見出し画像

Orchidの名盤、通称"Gatefold" 歌詞翻訳&解説 #2

「リベラルの中だけで消費されるリベラルソング」はパンクなのだろうか

 Orchidは最高だ。
 だが当時から最高だったのかと言われると実はリアルタイム世代にとっては「Orchidの話をしている人なんて周りにいなかった」という意見もある。これまで3LA独自調査でOrchid登場当時の状況を知る人に話を聞いたところ、「Orchid登場当時の話題なんて聞いたことはない」という意見しかなく、現時点のデータ量からは判断は出来ないがOrchidは登場した当初から大きな評価を得ていたわけではないことは確かなようだ。
 1stアルバムの『Chaos Is Me』がUSのシーンから話題なり耳の早いリスナーには既にリーチしていた者も多いが、やはりブレイクのタイミングは『Gatefold』以降、という見方が正しいだろうか。このあたり引き続き調べていきたいが、それは作品の質云々よりもインターネットによる情報伝達のスピードが2000年代に急激に加速したことも大きいのだろう。

この続きをみるには

この続き: 2,230文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
不定期連載しているOrchid "Gatefold" 翻訳&解説全編

Orchid "Gatefold" 翻訳&解説

または、記事単体で購入する

Orchidの名盤、通称"Gatefold" 歌詞翻訳&解説 #2

3LA

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サンキューな
Emo/Screamo/Skramz/Post-Hardcore/そして呼び名の無い謎の音楽を紹介するレーベル/ディストロ。 世界各地の音楽情報&新入荷お知らせのメルマガ登録: bit.ly/3gCNd57 📀3LA: longlegslongarms.jp