「ワクチンの週末」。2021.5.22.
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「ワクチンの週末」。2021.5.22.

 ワクチンのことで、振り回され始めた。

 そして、不安なニュースが入ってくる。

雨上がりの朝

 毎週土曜日は、午前9時前に家を出る。

 地面は湿っていると、いうよりは、まだ濡れている。
 本当に雨が上がったばかりのようだ。
 曇りで、濃い灰色の空が、どんよりと広がっている。

 歩く前を2人のジョガーが、先を走っていく。
 病院の前には、年配の男性が2人、女性が1人。今日は、けっこう距離を縮めて並んでいる。

 向こうから、アンダーアーマーのシャツを着て、マスクをして、ジョギングで、すれ違う男性がいる。

 女性が運転する自転車とすれ違ったとき、歌声が聞こえてき。振り返って目で追ったら、後ろの座席の小さい女の子が何かを歌っていて、確かに一心不乱で、歌い続けているのだけど、何を歌っているのか、分からないままで、遠ざかっていく。

 おにぎりなどを売っている店の前に、さっきの2人のジョガーが、何かを買おうとして待っている。先客が、何を買うか迷っているようだ。

 そこを通り過ぎ、駅に近づく。
 1000円カットの店の前には男性が2人並んでいて、先頭の人は、扇子で、自分をあおぎ続けている。足元に、水に浸って道路に落ちている黒いマスクがある。その向かいの牛丼屋には、客が3人見えた。

 気温は、少し低めに感じる。

 踏切を、女性のジョガーが、何かを飲みながら、渡っている。

 何だか活気が、あちこちにある。
 もう、今の「緊急事態宣言」を前提として、生活していくしかないのだろう、と思う。

窓が開いたエアコン

 そういえば、出かける前にテレビを見ていたら、お茶で、〇〇プレゼント、というキャンペーンを始めていた。春のパン祭りなどを除けば、そういうキャンペーン自体を目にする機会が少なかったように思う。それは気のせいかもしれないけれど、「自粛」なのでは、と思っていた。


 駅につき、電車がきて、電車に乗る。

 空席があちこちにあって、でも、車両で立っている人も、自分も含めて4〜5人くらいだった。

 窓が開いていて、エアコンも入っている。
 これから、ずっと、今年も、この状態が続くのだろう。

 運転のアクセルとブレーキのバランスが悪くて、やけに揺れる。
 次の駅で空き、1人おきの「距離」を取れて、座れる。珍しいことだった。

 終点の駅に着いて、人の流れは、やはり多く強く、違う路線の改札を入って、アルコール除菌を、今日も1人だけだったけど、使って、階段を降りたら、電車の屋根は見えたけれど、ちょうど出発するところだった。

ワクチン接種会場

 5分後には、次の電車が来る。

 ドアのそばに立っていると、両サイドの座席に座っている女性が、1人ずつ、スマホを横にしてゲームをしていた。

 駅をいくつか過ぎる。

 空は、さっきよりも、少し明るくなってきている。

 駅で降りて歩く。

 公共の施設で、腰のあたりに四角い紙を持っている人がいて、何だろうと思ったら、「ワクチン接種」の会場を示す表示だった。

 もうワクチン接種が始まっているところもある、という少しの驚きと、あとは自分が住んでいる場所との違いに、どうしても少しわき起こってくる、うらやましさ。

 なんで、一斉にスタートできなかったのだろう。そのことで、より不安と混乱が起きるのにと、思う。




(他にも、いろいろと書いています↓。よろしかったら、読んでいただけるとうれしいです)。



#コロナ禍日記   #コロナ禍   #ワクチン接種

#ワクチン予約   #ソーシャルディスタンス #マスク

#雨上がり   #緊急事態宣言   #感染拡大予防

#早い者勝ち   #毎日投稿   #日常



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。書き続ける励みになります。
社会人になって、3回目の大きな変化を迎え、いろいろなことを伝えたい、と思うようになりました。2020年3月14日投稿開始。ジャンルごとに、マガジンにまとめる予定です。2020年8月から、一部、有料化を開始しました。東京都在住。