わたしのワクチン接種3回目の副反応
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

わたしのワクチン接種3回目の副反応

Satomi Abe あべっち

この記事は、ワクチン接種を勧めるものではありません。
ワクチン接種を受けるも受けないも個人の自由です。

私がワクチン接種を受けた理由は、noteにまとめてあります。

ワクチン接種2回目の副反応についてもnoteにまとめてあります。

ここでは、3回目のワクチン接種を受けたあとの副反応についてまとめます。

3回目のワクチン接種からTwitterに副反応の状況を投稿していたので、それをまとめます。

1回目と2回目はモデルナのワクチンを接種し、3回目はファイザーのワクチンを接種しました。よって、交互接種となりました。
交互接種することで、3回目をモデルナにするよりも抗体量が増えるという調査結果があり、選択しました。

1回目、2回目は、職域接種で受けましたが、3回目は、自治体の接種会場でファイザーを受けられるとのことだったので、自治体の予約サイトから予約しました。

2022年3月5日にバスと徒歩で15分ほどの会場に行きました。
区のスポーツ施設では、ファイザーを受ける人とモデルナを受ける人で入口が分かれており、予診票や接種券、身分証明書を入念に確認され、会場まで案内されました。

予約時間よりも早く会場に到着しましたが、2時間くらいの幅をもたせているようで、スムーズに受け付けてもらい、会場に入ってから、受付、問診と進み、16時31分に左腕にワクチンを打ってもらいました。

打ちやすいように、Tシャツを着ていきました。とはいえ、まだ3月で寒いので、パーカーとコートも着ていきました。

打った瞬間は、まったく痛みもなく、いつ打ったの?という感じでした。すぐに15分の設定がされたキッチンタイマーを受け取り、接種後の書類作成の所に行きました。

注意事項などをうかがったあと、待機の席に行き、上着を着たり、スマホをいじったりしながら、15分経過するのを待っていました。
特に、体調の変化もなく、キッチンタイマーを返却して、会場を出ました。

副反応に備えて、しっかり食べておこうと思い、接種会場近くの好きなつけ麺屋さんに行き、久しぶりにがっつり炭水化物を食べました。その後、スーパーで食材を買って帰宅しました。
接種から2時間経過した時点では、打ったところが、ちょっと熱をもっている感じがする程度でした。

久しぶりに外出したからか、ちょっと疲れてしまい、ソファーで寝落ちしてしまいました。体調に特に変化はありませんでした。

Apple Watchで心拍数を取っているのですが、ちょっと心拍数が多いかなという感じでしたが、それ以外は特に変化はありませんでした。

体温、血圧、脈拍、体重の計測を毎朝していますが、体重がちょっと増えていましたが、他は正常値でした。打った左腕がちょっと痛いかなという感じでしたが、2回目のときのような、寝返りで痛いということはありませんでした。

接種から24時間経過後も発熱はなく、腕の痛みが少しある程度でした。今のところ、1週間経過していますが、発熱することもなく、体調にも特に変化はありませんでした。腕の痛みも3日程度で無くなりました。

2回目接種のときは、38℃台の発熱が2〜3時間程度ありましたが、3回目は副反応があまり出ませんでした。ファイザーだったからかどうかは、私はわかりません。

これが、私、43歳女性のワクチン接種3回目の副反応の経過です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Satomi Abe あべっち

よろしければサポートをお願いします。

ありがとうございます!
Satomi Abe あべっち
Webプロデューサー。英国国立ウェールズ大学経営大学院で消費者行動を研究して経営学修士(MBA)を取得。品川と豊洲と紀尾井町あたりで生息中。アマチュア写真家。FP2級、糖質OFFアドバイザー資格を保有。Oculus(Meta) Quest 2でVRC民。福島県二本松市出身。