「多すぎる緊急事態宣言」。2021.7.10.
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「多すぎる緊急事態宣言」。2021.7.10.

 とても暑い1日らしい。
 
 今日は、途中でにわか雨が降るらしいので、折り畳みのカサを詰めて、パンパンになったカバンを持って、出かける。
 午前9時前で、もう日差しが強いのは分かる。

 小さい扇風機を顔にあてている女子高生とすれ違う。
 黒いマスクをしている男子高校生のグループが歩いてくる。

 二度目の夏マスクの季節になった。

 駅に行くまでにある病院の入り口には、たっぷりと「ソーシャルディスタンス」をとった高齢の男女が二人並んでいる。
 さらに歩くと、駅前の薬屋のオーナーがいて、朝のあいさつをする。

 駅に着く。
 改札のそばにあるテレビ画面のようなところに、今日の情報が流れているが、そこに「まん延防止」という言葉が見える。
 東京都内だと、緊急事態宣言という文字ばかりが気になる。


緊急事態宣言

 今週になって、急にというか、当然のように、4度目の「緊急事態宣言」が出されて、もう、何を変えたらいいのか分からないし、また、酒類禁止というのは、ただ理不尽なことだと思う。

 オリンピックは「無観客」が決定したということだったけれど、今は、中止以外は、それほど心が動かなくなっている。もっと若く、持病も関係なければ、今の世界も違って見えるのだと思う。

 だけど、いろいろと考えても、やっぱりオリンピックはやらない方が、人類の平和の祭典にふさわしいのではないか、と今でも思う。

慣れた動き

 駅に着くと、ホームには20人くらいの人がいる。
 立っていると、マスクのすき間に汗が垂れていく。
 やっぱり暑い。

 小さい扇風機を持っている女性がホームで立っている。

 電車が来て、乗ったら、冷房がかかっていて、窓が少し開いている。
 以前なら考えられなかった、この習慣も、二度目の夏になると、それが日常になっているようだ。

 座席はきれいに埋まっている。ここで距離をとる「ソーシャルディスタンス」は根付かなかった。でも、感染予防には、基本だということを、コロナ禍が始まった頃は聞いたような気がする。

 一駅ごとに人が増え、終点前でもっとも多くなり、人とくっつきそうな距離感になるのは、いつもの土曜日と一緒だった。

 駅につき、ドアが開くと、ダッシュする乗客が何人かいる。
 それにつられて、私も走り、改札を抜ける。
 次の改札まで、人が結構多くて、油断していると、当たりそうになる。
 
 次の改札へ入り、まっすぐ階段に向かわずに微妙に曲がって、アルコール消毒を一人だけ使って、またコースを変えて、階段を降りると、発車間際に電車に乗り込めた。
 ここのところ、この動きに慣れたせいか、アルコールを使っても、間に合うようになった。

読書

 電車に乗ったら、冷房が効いていて、窓が少し開いている。
 この光景も当たり前になった。

 座席はびっしりと埋まっている。
 メガネをかけた中年サラリーマン風の男性が座って、単行本を読んでいる。
 表紙にカバーをかけていないので、『「ラストパス」中村憲剛』と書いてあるのがはっきりと分かる。
 そういえば引退したのだった。上品なプレーヤーだったことを思い出す。

 ドアの上のニュースが小さな画面に流れている。

 五輪 無観客決定
 韓国 ムン大統領 来日
 11日に向け、さらに雨
 双子の赤ちゃんパンダ

 「ラストパス」を読んでいた男性が、フタをひねるタイプの缶コーヒーを開けて、飲んでいる。タリーズ、という文字が見える。一口、二口飲んでから、フタを締め、それから、また本を読み始める。

 少したって、また見たら、今度は寝ていた。


夏の広告

ドアの窓に小さい広告が貼ってある。

「大人なガリガリ君 いちご」。
 その後ろには強い日差しもあるし、食べたくなってくる。

 車内には、また小さい扇風機の女性がいる。
 この姿を、今日は急に多く見て、それで、夏が来たと感じる。

 広告は、エステと美容整形が目立つ。
 
「ゴールがあるから美しい」
「術後のはれをおさえたいから」

 見事に、抽象と具象だった。

 当然だけど、みんな夏のファッションになっている。

 駅で降りて、向こうから体にフィットしたTシャツを来た若い女性が歩いてくる。その胸のあたりの英文字は「No Bra Club」だった。

新幹線とワクチン

 改札を抜けて、駅の構内を出て、線路側を歩く。

 若い男性が、娘と思われる2歳くらいの女の子と手をつないでゆっくり歩いている。
 線路に新幹線が通っている。

 女の子は立ち止まり、新幹線を正面から見て、満面の笑み。
 ひざを少し曲げて、両手も合わせたり、振り上げたりして、通り過ぎていく間に、ずっと動き続けて、笑っている。
 こんなにただ嬉しそうな表情はなかなか見られない。

 さらに歩いて、先週は都議会の期日前投票の会場になっていた公共の建物が、今は何も特別なことはないのでは、と思ったら、今日はまたワクチン接種が行われていた。スタッフが持っている札のようなものには、7月31日まで、という表示が見える。

 そのころは、すでにオリンピックが始まっているのに、と思った。

午後4時

 用事が終わると、夕方近くになっている。
 また朝方と同じ駅に戻ってきて、人の多さとか、活気とか、前と何も変わっていないように感じる。

 もう緊急事態宣言は、効かなくなっているのでは、と思う。

 電車内は、冷房で窓が少し空いている。
 この習慣は、すっかりなじんでいるようだ。

 久しぶりに有楽町の駅で降りた。

 随分と久しぶりに行ったせいか、有楽町マリオンが、「ルミネ」になっていた。
 自分にとって、違う場所だった。

 人手は怖いくらい、多く見える。





(他にも、いろいろと書いています↓。よろしかったら、読んでいただけたら、うれしです)。


#コロナ禍日記   #新型コロナウイルス #マスク #扇風機

#コロナ禍   #ソーシャルディスタンス   #ワクチン接種

#緊急事態宣言   #五輪無観客   #オリンピック中止

#毎日投稿   



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
見つけてもらって、ありがとうございます。
社会人になって、3回目の大きな変化を迎え、いろいろなことを伝えたい、と思うようになりました。2020年3月14日投稿開始。ジャンルごとに、マガジンにまとめる予定です。2020年8月から、一部、有料化を開始しました。東京都在住。