質にせまる。

  • NewStarted

    街には、個性を活かしきれていないもったいないお店がたくさん存在します。 個々のお店が、もっと自分の良さに気づけたらなら、 好きになれるお店、好きになれる街にきっとなるはずだと。 より多くのお店にそこにしかない個性『価値』を見出してほしい。 そのためには、一人でも多くの人にNewStartedを知ってもらい、 好きになるお店を体験してもらいたいと思っています。 お店の経営は簡単ではありませんが、苦しい状況でも助け合い、 長く続けられるお店がそこにあれば、 きっと、街が、みんなが、元気をもらうことがきるはずです。

最近の記事

固定された記事

商う人

はじめましてシンヤです。 個人事業を25歳からはじめ、38歳で商うをおもしろくを信念にakinau株式会社をスタートしました。 自分は会社勤めをしたことが3年しかなく、世間知らずのまま今も一生懸命いきています。 akinauではどんなことでも事業にしていくという心構えでいます。akinauの事業はただ儲かるとかでははじめません。他にない価値、その事業を始めるリーダーがただただおもしろいと思えるもの。そして美しくあれ。この3つをクリアできれば即スタートです。売れるか売れないか

スキ
17
    • HOLIDAY HOME

      こんにちはakinauのシンヤです。 今週は土曜日もお休みをいただき、京丹後へ家族で旅行に。 ずっと気になっていたHOLIDAY HOMEに宿泊することにしていた。 ここは久美浜。海と山、自然に囲まれたとても素敵な場所。日常から非日常とは言うけれど、ここのコンセプトは 人が暮らすべき場所、 人が帰ってくるべき場所、 心が落ち着く場所、 勇気を取り戻す場所。 HOLIDAY HOMEが皆さまにとって、 ホテルというより【HOME】でありたいと願っています。 と謳っているよ

      スキ
      2
      • 地元佐用でのCAFE MENUづくり

        毎週木曜日は地元さようでのカフェの店主のお仕事をしております。 現状タコスはお子様でも美味しく食べれるアメリカンタコスをだしております。今回増やしたいのはメキシカンタコス試しにトルティーヤもつくってみました。お料理は大変だけどおもしろい。 材料を買いに近くのスーパーで調達しようと思っていたのだが肝心なコリアンダーが揃わずにちょっと落ち込んでいました。。ないなりにも試しにつくってみることに。最初の初めてつくるトルティーヤの生地にかかってみたのですが、これまた思っていたように生

        スキ
        3
        • 故郷に異質のものを埋め込む

          微妙な違和感 故郷のものづくり事業。田舎者の自分は本当に恵まれていると思います。地方だからできること。物件もほぼ決まりそうでイメージをつくってみたのです。もともとは木材の倉庫でつかわれている物件で今はほぼ稼働していない場所。倉庫は倉庫良さがある、その場所の良さは崩さずに新たに命を吹き込んでいく。地元の人からの褒め言葉『おしゃれすぎて入りにくい』こんな言葉をいただけるのは刺激、違和感を生み出せていいる証拠。ビビットなカラーを出したり、派手派手しい照明などで目立とうとするような

          スキ
          3

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • akinau
          akinau
        • MAKE.
          akinau
        • akinaucare
          akinau
        • Ville étoilée
          akinau
        • NewStarted
          akinau
        • 織り道
          akinau

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • サークル公開

          商う部を立ち上げました。未だまだみぬ、小さな価値を自分勝手に生み出してみましょう。 まだみぬ価値のやりかた。 1.絞る 2.ずらす 3.足し算 一緒に考えてアイデアで終わ…
        • サークル公開

          商う部を立ち上げました。未だまだみぬ、小さな価値を自分勝手に生み出してみましょう。 まだみぬ価値のやりかた。 1.絞る 2.ずらす 3.足し算 一緒に考えてアイデアで終わ…

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          得意と不得意

          人はそれぞれ得意なものと不得意なものがあると思います。得意は実は才能があるということではなく、ただ好きなことになるのかもしれません。逆に不得意は嫌いなことなのかもしれません。しかし人生好きなことだけやっていくという魔法の言葉がありますが、そんなに単純で簡単なことはないと思います。得意だったり好きなことはまず問題なくどんどん長所をのばしていくことができます。問題は不得意の部分嫌いの部分とどう向き合っていくのかが重要になってくるのではないかと思うわけであります。 不得意なこと嫌

          スキ
          7

          ヴィエレ・トゥエリ構想

          これからはじまる10年の構想これまでにない規模感に自身も戸惑う。 実現できるかどうか。でもはじなくちゃ絶対にかなわないのは明白。 Ville étoilée ヴィエレ・トゥエリ には星降るまちという意味がこめられています。自分の生まれた故郷はとても田舎で星が本当にきれいだった。星とともに育ってきたそんな思い出と故郷の財産をあますことなく使った人間の本質最高の価値を生み出す。 なにもはじまっちゃいないのでひとまず妄想からはじめます。 〈プロローグ〉※妄想です 佐用のまちにこ

          スキ
          5

          泥臭くても愚直に貪欲に

          2021/08/19 地元佐用でのものづくりのプロジェクト毎週木曜日はコバコのお店番と 新企画仮称MAKE.の進捗の打ち合わせ。佐用には天才がたくさんいるなと毎回思い知らされる。今回の企画はデジタルものづくり。ちまたではやり?のデジタルファブリケーションというやつだ。この企画もデザインをこだわってすすめていこうといろいろ世界観を妄想してみたのだが、ちよっと今回はいつもと角度がちがうのかと肌で感じて考え直すことした。 いつもは美しくおもしろくに重きをおいて考えるのだが、自分

          スキ
          2

          お店づくりを一緒にできる同志あつまれ

          NewStarted(店舗デザイン・施工と言われるジャンル)では一緒に楽しくお店をつくれる同じ志をもった施工チームをつくりたいと思っています。 なぜ新たに施工チームをつくりたいと思ったのか?NewStartedでは新規出店のお店をおもに作り続けています。新規でお店をつくるのは一昔まえとは違って今の時代は極力最初の挑戦に費用は抑えるべきと考えています。もちろん費用をかけなければいけない部分をしっかり見極めて予算の配分を行うという意味です。無駄にお金をかけてはいけない。こんな3

          スキ
          6

          NewStartedの思い 事業妄想

          「お店づくりは街づくり」〈序章〉 大阪市北区に住む、35歳妻と子供が1人いる。彼は建築関係から飲食業界に30歳のときにとびこんだ。昔から自分のお店をもちたいと思っていた。まだ子供が小さく一人だとうことで独立するなら今のタイミングがいいのかと考えている。独立の仕方なんてわからないのでどこに相談したらいいのやら。とwebをつかって、色々と情報を集めている。そこでおもしろそうな店舗づくりをやっている「NewStarted」と出会うのであった。 →ながくお付き合いのできそうなパート

          スキ
          13

          織り道の世界 事業妄想

          序章 堀江にすんでいる、インテリア好きのササノは週末織物の教室Atelier UNSEULに通っている。小物もつくれたりインテリアになるものも自分で作れるようになれる、そんな週末がまちどおしい。 →自分でもつくれちゃう、イケてる小物 これまでかよった教室とは何かが違う、UNSEULはどこか懐かしい、ふと自分をみつめなおす時間も手に入れさせてくれる。手織りの律動が心地よく刻まれる。 →リラックス効果、ストレス解消 これまでいろんな習い事をやってきたけど、どれも通い続けること

          スキ
          1

          uoyakiが生まれる 事業妄想

           uoyakiが生みだすために妄想計画をたてる内容を共有します。 序章 吹田在住、38歳、デザイン会社社長 スタッフ5名ほどいつもは市内のほうに飲みに出かけるのだが、住まいのちかくにも美味しくて気軽にいけるお店がほしいとおもっている。郊外の食に関しては一昔前の傾向がある。自分ごとではあるが商談するのも地元にきてもらったほうが時間的にもいいし、来てもらうことでホストになれる。 →郊外型 うまい店  このみせは立呑なんだけど魚にこだわっているみたいだ。確かに焼き魚は昔はあまり

          スキ
          9

          撮影のお手伝い

          飲食店のお料理の写真を撮らせていただいております。ギャラはそのお食事をいただくというご褒美。akinaucareに入っていただいておりますお店の影武者のようにサポートさせていただいております。 意外と上手に取れていますね、自画自賛させてください笑 その他にも私たちにできることを増やして行きたいと思っています。一人ではなくチームとして個人商店の商うをサポートできるようになっていきたいとおもっています。個人商店のみなさまぜひ教えて下さい。こんなことやってもらえたらすごく嬉しい!

          スキ
          4

          織の道 Weaving ceremony

          日本にはいろんな道(dou)がある。 茶道の和敬清寂や、弓道の真善美のように、スキルを鍛えるのではなく、本質的な部分を鍛えるというような考え方をいろんな商うに取り入れていこうと妄想している。 スキルは樹木に例えると、枝葉でしかなく、根っこや幹がしっかりしていないと少しの風で倒れてしまう。こんな情報が多すぎる時代には自分に何が必要かしっかりと見極めて根を張ることに時間を使っていこう。そんな体感ができる場所こそが織の道であるということに。