見出し画像

【変われない人へ】自分の意志を守るための6つの行動制御方略【ランタンnote】

(*ランタンnote毎日更新|15日目)

こんばんは、AKIです。
学習者のレベルアップを助けるサイト「LearnTern」の運営とかとかやってます。

「休憩する言い訳に飲みたくもないコーヒーを淹れに行く癖」がなくなった原因を考えていました。(A. 一人暮らしの新居には電気ポッドもコーヒー豆もなかった。
近況おわり

さてランタンnoteの毎日更新が始まって15日目になりますが、ずっと読んでくれてる人に質問です。

1日目の内容を覚えていますか?

ランタンnote毎日更新のコンセプトは「自分を変える学習」
1日目は「変えるなら"5分"から」という話でした。

どうでしょう、「5分」を使えるようになりましたか?

変わるのってやっぱ、難しいです。
「5分」なら、とか「40秒くらい」とか言ってきましたが、いくらハードルを下げても変われないときってあります。

せっかく灯した意志の炎は、台風なんてなくても少しの風や雨で消えてしまいます。

だから、意志の炎を守り育てる術が必要です。

今日持ち出してきたのはKuhlの行動制御方略
自分の意志を守るための6つの方法論を学んでみましょう。

自分の意志を守る6つの方法論

Kuhlの行動制御方略は「自分がある目標を決めたとき、どのように障害を避けてその課題をやり遂げるか」をまとめたもの。

シンプルに言えば、あなたの「やるぜ!」を守りきる6つの方法論です。

それぞれを説明する前に注意事項があります。

注意1)名前が難しいけど、気にするな。
注意2)抽象的なので、自分で具体化してください。

では行きましょう。

ランタンnote15

① 選択的注意

原則:目標を阻害する情報は避ける

世の中は情報で溢れかえっています。
その中には、あなたの意志の炎を吹き飛ばしてしまうような情報だってあります。

「プロになりたい!」→「なれるのはセンスを持って生まれて、いい環境で育ってきたやつだけだ」

「ダイエットしたい!」→ 美味しそうな食べ物のチラシや料理動画

「毎朝、英文法を勉強する!」→ カンタンに楽しくなれるYoutube

日常的に触れる情報を選別してください。
目標を阻害する情報にはそもそも触れないにしましょう。

② 記号化制御

原則:目標を阻害する情報にリソースを割かない

しかしながら、阻害情報を100%回避するのは難しいでしょう。

人間のリソース(認知資源)には限界があります。
目標達成に関係するもの以外には、なるべくリソースを割かないようにしなければいけません。

しかしながら、「割かない」というのは難しいことです。
だから、阻害情報に出会ったら、目標達成に関係のある情報処理でリソースを圧迫してしまいましょう。

例を挙げます。

ダイエット中に牛丼の看板を見てしまった。
めちゃくちゃ美味そう。このままでは食べに行ってしまう。

味や食体験に関する情報処理をつづけていたらヤバい。
ならば牛丼のカロリーや栄養を計算しましょう。たぶん知らないのでスマホで調べましょう。あげくには記憶術全開で値を覚えてしまいましょう。

もう「食べたい/我慢する」ことなんて考える余裕はありません。

こんな感じです。

③ 感情制御

原則:目標達成を支援してくれる感情を強化、阻害する感情を抑制する

これはウルトラ難しい戦略です。

戦術を二つ紹介します。

一つはマインドフルネスです。

もう一つは「ABC理論」です。
カウンセリングで使われる技法ですね。

出来事(Activating Event)はコントロールできません。
でも受け取り方(Belief)はコントロールできます。
それによって、得られる感情(Consequence)を望ましい方向に持っていきます。

ネガティブな感情を見つけたら、ABC理論に当てはめてみてください。

④ 動機づけ制御

原則:動機づけを確認・強化する

これは僕が普段から推していることですね。
意欲にはメンテナンスが必要です。

「そもそも、自分はどうしてその目標を達成したいのか」を見つめ直してください。

学習についてはこちらを参考。

⑤ 環境制御

原則:目標を邪魔せず支援してくれる環境をつくる

これは一つ目の「選択的注意」に似ています。
環境から変えるのは基本です。

・机から目標に関係ないものを片付ける
・周りの人やSNSに宣言する

⑥ 情報処理の倹約

原則:目標達成のために適切な情報量を意識する

人の行動はびっくりするほど目標と乖離していくものです。
一番だるいのは、頑張っているのに目標達成が遠ざかるパターン。

その目標達成のためには必要のないレベルにまで突き詰めてしまうパターンです。

「本当にそこまで追求すべき?」
「達成すべき目標はなんだっけ?」

特に情報収集系と制作系で陥りがち。

情報なんて無限に調べられるし、制作も細かい所にこだわりすぎることができます。

今回の目標達成に適切なレベルはどの程度か?
自問して、適切なリソース分配を考えましょう。

意志の炎を守り抜け

意志の炎はある程度まで燃え盛れば、しょぼい風や雨くらいには負けません。でも灯したばかりの炎はすぐに消えてしまいます。

そんな可愛らしい意志の炎を守るために使うのが「行動制御方略」。
難しめですが、大切なことです。

変わりたきゃ、守り抜け。

=========
「できないから、やりたい。持ってないから、欲しい。なっていないから、なりたいんだ」
=========


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

学習のアーティストを目指してます。学習ノウハウの体系化・学習体験のコンテンツ化を通して、学習者のレベルアップを手伝います。現状、お金よりも応援がほしい。

Thank You!!
16
「学習」「体系」「物語」に興味と期待を抱く人。 人が学習するプロセスや能力開発についての考え、体系の美学、物語的世界観などをテーマに。 人生にちょっと灯をともせるような文章を。 サイト:学びをデザインする「LearnTern」( https://learn-tern.com/ )