361°アートワークス

テクノロジーと身体にまつわる考えをアーカイブしていくプロジェクト「からだ・これくしょん」のノートです。 愛知でアートマネジメント業務を行なっている「361°アートワークス」のノートとして一時使用していましたが、このプロジェクト用にリファインしました。
固定された記事

バ美肉ドキュメンタリー映像作品プロジェクト、始動!

あなたのアバターのルーツやエピソード、聞かせてください。 初めましてのみなさま、初めまして。アートイベント等を企画するグループの361°アートワークスと申します。 …

「問い続ける」表現者として生きるということ

先日、とある大学でアバターコミュニケーションについて授業をさせて頂きました。その中では「アバターとしての」私の来歴しか話していなかったので、生身も含めて少しエッ…

アバターとしてのあなたが生きた証、いっしょに残しませんか?

アバター×生命倫理の映像プロジェクトをIAMASという大学といっしょに昨年から進めてきました。この企画を取りまとめるのは私たちでなくてもいいのかもしれませんが、アバ…

エッセイ : 家族をデザインする、という選択

今回「2030年、家族のかたち」というお題を頂き、10年後の家族について考えることになりました。「10年」というのがミソで、スパン的にSF寄りで考えることは難しい。かとい…

個人でバーチャル空間にてイベントやコラボ配信を開催する

こちらでVR研究者のふぁるこさんが「バーチャル空間でイベントを開催するには」というとても重要な記事を出されています。 私はもう少し小さい、いわゆる「コラボ」と言わ…

VR・アバター身体論―分散する自己をどうデザインしていくか

認知科学と哲学、その双方から語ること 11/8,9とお2人の専門家さんをお招きして、VRやアバターから身体論を考えるトークを行いました。8日は東大の鳴海拓志先生が認知科学…