見出し画像

30代のビジネスパーソンがコーチングを受けるべき理由やメリットは?

さと


 「今の自分は、昔とはまるで別人だ」
そんな風に感じる時はありませんか?

幼い頃から遡り、小中高そして
各専門分野と、
それぞれの段階において

新しい自分、今までには無かった環境、
人間関係を味わいながら
わたしたちは変化しています。

その各時代において壁やヤマはありますが
今日は30代のビジネスパーソンに
フォーカスし、
更にコーチングを活用するメリットを
お伝えしていきます。


◻️◻️30代における壁三大要素

わたしは現在40代ですが、
30代の壁を感じた経験があります。

また、ゼロ時間コーチングで
御一緒するお客様の多くは
30代後半の男性が多く、

管理者や経営者としてのお悩み、
仕事の生産性やキャリア問題、
人間関係についてまで
様々な事例をストックしております。

30代の壁をまとめると、
以下の3つに絞られます。

①若手感からの脱出
②プレイヤーから管理者への転換
③プライベートの変化

こういった変化を実際に経験された方、
今まさに経験されている方も
多いのではないでしょうか?

30代に入って経験する3つ壁について、
ゼロ時間ライフシフトコーチング
(以下ゼロ時間コーチング)では
どんなことをするのか、
詳しくお伝えしていきます。


◻️◻️①若手感からの脱出

20代の頃はどんどんチャレンジして
情報を取り、
トライアンドエラーして来た。

月日は経ち、いつしか自分が30代に
なった時、ある程度の手応えを得ると共に
さらに高い成果、パフォーマンスを
期待されます。

「働き方改革」の流れもあって、
残業削減や生産性向上など、
世の中から求められるレベルは
高まっています。

そこで、ゼロ時間コーチングでは、
まず、現在の考えを言語化し、
自分の価値観を知っていきます。

適切な質問やワークを挟み、
真の欲求や目標を洗い出し、

今までの考え方ではやりにくい点を
パラダイムシフト(価値観の転換)
することで

30代の新たなプレッシャーや
各問題に揺らがない
健全なメンタルを作っていきます。

◻️◻️ ②プレイヤーから管理者への転換

リーダーや管理職になって
マネジメントを任される機会が増えるのも
30代の特徴です。

わたし自身、20代はアパレル業界で
1プレイヤーとして売上を作っており、
単身で成果を求めていました。

しかし、30代に差し掛かる頃、
管理者側のポジションを経験し、
全く付いてこない部下に苦戦します。

そんなとき、部下へ
コーチングを使った対話で行動を促し、
結果的に前比200%の売上を
作りました。

この時の体験をふまえ、コーチングは
過去の成果・ノウハウに偏らず、
それぞれが自立型の
アクションプランを立て易いのだと
理解しました。

そこでゼロ時間コーチングでは
自立型のアクションプランを
促し、活用を深め
成果を作る為のサポートをしています。


◻️◻️ ③プライベートの変化

2021年の保険会社調べによると
日本人の平均初婚年齢は、
夫 31.2歳
妻 29.6歳
との事です。

とすると、30代は
御自身や、周り同世代の結婚、
または出産とプライベートに変化が
生じやすくなります。

今まで自由に気ままに立ち振る舞っていた
人間関係に枠ができ、
新しい充実の反面、自由度は下がります。

そんな時間の制約がある時に
ゼロ時間コーチングでは

30代ビジネスパーソンのために
わたし自身の毎朝朝3時起き経験を含め、
様々な時間管理の
メソッド作りをお手伝いし、

人間関係や仕事の生産性向上のための
タイムマネジメントに伴走します。

◻️◻️ 転換期を迎える世代の多様化

いかがでしょうか?

「30代の壁」としましたが、
現代においてはあらゆる革新が
起こっており、

実は世代で画一的ではなく
その人その人の今直面している内容は
複雑化しています。

転換期を迎える方にとっては
年代問わず、

①若手感からの脱出
②プレイヤーから管理者への転換
③プライベートの変化

これら3つに当てはまることがあります。

ゼロ時間コーチングでは、
人がもっとラクに、簡単に、
そして楽しく行動できるように
時間管理から真の目標達成まで
サポートしています。

詳細確認、お申し込みは
ぜひ「ゼロ時間   福谷聡子」
にてお問い合わせくださいませ…!

#ゼロ時間ライフシフト
#コーチング
#札幌
#仕事の生産性
#キャリア問題
#パラダイムシフト
#価値観の転換
#人間関係
#30代の壁
#時間管理
#行動目標
#生産性向上
#真の目標達成




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!