見出し画像

ごほうびの餃子ハンバーグ

Satomi Abe あべっち

子どもの頃、餃子を包むのをよく手伝いました。

餃子のたねが余るとハンバーグのように丸めて焼いてもらいました。

それを食べるのが、私のひそかな楽しみでした。

画像1

おとなになって、忙しく働いたあとの餃子ハンバーグは私の定番料理になりました。

子どもの頃は、小さな餃子ハンバーグ。
おとなになったら、大きな餃子ハンバーグ。

どちらも私のごほうびです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Satomi Abe あべっち

よろしければサポートをお願いします。

Satomi Abe あべっち
Webプロデューサー。英国国立ウェールズ大学経営大学院で消費者行動を研究して経営学修士(MBA)を取得。アマチュア写真家。FP2級、糖質OFFアドバイザー資格を保有。Oculus(Meta) Quest 2でVRC民。福島県二本松市出身。