見出し画像

【345日前】学ぶ姿勢について考えてみた

アスリートをしていて、「どうすればパフォーマンスは上がるのか」といつも考えている。

その答えは内発的にはなかなか導き出せないので、コーチングを受けるなど、外からの刺激が必要であり、その度に「学びって大事だよな」と実感する。

幸いなことに、学校の先生方とお話しする機会がよくあるので、決まって「伸びる生徒さんの特徴を教えてください」と聞くようにしている。

よく言われる特徴は、

・謙虚である
・聞き力がある
・主体性がある

私もこの3つは日常的に意識して生活をしている。

学びに感動できているか

先日お会いした先生から以下の回答が返ってきて、私はかなり痺れた。

知的好奇心がとにかく旺盛で、自分の知らないことに出会ったときにはいちいち感動するやつ

これを聞いたときに、今の自分は新しい発見があったときいちいち感動できていたか。と自分に問いかけてみたが、答えはNoであった。歳を重ねるにつれて、どこか斜に構えている自分がいたように思う。

いつまでたっても、野原を駆け回った少年時代のような心でいたいとそう思えた。

自分はまだまだ遠くに跳びたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2020/9/1東京パラリンピック T47走幅跳決勝 まで毎日note更新します。私の全力チャレンジを見える化しています。ぜひパラリンピック応援してください!

ありがとうございます!パラリンピック応援してください!
10
陸上選手(T47走幅跳/7m15←世界歴代6位):2020東京パラへの道のりをnoteで見える化。5歳で右腕に謎の病「デスモイド腫瘍」発症→約10年の治療過程で右腕に機能障害 | 2016リオパラ銅メダリスト(4×100mR) | 現在シドニー生活中 | パパになりました
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。