マガジンのカバー画像

雨雲のタイプライター|ベッシー・ヘッドの言葉たち

29
南アフリカ出身でボツワナに亡命した作家ベッシー・アメリア・ヘッド(1937-1986)が綴った言葉たちを、その作品やエッセイ、書簡から一つずつ紹介していきます。 Rain Clo… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

#028『太陽が夜明けから夕暮れまで、溶けたような熱を脈打たせ降り注いでいる』|ベッ…

1960年代ボツワナ。 恐るべき干ばつの年に、家畜は大量に死に至り、放牧地は死んだ家畜に群が…

#027『彼女の手は柔らかく、慈しむようにほとんど一糸乱れず、不思議な力を持っていた…

短編集『The Collector of Treasures』の表題作。 これはもちろん、村の女たちの長閑な風景で…

#026 『白人がアジア人を見下しても、彼らは微笑むー少なくともアフリカ人ではないか…

『MARU』という作品はベッシー・ヘッドが発表した二作目の長編小説だ。1971年アパルトヘイト時…

#025 『何故、屈辱の生ける屍として生きるより撃ち殺されることを望まない?』|ベッシ…

南アフリカからボツワナへ亡命し農村にたどり着いた元ジャーナリスト青年の深い心の内が独白の…

#024 『女たちが劣っているふりをしている限り物事は順調に進むのだった』|ベッシー…

再び、1968年When Rain Clouds Gather『雨雲のあつまるとき』の一節。若き未亡人のポリーナは…

#023 『彼女はそれを受け取ると、またひとつ宝物を胸にしまい込んだ』|ベッシー・ヘ…

1977年に出版された短編集The Collector of Treasures(『宝を集めるひと』)の表題作。この作…

#022 『何があろうとも僕はアフリカの民主化を支持する』|ベッシー・ヘッドの言葉|Novel

1960年代のボツワナの農村。 農業開発のために英国からやってきた白人青年ギルバートの政治観は稚拙で、事実と結果にしか興味がない。熱い思いを持ったギルバートは、当時のアフリカの民主主義運動に疑問を抱く。民主主義は、それなりに発展した国のものであり、アフリカに必要なのは人々に衣食住を与える独裁政権だとまで言ってしまう。 南アフリカから亡命してきた元ジャーナリストのマカヤは、いつも無口で穏やかだったが、この時だけは敵意むき出しの表情でゆっくりこう語る。 アパルトヘイトを生きてきた

スキ
2

#021 『まだ、君のために身を危険にさらしておくことにしよう』|ベッシー・ヘッドの…

'Smart guy,' George drawled, also smiling. 'It's not your philosophy of life I'm after, …

#020 部族主義とは本質的に無学な人間を支配するためのものだ|ベッシー・ヘッドの言…

It was he, Matenge, who under stood tribalism, that it was essentially the rule of the i…

#019 死んだ世界を作ることに貢献することなく、新しい世界だけを作ることができます…

The dawn came. The soft shifts and changes of light stirred with a slow wonder over the …

#018 もし、あなたが同時に神と悪魔の両方を兼ねていたら、どうする|ベッシー・ヘッ…

'Tom,' she persisted. 'What would you do if you were both God and Satan at the same time…

#017 いつも自分の心と誰かの心を結びつけた深い愛の中に輝く黄金を見つけるのだった…

So the day passed pleasantly enough with chatter and work and at sunset the women were o…

#016 昔から、大地を耕すのは男性ではなく女性であった。しかし農業プログラムは男性…

Gilbert stood up and swung around decisively. ’Can you drive a car?' he asked. 'Yes,' …

#015 南部アフリカもいつの日か、新しい夢を語る語り手の故郷になるかもしれない|Essay

Possibly too, Southern Africa might one day become the home of the storyteller and dreamer, who did not hurt others but only introduced new dreams that filled the heart with wonder. "An African Story" from A Woman Alone もしかしたら、南部アフリカもいつの日